83件中 41 - 50件表示
  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たサム・レイシー

    2005-2006シーズンは、半ばにミラーは1981年にサム・レイシーが達成して以来久々となる得点、アシストのダブル・ダブルを達成したセンターとなった。主力選手の安定した活躍で、46勝36敗と好成績を残したが、プレイオフではカンファレンス・クォーターファイナル(地区1回戦)で敗退した。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たマルコ・ベリネッリ

    レイジョン・ロンドやマルコ・ベリネッリなど、優勝経験者を獲得した2015-16シーズンだったが、それでも悪い流れは変わらず、10年連続負け越しとプレーオフ不出場に終わり、ジョージ・カールHCはシーズン終了後に解任。アルコ・アリーナから親しまれてきたスリープ・トレイン・アリーナの最後のシーズンを飾ることは出来ず、2016-17シーズンより、新アリーナのゴールデン1センターで再出発することになった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たボビー・ヴァンツァー

    ボビー・ヴァンツァー (): 1948-1957 (C)サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たヴィンス・カーター

    2017-18シーズンは、ヴィンス・カーターやザック・ランドルフといったイェイガーヘッドコーチのメンフィス・グリズリーズ時代の教え子やジョージ・ヒルなどベテラン選手を獲得しシーズンスタート。10月24日にはジェニー・ブーセックとコーチ契約を結び、リーグ3人目の女性コーチとして話題を呼んだ。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たネイト・アーチボルド

    この時代にチームを牽引したのはネイト・アーチボルドだった。得点とアシストで同時にリーグ首位になるなどアーチボルドは奮闘したが、事実上アーチボルドのワンマンチームだったロイヤルズは1975年を除き勝率5割を越えられなかった。その後のキングスは、コットン・フィッツシモンズが指揮を執った1970年代末から1980年代初頭にかけて一時期プレイオフに出場した。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たブレント・バリー

    1999-2000シーズンにはタリーク・アブドゥル=ワハドとのトレードでニック・アンダーソンを加えチーム成績は44勝38敗と2年連続で勝ち越した。1999年のシーズン開幕戦で、キングスは日本を訪れミネソタ・ティンバーウルブズと対戦した。この頃からキングスの控え選手たちは、リック・バリーの息子で、ブレント・バリーの兄のジョン・バリーが名付けた「ベンチ・モブ」と呼ばれるようになった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たジョージ・ヒル

    2017-18シーズンは、ヴィンス・カーターやザック・ランドルフといったイェイガーヘッドコーチのメンフィス・グリズリーズ時代の教え子やジョージ・ヒルなどベテラン選手を獲得しシーズンスタート。10月24日にはジェニー・ブーセックとコーチ契約を結び、リーグ3人目の女性コーチとして話題を呼んだ。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たザック・ランドルフ

    2017-18シーズンは、ヴィンス・カーターやザック・ランドルフといったイェイガーヘッドコーチのメンフィス・グリズリーズ時代の教え子やジョージ・ヒルなどベテラン選手を獲得しシーズンスタート。10月24日にはジェニー・ブーセックとコーチ契約を結び、リーグ3人目の女性コーチとして話題を呼んだ。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たオムリ・カスピ

    オムリ・カスピ (): 2009-2011, 2014-2017サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たタイロン・コービン

    2014-15シーズンは、開幕から5割前後の闘いで踏ん張ってきたが、12月に入りデマーカス・カズンズをウィルス性髄膜炎で欠いて以降連敗が続き、マイケル・マローンHCは、12月14日に解任された。12月16日、ペジャ・ストヤコビッチの背番号16を永久欠番とすることを、祝賀セレモニーで発表した。ストヤコビッチの16番は、チーム11番目の永久欠番となった。その後、タイロン・コービンがアシスタントからヘッドコーチに昇格したものの事態は好転せず、コービンは退任となり、オールスターゲーム明けからジョージ・カールを新たにヘッドコーチに招聘し、再出発したがチーム状況が好転したとは言えず、チーム再建は2015-16シーズン以降に持ち越しとなった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード