47件中 11 - 20件表示
  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たミッチ・リッチモンド

    この時期が終わるとキングスは長い停滞の時代に入った。1984年から1998年までの十数年間で勝ち越しは一度もなく、プレイオフ出場は2シーズンのみだった。1991年から1998年までキングスでプレイしたミッチ・リッチモンドは1996年にドリームチーム?メンバーとしてアトランタオリンピックに出場した好選手だったが、チームの状況は苦しいままだった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たボビー・ヴァンツァー

    ボビー・ヴァンツァー (Bobby Wanzer) :1948-1957 (C)サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たマイク・ビビー

    1999-2000シーズンにはタリーク・アブドゥル=ワハドとのトレードでニック・アンダーソンを加えチーム成績は44勝38敗と2年連続で勝ち越した。1999年のシーズン開幕戦で、キングスは日本を訪れミネソタ・ティンバーウルブズと対戦した。この頃からキングスの控え選手達は、ジョン・バリーが名付けた「ベンチ・モブ」と呼ばれるようになった。2000-01シーズンにはコーリス・ウィリアムソンとのトレードでダグ・クリスティを加え55勝27敗を挙げるなど、年を追うごとに戦力は充実していった。さらに翌年、ジェイソン・ウィリアムスとのトレードでマイク・ビビーを加えた2001-02シーズンにはリーグ最高の61勝21敗に達し、プレイオフではカンファレンス・ファイナル(地区決勝)へ進出。チャンピオンチームロサンゼルス・レイカーズを脅かした。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たクリス・ウェバー

    状況が好転したのは1999年だった。キングスは1996年にドラフトでユーゴスラビア人プレドラグ・ストヤコビッチを指名。ギリシャでプレイしていたストヤコビッチがキングスに加わったのは1999年になってからだった。このシーズンに先立ち、チームはジェイソン・ウィリアムスをドラフトで、インサイド陣にクリス・ウェバーとユーゴスラビア人のブラディー・ディバッツをトレードで獲得していた。さらにリック・アデルマン監督を迎えたキングスは躍進し、ロックアウトで短縮されたシーズンを27勝23敗と勝ち越した。このシーズンからキングスは西地区を代表する強豪へと成長していった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たネイト・アーチボルド

    この時代にチームを牽引したのはネイト・アーチボルドだった。得点とアシストで同時にリーグ首位になるなどアーチボルドは奮闘したが、事実上アーチボルドのワンマンチームだったロイヤルズは1975年を除き勝率5割を越えられなかった。その後のキングスは、コットン・フィッツシモンズが指揮を採った1970年代末から1980年代初頭にかけて一時期プレイオフに出場した。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たレッド・ホルツマン

    ロイヤルズは1951年にニューヨーク・ニックスを破り優勝。のちのキングス時代を含め、この時がNBAのチームとしての唯一の優勝となっている。優勝チームには、のちに監督として有名になるレッド・ホルツマンもいた。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たジャック・コールマン

    ジャック・コールマン (Jack Coleman) :1949-1956 (C)サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たプレドラグ・ストヤコビッチ

    状況が好転したのは1999年だった。キングスは1996年にドラフトでユーゴスラビア人プレドラグ・ストヤコビッチを指名。ギリシャでプレイしていたストヤコビッチがキングスに加わったのは1999年になってからだった。このシーズンに先立ち、チームはジェイソン・ウィリアムスをドラフトで、インサイド陣にクリス・ウェバーとユーゴスラビア人のブラディー・ディバッツをトレードで獲得していた。さらにリック・アデルマン監督を迎えたキングスは躍進し、ロックアウトで短縮されたシーズンを27勝23敗と勝ち越した。このシーズンからキングスは西地区を代表する強豪へと成長していった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たジェイソン・チャンドラー・ウィリアムス

    状況が好転したのは1999年だった。キングスは1996年にドラフトでユーゴスラビア人プレドラグ・ストヤコビッチを指名。ギリシャでプレイしていたストヤコビッチがキングスに加わったのは1999年になってからだった。このシーズンに先立ち、チームはジェイソン・ウィリアムスをドラフトで、インサイド陣にクリス・ウェバーとユーゴスラビア人のブラディー・ディバッツをトレードで獲得していた。さらにリック・アデルマン監督を迎えたキングスは躍進し、ロックアウトで短縮されたシーズンを27勝23敗と勝ち越した。このシーズンからキングスは西地区を代表する強豪へと成長していった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たボビー・ワンザー

    ボビー・ワンザー (Bobby Wanzer) (1955-56/1958-59)サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示