83件中 11 - 20件表示
  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たジャック・トゥィマン

    1957年、チームはオハイオ州シンシナティに移転し、チーム名をシンシナティ・ロイヤルズと改めた。この頃の中心選手は、モーリス・ストークスとジャック・トゥィマンだったが、ストークスは外傷後脳障害のため引退し、1959-60シーズンに勝率はチーム史上最低まで落ち込んだ。しかし1960年にオスカー・ロバートソンを、1962年にジェリー・ルーカスを獲得すると、以降数年のシーズンでチームは勝ち越し、1962年から6年連続でプレイオフに進出した。しかし1960年代末になると再び低迷が始まり、ロバートソンはミルウォーキー・バックスへ移った。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たミッチ・リッチモンド

    この時期が終わるとキングスは長い停滞の時代に入り、1984年から1998年までの十数年間で勝ち越しは一度もなく、プレイオフ出場は2シーズンのみだった。1991年から1998年までキングスでプレイしたミッチ・リッチモンドは1996年にドリームチームIIIメンバーとしてアトランタオリンピックに出場した好選手だったが、チームの状況は苦しいままだった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たモーリス・ストークス

    1957年、チームはオハイオ州シンシナティに移転し、チーム名をシンシナティ・ロイヤルズと改めた。この頃の中心選手は、モーリス・ストークスとジャック・トゥィマンだったが、ストークスは外傷後脳障害のため引退し、1959-60シーズンに勝率はチーム史上最低まで落ち込んだ。しかし1960年にオスカー・ロバートソンを、1962年にジェリー・ルーカスを獲得すると、以降数年のシーズンでチームは勝ち越し、1962年から6年連続でプレイオフに進出した。しかし1960年代末になると再び低迷が始まり、ロバートソンはミルウォーキー・バックスへ移った。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たブラッド・ミラー

    2003-04シーズンは、インディアナ・ペイサーズから移籍したブラッド・ミラーが、平均得点とリバウンドでダブル・ダブルを記録し、55勝27敗の好成績を残し、移籍後、毎年のように安定した好成績を残し、インサイドの要として活躍した。このシーズンには、自己ベストの平均15.6得点をあげて、2年連続となるオールスター出場を果たした。しかし、チームはカンファレンスセミファイナルでミネソタ・ティンバーウルブズに3勝4敗で敗れ、この頃からウェバーとストヤコヴィッチとの不仲説が囁かれるようになった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たミネソタ・ティンバーウルブズ

    1999-2000シーズンにはタリーク・アブドゥル=ワハドとのトレードでニック・アンダーソンを加えチーム成績は44勝38敗と2年連続で勝ち越した。1999年のシーズン開幕戦で、キングスは日本を訪れミネソタ・ティンバーウルブズと対戦した。この頃からキングスの控え選手たちは、リック・バリーの息子で、ブレント・バリーの兄のジョン・バリーが名付けた「ベンチ・モブ」と呼ばれるようになった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たカンザスシティ・ロイヤルズ

    サクラメント・キングス (Sacramento Kings)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サクラメントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。チーム名は、カンザスシティ時代にMLBのロイヤルズ(Royal=王侯)、NFLのチーフス(Chief=酋長)などといった頭首のニュアンスで韻を踏んで名付けられた。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たNBAオールスターゲーム

    なお、2014-15シーズンはデマーカス・カズンズがキングスの選手としては2004年のブラッド・ミラーとペジャ・ストヤコビッチ以来のNBAオールスターゲームの出場メンバーに選出された。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たインディアナ・ペイサーズ

    2003-04シーズンは、インディアナ・ペイサーズから移籍したブラッド・ミラーが、平均得点とリバウンドでダブル・ダブルを記録し、55勝27敗の好成績を残し、移籍後、毎年のように安定した好成績を残し、インサイドの要として活躍した。このシーズンには、自己ベストの平均15.6得点をあげて、2年連続となるオールスター出場を果たした。しかし、チームはカンファレンスセミファイナルでミネソタ・ティンバーウルブズに3勝4敗で敗れ、この頃からウェバーとストヤコヴィッチとの不仲説が囁かれるようになった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たプレドラグ・ストヤコヴィッチ

    状況が好転したのは1998年だった。ジェイソン・ウィリアムスをドラフトで、インサイド陣にクリス・ウェバーとユーゴスラビア人のブラディー・ディバッツをトレードで獲得した。このシーズンからリック・アデルマンがヘッドコーチに就任し、1996年にドラフトで指名しておりギリシャでプレイしていたユーゴスラビア選手のプレドラグ・ストヤコヴィッチが1999年にキングスに加わった。1998-1999年のロックアウトで短縮されたシーズンを27勝23敗と勝ち越し、キングスは西地区を代表する強豪へと成長していった。1998-99シーズンから2005-06シーズンまで、リック・アデルマン指揮のもと8年連続でプレーオフ進出を果たすことになる。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たメッタ・ワールド・ピース

    2005-06シーズンにはストヤコヴィッチがロン・アーテスト (現 : メッタ・ワールド・ピース) と交換でインディアナ・ペイサーズに放出され、このシーズンを最後にリック・アデルマン時代は終わり、ヘッドコーチはエリック・マッセルマンに引き継がれたが、1シーズンで解任され、2007-08シーズンからはレジー・セウスが指揮を執ったが成績は改善されなかった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード