98件中 11 - 20件表示
  • 張大千

    張大千から見たサザビーズサザビーズ

    2011年現在、オークションで彼の作品は高値で取引されている。例えば2010年5月17日、1968年制作の作品でオーストリア西部、チロル州にあるアーヘン湖(アッヘン湖)を描いた絹本色彩「愛痕湖(この作品は2003年ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催された大型の中国近代芸術展《2つの文化の間》(Between Two Cultures)で展示された事がある)」が1億80万元(2010年当時日本円にして約13億円)で落札(この時中国の近現代書画で初めて億元の大台を突破した)、2011年5月31日、香港蘇富比拍売公司(サザビーズ)主催のオークションで、1947年制作の作品「嘉耦図」が1億9100万香港ドル(2450万米ドル、2011年当時日本円にして約20億円)で落札、2016年4月5日にはやはり香港蘇富比拍売公司(サザビーズ)主催のオークションで、1983年制作の作品「桃花春」(Peach Blossom Spring)が2億7070万香港ドル(3491万米ドル)で落札されている。張大千 フレッシュアイペディアより)

  • The Pond-Moonlight

    The Pond-Moonlightから見たサザビーズサザビーズ

    現在は3枚しかコピーが現存していない。内一枚は、2006年にて、サザビーズで約351,360,000円で取引され、写真として史上最高額で落札された(後にアンドレアス・グルスキーの作品、"99-Cent II, Diptych, 2001"に記録を塗り替えられる)。The Pond-Moonlight フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・ヘンダースン

    ニコラス・ヘンダースンから見たサザビーズサザビーズ

    引退に際し、ヘンダースンは歴史に関するいくつかの本と外交官としての彼の経歴に関する手記(『マンダリン (Mandarin) 』)を書いた。彼は、チャンネル・トンネル・グループ、サザビーズ、ハンブローズ銀行など英国の主要企業数社の役員職にあった。また、皇太子との間に緊密な関係があり、外務省引退後はウォーデン・オヴ・スタナリーズ卿となり、皇太子評議会(コーンウォール公爵領を管轄する組織)の議長を務めた。彼は、王室に対するこの貢献により、KCVOに叙された。1986年には、オックスフォード大学でロマーニズ・レクリャーを行った。ニコラス・ヘンダースン フレッシュアイペディアより)

  • ダービーの眺望

    ダービーの眺望から見たサザビーズサザビーズ

    この絵は、ダービー博物館・美術館がサザビーズを通じて2006年にヨーロッパのあるコレクターから購入した。ダービーの眺望 フレッシュアイペディアより)

  • ミラノの貴婦人の肖像

    ミラノの貴婦人の肖像から見たサザビーズサザビーズ

    。アーンが所有していた『ミラノの貴婦人の肖像』の「模写」は、数十年後の2010年1月28日に「1750年以前に描かれたレオナルドの追随者」の作品としてサザビーズのオークションにかけられ、予想落札額の三倍となる150万ドルで落札された。落札者はアメリカのコレクターとしか分かっていない。ミラノの貴婦人の肖像 フレッシュアイペディアより)

  • ボー・サンシー

    ボー・サンシーから見たサザビーズサザビーズ

    16世紀後半、ダイヤモンド収集家のボー・サンシーがイスタンブールで見いだしたことから名付けられた。後に、フランスの国王アンリ4世が購入。購入にあたってはダイヤモンドに惚れ込んだ王妃マリー・ド・メディシスの意向が大きく働いたとされ、息子のルイ13世の摂政となった際には、戴冠式の王冠にボー・サンシーを飾らせたことから、広く一般に知られるようになった。その後、ボー・サンシーはイギリス王室、プロイセン王室を転々としたが、20世紀後半には公開されることもなくなり、幻のダイヤモンドと化した。2012年、サザビーズがボー・サンシーの競売を公表。世界各国で展示された後、同年5月15日に競売に付され904万2500スイスフランで落札された。ボー・サンシー フレッシュアイペディアより)

  • アンブロシウス・ベンソン

    アンブロシウス・ベンソンから見たサザビーズサザビーズ

    また、19世紀に「ベンソンの模倣者」と呼ばれる画家たちが制作したパスティーシュで、ベンソンの名前は有名になった。とくにベンソンが何点も描いたマグダラのマリアとペルシアのシビュラは幾度も模倣され、19世紀の画商の間でも人気が高い作品となっていった。21世紀現在でもベンソンは高く評価されており、ロンドンのナショナル・ギャラリーやパリのルーヴル美術館などの有力な美術館が所蔵しているほか、2009年にサザビーズが開催したオークションではベンソンの『聖母子』が高値で落札されている。アンブロシウス・ベンソン フレッシュアイペディアより)

  • ルノホート2号

    ルノホート2号から見たサザビーズサザビーズ

    ルノホート2号とルナ21号着陸機の所有権は1993年の12月にニューヨークのサザビーズで競売にかけられ、ラボーチキンから68,500売却ドルでされた。カタログではルナ17号/ルノホート1号と間違って記載している。ルノホート2号 フレッシュアイペディアより)

  • ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス

    ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスから見たサザビーズサザビーズ

    1977年10月8日、モナコのモンテカルロにおいて行われたサザビーズのオークションで、元ワゴン・リ社の客車5両が競売にかけられた。このときグラッツとの競り合いの末、寝台車2両(3489号車と3543号車)を落札したのが、アメリカ合衆国の海運会社シーコンテナ社の社長ジェームズ・シャーウッド(James Sherwood)である。シャーウッドはその後もワゴン・リや英国プルマンの客車を買い集め、旧ワゴン・リ車23両、旧プルマン車12両、計35両を揃えた。ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 英領ギアナ1セント・マゼンタ

    英領ギアナ1セント・マゼンタから見たサザビーズサザビーズ

    デュポンの遺産として、1セント・マゼンタは2014年6月17日にニューヨークのサザビーズのオークションにかけられ、948万ドルで競り落とされた。匿名の人物に落札されるまでに要した時間はたったの2分であり、この切手が一枚の切手の売却史上最高額を4度目に更新したことになった。ちなみに破られた直前の記録は、1855年発行の3スキリング・イエロー(スウェーデンが発行、スキリングは通貨の単位)が1996年に記録した230万ドルである。英領ギアナ1セント・マゼンタ フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「サザビーズ」のニューストピックワード