202件中 21 - 30件表示
  • 1948-1949シーズンのBAA

    1948-1949シーズンのBAAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    BAAのライバルリーグ、NBL(National Basketball League)からミネアポリス・レイカーズ(後のロサンゼルス・レイカーズ)、フォートウェイン・ピストンズ(後のデトロイト・ピストンズ)、インディアナポリス・ジェッツ、ロチェスター・ロイヤルズ(後のサクラメント・キングス)の4チームが加入し、チーム数は12に増加した。特にNBLの前季チャンピオンチームであるミネアポリス・レイカーズの加入は大きかった。当時のレイカーズにはBAA最初のスーパースターであるジョージ・マイカンが所属していたのである。1948-1949シーズンのBAA フレッシュアイペディアより)

  • 1950-1951シーズンのNBA

    1950-1951シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    アーニー・ライゼン、ボブ・デイヴィス擁するロチェスター・ロイヤルズがミネアポリス・レイカーズの三連覇を阻止し、初優勝を飾る。後のサクラメント・キングスであるロイヤルズの、2008年現在まで唯一の優勝であり、長期に渡ってリーグを支配したレイカーズ時代に風穴を開けた価値ある優勝だった。ファイナルはロイヤルズが先に3連勝し、その後ニューヨーク・ニックスが3連勝してシリーズをタイに戻したため、NBA史上初となる第7戦に突入した。第7戦は前半に17点のリード奪ったロイヤルズの一方的な展開になるかと思われたが、その後ニューヨーク・ニックスが猛反撃を見せ、試合終盤には2点差にまで詰め寄った。しかし最後はボブ・デイヴィスが得たフリースローを着実に沈め、79-75でロイヤルズが勝利した。1950-1951シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1951-1952シーズンのNBA

    1951-1952シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    NBA(BAA)発足以来、試合は常にビッグマンが支配してきた。ミネアポリス・レイカーズのジョージ・マイカンを筆頭に、前季チャンピオンロチェスター・ロイヤルズのアーニー・ライゼンなど、優秀なセンターを獲得したチームが大きな成功を収めていた。また得点王レースの上位をセンターの選手が独占し、各チームの得点王もその殆どがセンターの選手だった。特に前述のジョージ・マイカンがあまりにも支配的であったため、リーグはセンターの活動範囲を制限せざるを得なくなった。それがゴール近辺に設けられている制限区域の拡大であった。フリースローレーンの6フィートを12フィートとし、制限区域は大幅に拡大され、ゴール下を主戦場とするセンターは本来の仕事場に長時間留まることができなくなった。効果はてき面で、その影響は得点王レースの変化という分かり易い形で表れた。1951-1952シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ストークス

    モーリス・ストークスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    モーリス・ストークス(Maurice Stokes, 1933年6月7日 - 1970年4月6日)はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。出生地はペンシルベニア州ランキン、出身大学は聖フランシス大学。1950年代のアメリカ男子プロバスケットリーグNBA、ロチェスター・ロイヤルズ(現在のサクラメント・キングス)で活躍した名選手だったが、突然襲った不慮の事故により彼のNBAキャリアは僅か3シーズンで幕を閉じた。背番号『12』はキングスの永久欠番となっており、2004年には殿堂入りを果たしている。モーリス・ストークス フレッシュアイペディアより)

  • 1969-1970シーズンのNBA

    1969-1970シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ボストン・セルティックスとイースタンの覇権を争ったフィラデルフィア・76ersやオスカー・ロバートソン率いるシンシナティ・ロイヤルズは優勝戦線から遠ざかり、かつてのセルティックスのライバルチームで権勢を保つのは、エルジン・ベイラー、ジェリー・ウェスト、ウィルト・チェンバレンのオールドスターを擁するロサンゼルス・レイカーズだけとなった。そのレイカーズはチェンバレンがシーズンの大半を欠場するアクシデントに見舞われたが、ビッグスリー最年少のウェストが得点王に輝く活躍でチームを引っ張り、チェンバレンもプレーオフには間に合った。1969-1970シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1972-1973シーズンのNBA

    1972-1973シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    シンシナティ・ロイヤルズはネブラスカ州オマハからミズーリ州カンザスシティに本拠地を移し、カンザスシティ=オマハ・キングス(後のサクラメント・キングス)と改称した。1972-1973シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1975-1976シーズンのNBA

    1975-1976シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    カンザスシティ=オマハ・キングスはカンザスシティ・キングスに改称する。1975-1976シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1982-1983シーズンのNBA

    1982-1983シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    カンザスシティ・キングスは2年目のエディー・ジョンソンがエースとなり、このシーズンは45勝を記録するもプレーオフには届かなかった。1982-1983シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1988-1989シーズンのNBA

    1988-1989シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    新たにマイアミ・ヒートとシャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ホーネッツ)が加盟し、チーム数は25チームにまで増加。このため、サクラメント・キングスはパシフィック・デビジョンに編入された。ファッションデザイナーのアレクサンダー・ジュリアンの手により制作されたホーネッツのユニフォームは、当時のスポーツ界に衝撃を与えた。ホーネッツのチームカラーとなった暗緑色がかった青色(鴨の羽色)は1980年代後半から90年代前半のスポーツ界の流行色となり、サンノゼ・シャークスやジャクソンビル・ジャガーズ、フロリダ・マーリンズなど、多くのプロスポーツチームが鴨の羽色をチームカラーに採用した。NBAでも90年代中頃のデトロイト・ピストンズや初期のバンクーバー・グリズリーズが採用している。1988-1989シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1991-1992シーズンのNBA

    1991-1992シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    レイカーズの没落にあわせて台頭を見せたのが同じカリフォルニア州に本拠地を置くゴールデンステート・ウォリアーズである。毎晩のようにハイスコアゲームを展開し高い人気を誇った"ラン・TMC"は、オフにミッチ・リッチモンドが新人ビリー・オーウェンスとの交換でサクラメント・キングスにトレードされたため、僅か2シーズンの短命に終わった。オーウェンスは期待されたほどの活躍は見せなかったが、シャルーナス・マルチルリョーニスが急成長を見せ、前季の44勝から55勝と大きく勝率を伸ばした。1991-1992シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

202件中 21 - 30件表示