83件中 61 - 70件表示
  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たシアトル・スーパーソニックス

    2004-2005シーズンはシーズン前にディバッツが退団し、シーズン中にはウェバーがウィリアムソンらとのトレードがありながらも、55勝27敗と好成績を収めたが、プレーオフでは1stラウンドでシアトル・スーパーソニックスに敗れた。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たカンザスシティ・チーフス

    サクラメント・キングス (Sacramento Kings)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サクラメントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。チーム名は、カンザスシティ時代にMLBのロイヤルズ(Royal=王侯)、NFLのチーフス(Chief=酋長)などといった頭首のニュアンスで韻を踏んで名付けられた。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たメンフィス・グリズリーズ

    2017-18シーズンは、ヴィンス・カーターやザック・ランドルフといったイェイガーヘッドコーチのメンフィス・グリズリーズ時代の教え子やジョージ・ヒルなどベテラン選手を獲得しシーズンスタート。10月24日にはジェニー・ブーセックとコーチ契約を結び、リーグ3人目の女性コーチとして話題を呼んだ。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たニューオーリンズ・ペリカンズ

    新アリーナに移転し、新ヘッドコーチにデビッド・イェイガーを招聘して挑んだ2016-17シーズンだったが、それでも悪い流れは変わらず、同シーズンのNBAオールスターゲーム開催日には、遂にデマーカス・カズンズをニューオーリンズ・ペリカンズに放出。同シーズンも負け越しで終了した。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たダブル・ダブル

    2003-04シーズンは、インディアナ・ペイサーズから移籍したブラッド・ミラーが、平均得点とリバウンドでダブル・ダブルを記録し、55勝27敗の好成績を残し、移籍後、毎年のように安定した好成績を残し、インサイドの要として活躍した。このシーズンには、自己ベストの平均15.6得点をあげて、2年連続となるオールスター出場を果たした。しかし、チームはカンファレンスセミファイナルでミネソタ・ティンバーウルブズに3勝4敗で敗れ、この頃からウェバーとストヤコヴィッチとの不仲説が囁かれるようになった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たサクラメント (カリフォルニア州)

    サクラメント・キングス (Sacramento Kings)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サクラメントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。チーム名は、カンザスシティ時代にMLBのロイヤルズ(Royal=王侯)、NFLのチーフス(Chief=酋長)などといった頭首のニュアンスで韻を踏んで名付けられた。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たバスケットボール

    サクラメント・キングス (Sacramento Kings)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サクラメントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。チーム名は、カンザスシティ時代にMLBのロイヤルズ(Royal=王侯)、NFLのチーフス(Chief=酋長)などといった頭首のニュアンスで韻を踏んで名付けられた。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たカンザスシティ (ミズーリ州)

    1971年にチームはミズーリ州カンザスシティの実業家に売却された。翌1972年にシンシナティから移転、カンザスシティとネブラスカ州オマハが本拠地となった。カンザスシティにはメジャーリーグのカンザスシティ・ロイヤルズが存在したため、新たなチーム名はカンザスシティ・オマハ・キングスとなった。1975年にはホーム戦のほとんどをカンザスシティで行うようになり、カンザスシティ・キングスと名称は再び改まった。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見た最優秀選手 (NBA)

    太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・キングス

    サクラメント・キングスから見たギリシャ

    状況が好転したのは1998年だった。ジェイソン・ウィリアムスをドラフトで、インサイド陣にクリス・ウェバーとユーゴスラビア人のブラディー・ディバッツをトレードで獲得した。このシーズンからリック・アデルマンがヘッドコーチに就任し、1996年にドラフトで指名しておりギリシャでプレイしていたユーゴスラビア選手のプレドラグ・ストヤコヴィッチが1999年にキングスに加わった。1998-1999年のロックアウトで短縮されたシーズンを27勝23敗と勝ち越し、キングスは西地区を代表する強豪へと成長していった。1998-99シーズンから2005-06シーズンまで、リック・アデルマン指揮のもと8年連続でプレーオフ進出を果たすことになる。サクラメント・キングス フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード