202件中 61 - 70件表示
  • ガイ・ロジャース

    ガイ・ロジャースから見たシンシナティ・ロイヤルズサクラメント・キングス

    1966年のエクスパンションにより、ロジャースはエクスパンション・ドラフトに掛けられ、新しく誕生したシカゴ・ブルズに移籍することになった。新規チームでは唯一30歳を超すベテラン選手だったロジャースはチームを牽引する中心選手として活躍し、18.0得点11.2アシストを記録してロバートソンを抑えて2度目のアシスト王に輝いた。シーズン通算908アシストは当時のNBAの新記録であり、またブルズのフランチャイズ記録として2008年現在も破られていない。チームも創部1年目にしてプレーオフに進出し、ロジャースは新天地で好スタートを切ったかに見えたが、翌シーズンには開幕4試合でロバートソンが所属するシンシナティ・ロイヤルズにトレードされた。ガイ・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント大都市圏

    サクラメント大都市圏から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    四大プロスポーツの中でサクラメント大都市圏に本拠地を置くのは、サクラメント市のアルコ・アリーナを本拠地とするNBAのサクラメント・キングスのみである。姉妹チームのWNBAサクラメント・モナークスもアルコ・アリーナを本拠地としていたが、そのオーナーがチームの所有を諦め、サンフランシスコあるいはオークランドへの移転が失敗した後にチームを畳んだときまで、WNBAの中でも成績の良いチームだった。サクラメント大都市圏にあるスコーバレーはカリフォルニア州と西海岸では唯一冬季オリンピックを開催した町であり、ロサンゼルス市以外のカリフォルニア州で唯一オリンピックを開催した場所である。サクラメント大都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングスのチーム記録

    サクラメント・キングスのチーム記録から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    サクラメント・キングスチーム記録はNBAのサクラメント・キングスのチーム記録である。サクラメント・キングスのチーム記録 フレッシュアイペディアより)

  • エディー・ハウス

    エディー・ハウスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    8年のキャリアで8チームを渡り歩くジャーニーマンであり、ヒートでは3シーズンプレイしたのち、2003年にはロサンゼルス・クリッパーズに移籍。2004-05シーズン中にはシャーロット・ボブキャッツ、ミルウォーキー・バックス、サクラメント・キングスを渡り歩く。クリッパーズ時代にはキャリアハイの31得点を挙げている。またキングス時代にチームメイトだったマイク・ビビーはハウスの妻の実兄である。2005-2006シーズンにはフェニックス・サンズに移籍し、チームのカンファレンスファイナル進出に貢献した。翌2006-2007シーズンはニュージャージー・ネッツでプレイした。エディー・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • チャック・パーソン

    チャック・パーソンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2005-2006シーズン初めにアーテストがサクラメント・キングスに移籍したがその後1年遅れで彼もキングスへ移りレジー・セウスヘッドコーチが解任されケニー・ナットが暫定ヘッドコーチに就任した際チームを去った。チャック・パーソン フレッシュアイペディアより)

  • エディー・ジョンソン (1959年生のバスケットボール選手)

    エディー・ジョンソン (1959年生のバスケットボール選手)から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    高校時代からシュートの名手として知られ、身長が6フィート7インチ(201センチ)あったジョンソンは、イリノイ大学に進学。1991年のドラフト会議で、全体29位でカンザスシティー・キングス(現サクラメント・キングス)に入団した。エディー・ジョンソン (1959年生のバスケットボール選手) フレッシュアイペディアより)

  • スパッド・ウェブ

    スパッド・ウェブから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ノースカロライナ州立大学在籍。1985年のNBAドラフトで4順目87位でデトロイト・ピストンズに指名を受けた。アトランタ・ホークスでドミニク・ウィルキンスらと活躍して1991年から1995年までサクラメント・キングスに在籍した。NBAで8072得点4342アシストを記録した。ウェブのような背の低いNBAの選手はマグジー・ボーグスやアール・ボイキンスがいる。1986年のスラムダンクコンテストでチームメイトのウィルキンスと決勝で戦い優勝した。スパッド・ウェブ フレッシュアイペディアより)

  • デヤン・ボディロガ

    デヤン・ボディロガから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    1995年のNBAドラフトでサクラメント・キングスより全体51位指名を受けている。デヤン・ボディロガ フレッシュアイペディアより)

  • ミッチ・リッチモンド

    ミッチ・リッチモンドから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    カンザス州立大学から1988年のNBAドラフトで1巡目全体5位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名された。平均22,0得点4,2アシスト5,2リバウンドでルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を受賞。1990年代に入る頃には、クリス・マリンとリッチモンド、ティム・ハーダウェイの3人はランTMC(3人のファーストネーム、ティム(T)、ミッチ(M)、クリス(C))と呼ばれ、それぞれがシーズン平均20得点以上を上げた。3人の能力とドン・ネルソンヘッドコーチの速攻重視の戦術により、ウォリアーズはリーグで最も得点力の高いチームになっていた。1991年にサクラメント・キングスにビリー・オーウェンスとの交換でトレードされた。ミッチ・リッチモンド フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ウェバー

    クリス・ウェバーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    チームはブレッツからウィザーズへ名称を変更した。ウェバーは1試合平均21.9得点、9.5リバウンドを記録したがチームはプレイオフ進出を逃した。オフになると、チームに不満を持っていたウェバーはサクラメント・キングスへとトレードされた。クリス・ウェバー フレッシュアイペディアより)

202件中 61 - 70件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード