202件中 81 - 90件表示
  • ショーン・ウィリアムス (バスケットボール)

    ショーン・ウィリアムス (バスケットボール)から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2007年のNBAドラフトにエントリーしたウィリアムスは、ニュージャージー・ネッツから1巡目17位指名を受けてNBA入りを果たした。ドラフト指名時はDリーグ送りが確実視され、プレシーズンには試合に遅刻するという失態を演じ、HCの怒りも買ったが、何とか開幕ロスターに生き残った。シーズン序盤はプレイタイムが安定せず、ベンチを暖める日々が続いたが、低迷するチームの打開策として12月18日のサクラメント・キングス戦で先発に抜擢。ネッツのルーキータイ記録となる8本のブロックを決め、以降先発に定着した。ショーン・ウィリアムス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・マッキー

    アーロン・マッキーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2000-2001シーズンにはエリック・スノウ、アレン・アイバーソンの控えとして2000年12月30日のサクラメント・キングス戦、2001年1月3日のアトランタ・ホークス戦ではトリプルダブルをあげるなどの活躍を見せてNBAファイナル進出に貢献、NBAシックスマン賞に選ばれた。これはシクサーズの選手として1982-1983シーズンのボビー・ジョーンズ以来のことであった。アーロン・マッキー フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スミス (バスケットボール)

    エイドリアン・スミス (バスケットボール)から見たシンシナティ・ロイヤルズサクラメント・キングス

    スミスはNBAキャリアの大半をシンシナティ・ロイヤルズで過ごしたが、チームメイトにはオスカー・ロバートソンが居たため、最初の数シーズンは彼のバックアップとしてプレイしていたが、少しずつ出場時間を確保していき、5シーズン目の1965-66シーズンにはキャリアハイとなる平均18.4得点を記録。この年のオールスターにチームメイトのロバートソンとジェリー・ルーカスらと共に出場した。エイドリアン・スミス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • エディー・ジョーダン

    エディー・ジョーダンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    エディー・ジョーダン (バスケットボール) - NBAのサクラメント・キングスの元コーチ。エディー・ジョーダン フレッシュアイペディアより)

  • 陳信安

    陳信安から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2002年にはNBA、サクラメント・キングスのトレーニングキャンプに参加。陳信安 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ブーザー

    ボブ・ブーザーから見たシンシナティ・ロイヤルズサクラメント・キングス

    ネブラスカ州ノースオマハ出身。大学はカンザス州立大学でプレイし、オールアメリカに2度選ばれた。1959年のNBAドラフトでシンシナティ・ロイヤルズから全体1位指名という高評価を得るも、ローマ五輪に出場するためプロ入りを延期し、このシーズンはアマチュア・アスレチック・ユニオン(AAU)のピオリア・キャタピラーズでプレイし、AAUの全米トーナメント優勝に導き、自身はトーナメントMVPに選ばれた。ローマ五輪ではオスカー・ロバートソン、ジェリー・ルーカスらとプレイし、金メダルを獲得した。ボブ・ブーザー フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・スチュワート

    マイケル・スチュワートから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    カリフォルニア大学を卒業した後NBAドラフトでは指名されず、1997年9月にサクラメント・キングスとフリーエージェントとして契約しNBA入りした。ルーキーシーズンは81試合中37試合に先発で出場し、1998年1月6日に9ブロック、1月12日に19リバウンドを記録するなど、守備型のインサイドプレイヤーとして活躍した。1試合平均の成績は4.6得点、6.6リバウンド、2.4ブロックだった。マイケル・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • カッティノ・モブリー

    カッティノ・モブリーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2004年6月、トレーシー・マグレディらとの交換で、フランシスと共にオーランド・マジックに移籍する。2004-05シーズンはマジックで23試合に出場した後、シーズン途中となる2005年の1月に、ダグ・クリスティと交換でサクラメント・キングスへ移籍した。キングスでも先発出場しチームに貢献した。カッティノ・モブリー フレッシュアイペディアより)

  • ロレンゼン・ライト

    ロレンゼン・ライトから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2008年2月16日、シェルデン・ウィリアムス、アンソニー・ジョンソン、タイロン・ルー、2008年のドラフト2巡指名権と共にサクラメント・キングスのマイク・ビビーとトレードされ移籍した。ロレンゼン・ライト フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ユーイング・ジュニア

    パトリック・ユーイング・ジュニアから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    大学卒業後、2008年のNBAドラフトにエントリー。サクラメント・キングスから2順目43位で指名された。その後、トレードでヒューストン・ロケッツを経由してニューヨーク・ニックスに移籍した。ニックスは父が長年在籍したチームであり、ファンからも息子のロスター入りを熱望された。しかし、開幕前に解雇され、そのシーズンはNBAの下部組織NBADLのリノ・ビッグホーンズでプレイした。パトリック・ユーイング・ジュニア フレッシュアイペディアより)

202件中 81 - 90件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード