202件中 31 - 40件表示
  • 1998-1999シーズンのNBA

    1998-1999シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    80年代から90年代をリーグ有数のドアマットチームとして過ごしたサクラメント・キングスはシーズン前にチームの大改革を行い、リック・アデルマンを新ヘッドコーチに招聘し、ミッチ・リッチモンドとの交換でクリス・ウェバーを獲得し、さらにブラディー・ディバッツも獲得。ドラフトではジェイソン・ウィリアムスを指名し、また1996年のNBAドラフトで指名していたペジャ・ストヤコヴィッチもこのシーズンからチームに合流した。充実したメンバーが揃ったキングスは1982-83シーズン以来となる勝率5割以上を達成し、プレーオフにも出場した。このシーズンのキングスは平均得点がリーグで唯一100得点を突破したチームだった。以後、キングスは2000年代前半を代表する強豪チームへと成長し、レイカーズの強力なライバルチームとなる。1998-1999シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ペトリー

    ジェフ・ペトリーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ジェフ・ペトリー(Geoff Petrie, 1948年4月17日 - )はアメリカ合衆国は北米プロバスケットボールリーグNBAのポートランド・トレイルブレイザーズで活躍した元バスケットボール選手であり、現サクラメント・キングスのゼネラル・マネージャー。ペンシルベニア州ダルビー出身、プリンストン大学卒業。背番号『45』はトレイルブレイザーズの永久欠番となっている。ジェフ・ペトリー フレッシュアイペディアより)

  • イースタン・カンファレンス (NBA)

    イースタン・カンファレンス (NBA)から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    シンシナティ・ロイヤルズ (カンザスシティ-オマハ キングス, カンザスシティ・キングス, 現在サクラメント・キングス)イースタン・カンファレンス (NBA) フレッシュアイペディアより)

  • マット・バーンズ

    マット・バーンズから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ジャムで過ごした03-04シーズン中の1月、バーンズはロサンゼルス・クリッパーズとの10日間契約を結ぶことに成功した。そして1月19日のサクラメント・キングス戦で初めてNBAのコートを踏んだ。契約は延長され、バーンズはシーズン終了までをクリッパーズで過ごし、4.5得点4リバウンドの成績を残した。このオフにはサクラメント・キングスとの契約に成功し、04-05シーズンの開幕をNBA選手として迎えた。層の厚いキングスではあまり多くの出場機会を得られず、シーズン中の2月にはスター選手クリス・ウェバーのトレードに組み込まれる形で、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した。移籍後すぐに故障者リスト入りしてしまい、結局シクサーズでは1分もプレイすることなくシーズンを終えた。オフにFAとなったバーンズはニューヨーク・ニックスと契約。しかし開幕僅か6試合で解雇された。12月には再びシクサーズに戻ることができ、この05-06シーズンは終了までシクサーズで過ごした。シクサーズでも多くの出場機会を得られることはできず、出場時間の1試合平均は僅か10.8分だった。シーズン終了後、バーンズはゴールデンステート・ウォーリアーズと契約した。マット・バーンズ フレッシュアイペディアより)

  • デマーカス・カズンズ

    デマーカス・カズンズから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    デマーカス・カズンズ(DeMarcus Cousins, 1990年8月13日 - )はアメリカ合衆国出身のバスケットボール選手。北米男子プロバスケットボーリリーグNBAのサクラメント・キングスに所属している。ポジションはパワーフォワード兼センター。デマーカス・カズンズ フレッシュアイペディアより)

  • タイリーク・エバンス

    タイリーク・エバンスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    タイリーク・エバンス(英語:Tyreke Evans、1989年9月19日 - )はアメリカ合衆国ペンシルベニア州チェスター郡出身のバスケットボール選手。NBAのサクラメント・キングス所属。身長198cm、体重99.8kg。背番号は13番。ポジションは主にガード。タイリーク・エバンス フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・エンブリー

    ウェイン・エンブリーから見たシンシナティ・ロイヤルズサクラメント・キングス

    ウェイン・エンブリー(Wayne Embry, 1937年3月26日 - )はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。オハイオ州スプリングフィールド出身。選手時代は主にシンシナティ・ロイヤルズでプレイし、ボストン・セルティックス時代には優勝を経験した。引退後は各チームのフロント職を歴任し長年に渡ってNBAに貢献。これらの活動が評価され、1999年には殿堂入りを果たした。ウェイン・エンブリー フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ガルシア

    フランシスコ・ガルシアから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    フランシスコ・ガルシア(Francisco García)ことフランシスコ・アルベルト・ガルシア(Francisco Alberto García、1981年12月31日 - )は、ドミニカ共和国のプロバスケットボール選手である。NBAのサクラメント・キングス所属。首都地区サントドミンゴ出身。ポジションはシューティングガード、スモールフォワード。身長201cm、体重88kg。愛称はLatin Assassin。フランシスコ・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ダンカン

    ティム・ダンカンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    優勝や数多の個人賞と数々の名誉を手に入れたダンカンにとって残された最後の仕事がファイナル連覇だったが、連覇の期待が掛かった2005-06シーズン、ダンカンは足底筋膜炎に苦しみ、ルーキーイヤーから続いた平均20得点10リバウンド以上がついに途絶え、18.6得点11.0リバウンドとなり、やはりルーキーイヤーから選ばれ続けたオールNBA1stチームの選考からも漏れ、2ndチーム選出となった。ダンカンの不調に、しかしスパーズはかつてない勢いで勝ち続けた。この頃からビッグスリーと呼ばれていたダンカンにトニー・パーカー、マヌ・ジノビリの力関係に変化が見られ始め、それ以前はダンカンがスパーズの絶対的なエースとして君臨していたが、このシーズンに特にパーカーが急速な成長を見せたため、ダンカンの負担が大きく軽減された。パーカーはダンカンにかわってリーディングスコアラーとしてチームを牽引し、ジノビリは卓越した技術と爆発力でチームに活気をもたらし、そしてダンカンは攻守両面における要としてチームを支える存在となった。スパーズはチーム史上最高勝率となる63勝19敗を記録。プレーオフでは1回戦でサクラメント・キングスを破ると、カンファレンス決勝でダラス・マーベリックスと対決。同じテキサス州に本拠地を置き、同じパワーフォワードにチームの最重要選手を置く実力伯仲の両者は熾烈な争いを展開。レギュラーシーズン中は故障の影響でプレーをセーブしていたダンカンだったが、プレーオフでは本来の姿を取り戻して見違えるような活躍をし、マーベリックスのエース、ダーク・ノビツキーの平均27.1得点に対し、ダンカンは平均32.2得点11.7リバウンドをあげた。しかしダンカンの身を削ったプレイをもってしてもこの激戦を制することができず、第7戦では41得点15リバウンド6アシストをあげるが、延長戦にもつれた末にマーベリックスに惜敗。連覇の夢は叶わなかった。ティム・ダンカン フレッシュアイペディアより)

  • サム・レイシー

    サム・レイシーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    サム・レイシー(Sam Lacey, 1948年3月28日 - )はアメリカプロリーグNBAのカンザスシティ・キングスで活躍したアフリカ系アメリカ人の元バスケットボール選手。ミシシッピ州インディアナノーラ出身、ニューメキシコ州立大学卒業。身長208cm、体重107kg。ポジションはセンター。1970年の入団以来シンシナティ・ロイヤルズ、カンザスシティ=オマハ・キングス、カンザスシティ・キングスと名を変えていった現サクラメント・キングスにてインサイドの柱として11年間プレイした。背番号『44』はキングスの永久欠番となっている。サム・レイシー フレッシュアイペディアより)

202件中 31 - 40件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード