60件中 11 - 20件表示
  • バナスター・タールトン

    バナスター・タールトンから見たサザビーズサザビーズ

    2005年11月、タールトンが1779年と1780年にアメリカ大陸軍から捕獲した軍旗が4つ、イギリス国内に保存されており、2006年にニューヨークのサザビーズで競売に付されるとの報道があった。このうち2つは、1779年に捕獲された第2大陸軽竜騎兵隊の部隊旗であり、他の2つは明らかにワックスホーの虐殺で捕獲された師団旗である。これらの軍旗はアメリカ独立記念日(2006年7月14日)の競売で落札された。バナスター・タールトン フレッシュアイペディアより)

  • 諸橋近代美術館

    諸橋近代美術館から見たサザビーズサザビーズ

    ダリのコレクションとしてはスペイン・フィゲラス(Figueres)のダリ劇場美術館(Dali Theatre and Museum)、アメリカ・フロリダ州セントピーターズバーグのダリ美術館(Salvador Dali Museum)と並ぶ規模とされる。他に西洋近代絵画も所蔵する。諸橋近代美術館は主にクリスティーズやサザビーズなどのオークション会場で作品収集を行っている。諸橋近代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ビートルズの海賊盤

    ビートルズの海賊盤から見たサザビーズサザビーズ

    1957年7月6日のライブ音源 クオーリメン(ビートルズの前身)がウールトン(リヴァプール郊外)のセント・ピーターズ・パリッシュ教会の祭で演奏した時の音源で、この日、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが共通の友人の紹介で初めて出会った日の録音として特に有名である。退職したある元警察官が、ショーの会場で自らグルンディッヒ社製のポータブル・テープレコーダーの試し録りしたテープを、1994年に再発見した。テープにはひどい音質で、クオーリメンによるロニー・ドネガン(Lonnie Doneganの「Puttin' On the Style」とエルヴィス・プレスリーの「Baby, Let's Play House」の演奏が収められていた。後年、テープがサザビーズでオークションに出品された際に、「Puttin' On the Style」からの30秒間の抜粋が宣伝として公開された。テープはEMI により78,500ポンドで購入され、オークションで販売された録音テープとしては最高値を記録した。EMIはテープの音質が『アンソロジー』に収録するには悪すぎると判断した。テープには復元作業が加えられ、2007年6月26日にBBCが放送したラジオのドキュメンタリー番組『The Day John Met Paul(ジョンとポールが初めて出会った日)』の中で、上記2曲の抜粋が放送された。ビートルズの海賊盤 フレッシュアイペディアより)

  • ルノホート計画

    ルノホート計画から見たサザビーズサザビーズ

    ルノホート2号とルナ21号の所有権とはラボーチキン社が1993年の12月にニューヨークのサザビーズで競売にかけ、68,500USドルで売却された (although the catalog incorrectly lists lot 68A as Luna 17/Lunokhod 1).。購入者はコンピュータゲーム会社の社長で、宇宙旅行の経験もあるリチャード・ギャリオットであった。彼はゲーム雑誌へのインタビューの中で「月面に唯一民間人として物を所有している」として月の所有権を主張している。2007年にはギャリオットがルノホートの保有者であると公表している。ルノホート計画 フレッシュアイペディアより)

  • バルトロメオ・ヴェネト

    バルトロメオ・ヴェネトから見たサザビーズサザビーズ

    1512年、おそらくヴェネトはパドヴァ県におり、1520年から彼は多くの重要な作品の委託を受けたミランにいた。二流のミラノ人による絵画文化は15世紀後半にてレオナルド・ダ・ヴィンチによって活性化し、さらに彼の後継者であるアンドレア・ソラリによって発達した。ヴェネトのこの文化に対する反応は素早かった。その証拠に『リュートを弾く女』(1520年、ブレラ美術館所蔵、もう一つの自筆の物は1512年,ボストン,ガードナー美術館に所蔵されている。)は新しい構造的一貫性と自由を与えたくっきりとした明暗法に特徴づけられている。これらの特徴は半分の長さの絵画の連作である『洒落た服を着た若い男性』(1520年、ワシントンD.C.、ナショナル・ギャラリー (ワシントン)所蔵、ヒューストン、ヒューストン美術館所蔵、ローマ、バルベリーニ城所蔵)にも表れている。一方でヴェネトはこれらの絵画に細かい装飾に対する興味を示し続けた。座っている人物の顔に掛かる微かな光の様子は新しい心理的な示唆でレオナルドを連想させる。さらに後の二つの絵画はさらなる形態的な進歩を遂げている。『女性の肖像』(1530年、バッキンガムシャー、メントモールタワー所蔵、1977年5月25日ロンドンのサザビーズで売られる。)と『ルドヴィコ・マルティネンゴの肖像』(1530年、ロンドン、ナショナル・ギャラリー (ロンドン)所蔵)はどちらも3クウォートの長さで、それと共に柔らかく流動的な筆の流れとより良質な質量と深さと動きが見られる。これらの要素はヴェネトがティツィアーノ・ヴェチェッリオの肖像画法に対して意識していることを示すが、複雑な服装と仄暗い赤の派手な使い方は彼の若い頃から続いている。バルトロメオ・ヴェネト フレッシュアイペディアより)

  • 幼児虐殺 (ルーベンス)

    幼児虐殺 (ルーベンス)から見たサザビーズサザビーズ

    2001年、ロンドンのサザビーズで初期フランドル派やオランダ絵画を専門とするジョージ・ゴードンが『幼児虐殺』を鑑定した。ゴードンは絵の特徴や様式が、同時代に描かれた『サムソンとデリラ』と同じであり、確かにルーベンスが描いたものだと断定した。作品は2002年7月10日、ロンドンのサザビーズのオークションに出品され、4950万ポンド(約90億円、サザビーズの手数料を含む)で落札された。購入者についての詳細は明らかにされず、ロンドンの美術商サム・フォッグが代理で入札を行っていた。落札者はのちに、カナダの新聞王で第2代フリートのトムソン男爵ケネス・トムソンであると明らかになった。2007年1月現在、その価格は、オークションにかけられた巨匠の名画の中で最も高価なものとなっている。オークションに続き、ルーベンスの絵はロンドンのナショナル・ギャラリーに一定期間貸与された後、2008年にはトロントのAGO(Art Gallery of Ontario)に寄贈され、そこに納められた。AGOは近年、大規模な改築や増築に取り組んでいる。幼児虐殺 (ルーベンス) フレッシュアイペディアより)

  • 吟遊詩人ビードルの物語

    吟遊詩人ビードルの物語から見たサザビーズサザビーズ

    最後の一冊は、ローリングとエマ・ニコルソン男爵夫人が設立した慈善団体チルドレンズ・ハイレベル・グループ(CHLG) の支援に充てるべく、2007年12月13日にサザビーズのオークションにかけられた。当初3万から5万ポンドで落札されると予想されていたが、美術商 Hazlitt, Gooden & Fox の代理の元、Amazon.com が195万ポンド(約4億5000万円)で落札した。これは現代文学の手書き原稿として、J・K・ローリングの著作として、そして子供向け書籍として最高の落札価格だとサザビーズは述べている。吟遊詩人ビードルの物語 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアナ・キャヴェンディッシュ (デヴォンシャー公爵夫人)

    ジョージアナ・キャヴェンディッシュ (デヴォンシャー公爵夫人)から見たサザビーズサザビーズ

    公衆の注目を集めた時代、ジョージアナはトマス・ゲインズバラやジョシュア・レイノルズに肖像画を描かせていた。フランス風の大きな帽子をかぶったジョージアナを描いたゲインズバラが描いた有名な絵(1787年制作)は、1876年にロンドン・ナショナル・ギャラリーから美術品泥棒によって盗まれ、長らく紛失状態にあった。この絵は1901年にピンカートン探偵社によって発見され、アメリカ人銀行家ジョン・モルガンの所有となった。この作品は1994年にサザビーズのオークションに出品され、第11代デヴォンシャー公爵に落札されて、200年以上を経てデヴォンシャー公爵家の本邸に帰還した。ジョージアナ・キャヴェンディッシュ (デヴォンシャー公爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行

    ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行から見たサザビーズサザビーズ

    イントラフルック社はその後も元ワゴン・リ社の客車を書い集めた。1977年10月8日には、モナコのモンテカルロにおいて行われたサザビーズのオークションでは、食堂車1両(2741号車)を落札した。なおこの時グラッツと競り合ったのが、後にベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスを創設するジェームズ・シャーウッドである。ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行 フレッシュアイペディアより)

  • 大フーガ (ベートーヴェン)

    大フーガ (ベートーヴェン)から見たサザビーズサザビーズ

    2005年10月13日に報じられたところによると、7月にペンシルベニア州ウィンウッドのパーマー神学校の図書館で、1826年に作成された《大フーガ》の4手ピアノ版(作品134として既存)の自筆譜が発見されたという12。これまで115年間にわたって失われたとされた手稿である。これは2005年12月1日にサザビーズで競売にかけられ、112万ポンド(米ドルにして195万ドル)の価格で落札された(購入者の素性は不明)。大フーガ (ベートーヴェン) フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「サザビーズ」のニューストピックワード