353件中 61 - 70件表示
  • ジョー・ジョンソン

    ジョー・ジョンソンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ジョー・ジョンソン(Joe Marcus Johnson、1981年6月29日 - )は、アメリカ合衆国のアーカンソー州リトルロック出身のバスケットボール選手。NBAのサクラメント・キングスに所属している。ポジションはシューティングガード。ジョー・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・クージー

    ボブ・クージーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    1969年のシーズン、シンシナティ・ロイヤルズの監督を務めていたクージーは、選手としても短期間の復帰を果たした。ボブ・クージー フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・トンプソン (バスケットボール)

    ジェイソン・トンプソン (バスケットボール)から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ジェイソン・カールトン・トンプソン (Jason Carlton Thompson 1986年7月21日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州マウントローレル出身のバスケットボール選手。NBAのサクラメント・キングスなとに所属していた。身長211cm 体重113kg。ジェイソン・トンプソン (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ジェニー・ブーセック

    ジェニー・ブーセックから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ジェニー・ブーセック(Jenny Boucek)こと、ジェニファー・ドウン・ブーセック(Jennifer Dawn Boucek)は、アメリカ合衆国・テネシー州ナッシュビル出身の元女子バスケットボール選手。現指導者。WNBAの各チームでコーチを務めた後、2017年10月よりNBAのサクラメント・キングスの選手育成担当コーチを務めている。ジェニー・ブーセック フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ダンカン

    ティム・ダンカンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    優勝や数多の個人賞と数々の名誉を手に入れたダンカンにとって残された最後の仕事がファイナル連覇だったが、連覇の期待が掛かった2005-06シーズン、ダンカンは足底筋膜炎に苦しみ、ルーキーイヤーから続いた平均20得点10リバウンド以上がついに途絶え、18.6得点11.0リバウンドとなり、やはりルーキーイヤーから選ばれ続けたオールNBA1stチームの選考からも漏れ、2ndチーム選出となった。ダンカンの不調に、しかしスパーズはかつてない勢いで勝ち続けた。この頃からビッグスリーと呼ばれていたダンカンにトニー・パーカー、マヌ・ジノビリの力関係に変化が見られ始め、それ以前はダンカンがスパーズの絶対的なエースとして君臨していたが、このシーズンに特にパーカーが急速な成長を見せたため、ダンカンの負担が大きく軽減された。パーカーはダンカンにかわってリーディングスコアラーとしてチームを牽引し、ジノビリは卓越した技術と爆発力でチームに活気をもたらし、そしてダンカンは攻守両面における要としてチームを支える存在となった。スパーズはチーム史上最高勝率となる63勝19敗を記録。プレーオフでは1回戦でサクラメント・キングスを破ると、カンファレンス決勝でダラス・マーベリックスと対決。同じテキサス州に本拠地を置き、同じパワーフォワードにチームの最重要選手を置く実力伯仲の両者は熾烈な争いを展開。レギュラーシーズン中は故障の影響でプレーをセーブしていたダンカンだったが、プレーオフでは本来の姿を取り戻して見違えるような活躍をし、マーベリックスのエース、ダーク・ノヴィツキーの平均27.1得点に対し、ダンカンは平均32.2得点11.7リバウンドをあげた。しかしダンカンの身を削ったプレイをもってしてもこの激戦を制することができず、第7戦では41得点15リバウンド6アシストをあげるが、延長戦にもつれた末にマーベリックスに惜敗。連覇の夢は叶わなかった。ティム・ダンカン フレッシュアイペディアより)

  • ナンシー・リーバーマン

    ナンシー・リーバーマンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ナンシー・エリザベス・リーバーマン(Nancy Elizabeth Lieberman、1958年7月1日 - )は、アメリカ合衆国・ニューヨーク市ブルックリン区出身の女子バスケットボール選手・指導者。現在はNBAのサクラメント・キングスのアシスタントコーチを務めている。ナンシー・リーバーマン フレッシュアイペディアより)

  • デマーカス・カズンズ

    デマーカス・カズンズから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    高校在籍時、マクドナルドオールアメリカンに選出された。高校卒業後、最初はアラバマ大学バーミンガム校への進学を約束されていた。しかし、約束を反故にされ、その後、名将ジョン・カリパリ率いるケンタッキー大学に進学。大学では、同期であり、後に共にNBA入りするジョン・ウォールやエリック・ブレッドソー、ダニエル・オートンと共にチームを牽引。2010年のNCAAトーナメントにおいて、ベスト8の成績を残した。1年生終了後、2010年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、全体5位でサクラメント・キングスに指名を受け入団した。デマーカス・カズンズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・ファーマー

    ジョーダン・ファーマーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ドラフトではファーマーの地元ロサンゼルスのフランチャイズチーム、ロサンゼルス・レイカーズから1巡目26位指名を受けてNBA入りを果たす。ルーキーイヤーとなった06-07シーズンはシーズン中にDリーグ送りになったこともあったが、72試合に出場し、2007年4月1日には午後3時30分開始のDリーグロサンゼルス・ディーフェンダーズの試合に出場すると、今度は4時間後の午後7時30分には同じ会場で行われたレイカーズ対サクラメント・キングス戦に出場し、同じ日にDリーグとNBAでプレイした初めての選手となった。レギュラーシーズンはスマッシュ・パーカーの控えとしてプレイしていたが、プレイオフでは全試合で先発に起用された。ジョーダン・ファーマー フレッシュアイペディアより)

  • オムリ・カスピ

    オムリ・カスピから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    17歳で国内リーグのマッカビ・テルアビブBCでプロデビュー。その後レンタル移籍を経て2009年のNBAドラフトにエントリーを表明し、サクラメント・キングスから指名を受け、記念すべきNBA初のイスラエル出身選手となった。オムリ・カスピ フレッシュアイペディアより)

  • デアーロン・フォックス

    デアーロン・フォックスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    デアーロン・マーテズ・フォックス {De'Aaron Martez Fox , 1997年12月20日 - )は、アメリカ合衆国・ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のバスケットボール選手。NBAのサクラメント・キングスに所属している。ポジションはポイントガード。デアーロン・フォックス フレッシュアイペディアより)

353件中 61 - 70件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード