前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たジャック・トゥィマン

    1957年、チームはオハイオ州シンシナティに移転し、チーム名をシンシナティ・ロイヤルズと改めた。この頃の中心選手は、モーリス・ストークスとジャック・トゥィマンだったが、ストークスは外傷後脳障害の為引退し、1959-60シーズンに勝率はチーム史上最低まで落ち込んだ。しかし1960年にオスカー・ロバートソンを、1962年にジェリー・ルーカスを獲得すると、以降数年のシーズンでチームは勝ち越し、1962年から6年連続でプレイオフに進出した。しかし1960年代末になると再び低迷が始まり、ロバートソンはミルウォーキー・バックスへ移った。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たリック・アデルマン

    状況が好転したのは1999年だった。キングスは1996年にドラフトでユーゴスラビア人プレドラグ・ストヤコビッチを指名。ギリシャでプレイしていたストヤコビッチがキングスに加わったのは1999年になってからだった。このシーズンに先立ち、チームはジェイソン・ウィリアムスをドラフトで、インサイド陣にクリス・ウェバーとユーゴスラビア人のブラディー・ディバッツをトレードで獲得していた。さらにリック・アデルマン監督を迎えたキングスは躍進し、ロックアウトで短縮されたシーズンを27勝23敗と勝ち越した。このシーズンからキングスは西地区を代表する強豪へと成長していった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たオスカー・ロバートソン

    1957年、チームはオハイオ州シンシナティに移転し、チーム名をシンシナティ・ロイヤルズと改めた。この頃の中心選手は、モーリス・ストークスとジャック・トゥィマンだったが、ストークスは外傷後脳障害の為引退し、1959-60シーズンに勝率はチーム史上最低まで落ち込んだ。しかし1960年にオスカー・ロバートソンを、1962年にジェリー・ルーカスを獲得すると、以降数年のシーズンでチームは勝ち越し、1962年から6年連続でプレイオフに進出した。しかし1960年代末になると再び低迷が始まり、ロバートソンはミルウォーキー・バックスへ移った。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たモーリス・ストークス

    1957年、チームはオハイオ州シンシナティに移転し、チーム名をシンシナティ・ロイヤルズと改めた。この頃の中心選手は、モーリス・ストークスとジャック・トゥィマンだったが、ストークスは外傷後脳障害の為引退し、1959-60シーズンに勝率はチーム史上最低まで落ち込んだ。しかし1960年にオスカー・ロバートソンを、1962年にジェリー・ルーカスを獲得すると、以降数年のシーズンでチームは勝ち越し、1962年から6年連続でプレイオフに進出した。しかし1960年代末になると再び低迷が始まり、ロバートソンはミルウォーキー・バックスへ移った。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たジェリー・ルーカス

    1957年、チームはオハイオ州シンシナティに移転し、チーム名をシンシナティ・ロイヤルズと改めた。この頃の中心選手は、モーリス・ストークスとジャック・トゥィマンだったが、ストークスは外傷後脳障害の為引退し、1959-60シーズンに勝率はチーム史上最低まで落ち込んだ。しかし1960年にオスカー・ロバートソンを、1962年にジェリー・ルーカスを獲得すると、以降数年のシーズンでチームは勝ち越し、1962年から6年連続でプレイオフに進出した。しかし1960年代末になると再び低迷が始まり、ロバートソンはミルウォーキー・バックスへ移った。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たカンザスシティ・ロイヤルズ

    サクラメント・キングス(Sacramento Kings)は、米国はカリフォルニア州サクラメントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。チーム名はカンザスシティ時代に、MLBのロイヤルズ「Royal(王侯)」、NFLのチーフス「Chief(酋長)」などといった頭首のニュアンスで韻を踏んで名付けられた。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たダグ・クリスティ

    1999-2000シーズンにはタリーク・アブドゥル=ワハドとのトレードでニック・アンダーソンを加えチーム成績は44勝38敗と2年連続で勝ち越した。1999年のシーズン開幕戦で、キングスは日本を訪れミネソタ・ティンバーウルブズと対戦した。この頃からキングスの控え選手達は、ジョン・バリーが名付けた「ベンチ・モブ」と呼ばれるようになった。2000-01シーズンにはコーリス・ウィリアムソンとのトレードでダグ・クリスティを加え55勝27敗を挙げるなど、年を追うごとに戦力は充実していった。さらに翌年、ジェイソン・ウィリアムスとのトレードでマイク・ビビーを加えた2001-02シーズンにはリーグ最高の61勝21敗に達し、プレイオフではカンファレンス・ファイナル(地区決勝)へ進出。チャンピオンチームロサンゼルス・レイカーズを脅かした。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たボブ・デイヴィス

    ボブ・デイヴィス (Bob Davies) :1948-1955 (C)サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たアーニー・ライゼン

    アーニー・ライゼン (Arnie Risen) :1948-1955 (C)サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たブラディー・ディバッツ

    状況が好転したのは1999年だった。キングスは1996年にドラフトでユーゴスラビア人プレドラグ・ストヤコビッチを指名。ギリシャでプレイしていたストヤコビッチがキングスに加わったのは1999年になってからだった。このシーズンに先立ち、チームはジェイソン・ウィリアムスをドラフトで、インサイド陣にクリス・ウェバーとユーゴスラビア人のブラディー・ディバッツをトレードで獲得していた。さらにリック・アデルマン監督を迎えたキングスは躍進し、ロックアウトで短縮されたシーズンを27勝23敗と勝ち越した。このシーズンからキングスは西地区を代表する強豪へと成長していった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示