353件中 31 - 40件表示
  • ウェイン・エンブリー

    ウェイン・エンブリーから見たシンシナティ・ロイヤルズサクラメント・キングス

    ウェイン・エンブリー(Wayne Embry, 1937年3月26日 - )はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。オハイオ州スプリングフィールド出身。選手時代は主にシンシナティ・ロイヤルズでプレイし、ボストン・セルティックス時代には優勝を経験した。引退後は各チームのフロント職を歴任し長年に渡ってNBAに貢献。これらの活動が評価され、1999年には殿堂入りを果たした。ウェイン・エンブリー フレッシュアイペディアより)

  • コスタ・クーファス

    コスタ・クーファスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    コスタ・クーファス(Kosta Koufos)ことコンスタンティン・デメトリオス・クーファス(Konstantine Demetrios Koufos、1989年2月24日 - )はアメリカ合衆国オハイオ州カントン出身のギリシャのプロバスケットボール選手である。NBAのサクラメント・キングス所属。ポジションはセンター。213cm、120kg。コスタ・クーファス フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・ジョンソン

    オーランド・ジョンソンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    カリフォルニア州の高校を卒業後 、2007年にロヨラ・メリヨント大学に進学するも、2008年にカリフォルニア大学サンタバーバラ校に転校。NCAAの規定により2009年より公式戦出場が認められ、 BWCの最優秀選手に3年連続で選出され、2010年のBWCトーナメントに優勝するなど活躍したジョンソンは、2011年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明する予定だったが回避。2012年までプレー後、2012年のNBAドラフトでは、サクラメント・キングスから指名された後、権利がインディアナ・ペイサーズに移動。ペイサーズでは成長段階にあったポール・ジョージやランス・スティーブンソンの陰に隠れ、Dリーグが主戦場となり、2014年2月22日にロースター枠の調整の為に解雇。4日後にサクラメント・キングスと10日間契約を結ぶも、シーズン終了後までの契約を勝ち取ることは出来ず、3月18日に解雇された。オーランド・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • 1998-1999シーズンのNBA

    1998-1999シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    80年代から90年代をリーグ有数のドアマットチームとして過ごしたサクラメント・キングスはシーズン前にチームの大改革を行い、リック・アデルマンを新ヘッドコーチに招聘し、ミッチ・リッチモンドとの交換でクリス・ウェバーを獲得し、さらにブラディー・ディバッツも獲得。ドラフトではジェイソン・ウィリアムスを指名し、また1996年のNBAドラフトで指名していたペジャ・ストヤコヴィッチもこのシーズンからチームに合流した。充実したメンバーが揃ったキングスは1982-83シーズン以来となる勝率5割以上を達成し、プレーオフにも出場した。このシーズンのキングスは平均得点がリーグで唯一100得点を突破したチームだった。以後、キングスは2000年代前半を代表する強豪チームへと成長し、レイカーズの強力なライバルチームとなる。1998-1999シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ポラード

    スコット・ポラードから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    スコット・ポラード(Scot L. Pollard、1975年2月12日 - )は、アメリカ合衆国ユタ州マリ出身の元バスケットボール選手。NBAのサクラメント・キングスやインディアナ・ペイサーズなどで活躍した。ポジションはセンター、パワーフォワード。身長211cm、体重126kg。スコット・ポラード フレッシュアイペディアより)

  • バディ・ヒールド

    バディ・ヒールドから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    バディ・ヒールド (Chavano Rainier "Buddy" Hield, 1993年12月17日 - )は、バハマ出身のプロバスケットボール選手。NBAのサクラメント・キングスに所属している。ポジションはシューティングガード。バディ・ヒールド フレッシュアイペディアより)

  • 1950-1951シーズンのNBA

    1950-1951シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    アーニー・ライゼン、ボブ・デイヴィス擁するロチェスター・ロイヤルズがミネアポリス・レイカーズの三連覇を阻止し、初優勝を飾る。後のサクラメント・キングスであるロイヤルズの、2008年現在まで唯一の優勝であり、長期に渡ってリーグを支配したレイカーズ時代に風穴を開けた価値ある優勝だった。ファイナルはロイヤルズが先に3連勝し、その後ニューヨーク・ニックスが3連勝してシリーズをタイに戻したため、NBA史上初となる第7戦に突入した。第7戦は前半に17点のリード奪ったロイヤルズの一方的な展開になるかと思われたが、その後ニューヨーク・ニックスが猛反撃を見せ、試合終盤には2点差にまで詰め寄った。しかし最後はボブ・デイヴィスが得たフリースローを着実に沈め、79-75でロイヤルズが勝利した。1950-1951シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1951-1952シーズンのNBA

    1951-1952シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    NBA(BAA)発足以来、試合は常にビッグマンが支配してきた。ミネアポリス・レイカーズのジョージ・マイカンを筆頭に、前季チャンピオンロチェスター・ロイヤルズのアーニー・ライゼンなど、優秀なセンターを獲得したチームが大きな成功を収めていた。また得点王レースの上位をセンターの選手が独占し、各チームの得点王もその殆どがセンターの選手だった。特に前述のジョージ・マイカンがあまりにも支配的であったため、リーグはセンターの活動範囲を制限せざるを得なくなった。それがゴール近辺に設けられている制限区域の拡大であった。フリースローレーンの6フィートを12フィートとし、制限区域は大幅に拡大され、ゴール下を主戦場とするセンターは本来の仕事場に長時間留まることができなくなった。効果はてき面で、その影響は得点王レースの変化という分かり易い形で表れた。1951-1952シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1969-1970シーズンのNBA

    1969-1970シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ボストン・セルティックスとイースタンの覇権を争ったフィラデルフィア・76ersやオスカー・ロバートソン率いるシンシナティ・ロイヤルズは優勝戦線から遠ざかり、かつてのセルティックスのライバルチームで権勢を保つのは、エルジン・ベイラー、ジェリー・ウェスト、ウィルト・チェンバレンのオールドスターを擁するロサンゼルス・レイカーズだけとなった。そのレイカーズはチェンバレンがシーズンの大半を欠場するアクシデントに見舞われたが、ビッグスリー最年少のウェストが得点王に輝く活躍でチームを引っ張り、チェンバレンもプレーオフには間に合った。1969-1970シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1972-1973シーズンのNBA

    1972-1973シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    シンシナティ・ロイヤルズはシンシナティからネブラスカ州オマハおよびミズーリ州カンザスシティに本拠地を移し、カンザスシティ=オマハ・キングス(後のサクラメント・キングス)と改称した。1972-1973シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

353件中 31 - 40件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード