前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • 競売

    競売から見たサザビーズサザビーズ

    クリスティーズやサザビーズなど、外国(ほとんどが欧米)の美術作品競売専門業者による美術品や骨董品などの競売競売 フレッシュアイペディアより)

  • ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋

    ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋から見たサザビーズサザビーズ

    1998年のニューヨークで、一流分析医の妻であるウォリーは、誰もがうらやむセレブ生活を送っていたが、子づくりに非協力的で、仕事と称して家を空けることの多い夫ウィリアムとの生活に心を痛めていた。そんなある日、ウォリーが結婚前に学芸員として働いていたサザビーズで、「王冠をかけた恋」で知られるウィンザー公爵夫妻の遺品オークションが行なわれることになる。ウィンザー公爵夫人(ウォリス・シンプソン)に憧れていた母と祖母に、彼女に因んでウォリーと名付けられたことから、かねてよりウォリスに親しみを感じていたウォリーは、オークションの内覧会に足を運ぶ。様々な遺品を目にしたウォリーは、ウォリスの人生に自分の境遇を重ね合わせ、彼女の幻と対話するようになる。そんなウォリーの姿に亡き妻の面影を感じた警備員エフゲニは彼女に強く惹かれる。そしてウォリーも、ピアノがうまく、知的で紳士なエフゲニに惹かれて行く。ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・クーンズ

    ジェフ・クーンズから見たサザビーズサザビーズ

    1986年、ウサギのおもちゃを巨大にしたステンレス鋼製の『スタチュアリー(Statuary)』を制作し、それから『バナリティ(Banality)』シリーズを1988年まで続けた。その1つ『マイケル・ジャクソン・アンド・バブルス(Michael Jackson and Bubbles)』(1988年)は、ペットのチンパンジーのバブルスを抱いている歌手マイケル・ジャクソンの、金粉を施した等身大の座像で、世界最大の陶器と公表された。3つ作られた内の一つが、3年後にニューヨークのサザビーズでロット・ナンバー7655として競りにかけられ、約560万ドルで落札された。それはこれまででクーンズの作品についた最高値の3倍の値段だった。ジェフ・クーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 007 オクトパシー

    007 オクトパシーから見たサザビーズサザビーズ

    ボンドはMと美術鑑定部ファニングから、サザビーズのオークションに参加して『レディーの卵』の秘密をつかむように指令を受ける。ボンドらはソ連の外貨稼ぎと考えていたが、売り専門のカマル・カーンがレディーの卵を買うのに不審感を抱き、ボンドはひそかにニセ物とすり替えていた。007 オクトパシー フレッシュアイペディアより)

  • マル・エヴァンズ

    マル・エヴァンズから見たサザビーズサザビーズ

    1986年、エヴァンズの日記等が入ったトランクがニューヨークの出版社の地下室で発見され、ロンドンにいる彼の家族に送られた。1992年、エヴァンズ家により、『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』のレノンのオリジナル歌詞原稿がロンドンのサザビーズに出品され、56,600ポンドで売却された。『ヘイ・ジュード』のマッカートニーによる歌詞原稿が入ったノートは、1998年に111,500ポンドで売却された。そのノートには他にも、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』と『愛こそはすべて』の歌詞原稿、ビートルズの4人とエヴァンズによるメモ、絵、詩等が記されていた。 2004年にもエヴァンズが収集していたビートルズの記念品が発見されたと報じられたが、これは偽物だったことが判明している。2010年には『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』の手書きの歌詞、注意書きが両面に記された紙がニューヨークのサザビーズに出品され、1,200ドルで、匿名のアメリカ人に落札されている。マル・エヴァンズ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーズ

    クリスティーズから見たサザビーズサザビーズ

    クリスティーズはかつては公開会社であり、1973年から1999年まで、ロンドン証券取引所に上場していた。1999年、PPR(現;ケリング)会長の所有する投資会社によって買収された。クリスティーズは長年のライバル社であるサザビーズと比べ、より大きな市場占有率を幾年にも亘って保持してきており、収益からみるとクリスティーズ社は現在、世界で最も規模の大きいオークションハウスである。クリスティーズ フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第9番 (ベートーヴェン)

    交響曲第9番 (ベートーヴェン)から見たサザビーズサザビーズ

    第4楽章の「歓喜」の主題は欧州評議会において「欧州の歌」としてヨーロッパ全体を称える歌として採択されているほか、欧州連合においても連合における統一性を象徴するものとして採択されている。このほか、コソボ共和国の暫定国歌として制定、ローデシアの国歌としても制定されていた。ベルリン国立図書館所蔵の自筆譜資料は2001年にユネスコの『ユネスコ記憶遺産』リストに登録された。初演/初版の版刻に用いられた筆写スコアが2003年にサザビーズで競売にかけられた際には、「人類最高の芸術作品」と紹介されている。交響曲第9番 (ベートーヴェン) フレッシュアイペディアより)

  • フェルメールの作品

    フェルメールの作品から見たサザビーズサザビーズ

    来歴:ベイト・コレクション旧蔵。1960年にベイト家からブリュッセルの個人に譲渡。2004年、サザビーズに出品。フェルメールの作品 フレッシュアイペディアより)

  • 村上隆

    村上隆から見たサザビーズサザビーズ

    2003年(平成15年)春、ニューヨークのオークション会社・サザビーズにて等身大フィギュア『Miss Ko2』が50万ドル(約5,800万円)で落札、話題となった。これは当時の日本現代美術作品の最高額である。本人は自らの作品がこのような高額で買い取られた理由について「女性の美意識に革命をもたらしたからだ」と分析する一方、「単に金持ちが作品の性的な要素に惹かれて落札しただけなのでは」と話している。落札したのは、会社を売って隠居したアメリカの80歳近い老夫婦である。村上隆 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=フランソワ・ミレー

    ジャン=フランソワ・ミレーから見たサザビーズサザビーズ

    ミレーの作品は、生前から徐々に市場での評価が高まった。ミレーが1860年に1000フランで売却した『晩鐘』は、死後の1889年に55万3000フランで落札されるに至った。20世紀後半には、印象派・ポスト印象派の画家には及ばないが、ニューヨーク・サザビーズのオークションで数十万ドルという高値で取引されるようになった(→市場での評価)。他方、サンシエの伝記やそれに基づくロマン・ロランによるミレー偉人伝を基に、清貧の農民画家という脚色された「ミレー神話」が語られるようになり、フィンセント・ファン・ゴッホもサンシエの伝記を読んで影響を受けた1人である(→ミレー神話の流布)。特に、ミレー作品にプロテスタンティズムに通じるものを感じ取ったアメリカ人や、偉人伝に影響された日本人の間では、フランス以上にミレー熱が高まった(→アメリカ、日本)。ジャン=フランソワ・ミレー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「サザビーズ」のニューストピックワード