60件中 21 - 30件表示
  • 張大千

    張大千から見たサザビーズサザビーズ

    2011年現在、オークションで彼の作品は高値で取引されている。例えば2010年5月17日、1968年制作の作品でオーストリア西部、チロル州にあるアーヘン湖(アッヘン湖)を描いた絹本色彩「愛痕湖(この作品は2003年ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催された大型の中国近代芸術展《2つの文化の間》(Between Two Cultures)で展示された事がある)」が1億80万元(2010年当時日本円にして約13億円)で落札(この時中国の近現代書画で初めて億元の大台を突破した)、2011年5月31日、香港蘇富比拍売公司(サザビーズ)主催のオークションで、1947年制作の作品「嘉耦圖(嘉偶図)」が1億9100万香港ドル(2450万米ドル、2011年当時日本円にして約20億円)で落札されている。張大千 フレッシュアイペディアより)

  • The Pond-Moonlight

    The Pond-Moonlightから見たサザビーズサザビーズ

    現在は3枚しかコピーが現存していない。内一枚は、2006年にて、サザビーズで約351,360,000円で取引され、写真として史上最高額で落札された(後にアンドレアス・グルスキーの作品、"99-Cent II, Diptych, 2001"に記録を塗り替えられる)。The Pond-Moonlight フレッシュアイペディアより)

  • パウル・コハンスキ

    パウル・コハンスキから見たサザビーズサザビーズ

    ワルシャワのポーランド国会図書館の音楽部門では、コハンスキーの自筆原稿が蒐集されている。ポーランド文化省と国家遺産局は、1988年12月に、ニューヨークのサザビーズからコハンスキーの手書きの作品を買い取り、国会図書館に収蔵した。パウル・コハンスキ フレッシュアイペディアより)

  • ニセフォール・ニエプス

    ニセフォール・ニエプスから見たサザビーズサザビーズ

    ニエプスが世界初といわれる写真エッチングを製作したのは1822年で、時の教皇ピウス7世の肖像を写したものとされているが、その原版は自身で複製を作ろうとしたときに破壊してしまった。Roland Barthes の "La cámara lúcida" (Paidós, Barcelona,1989) のスペイン語版 "La chambre claire" には「用意された食卓」(Table ready) という1822年に撮影されたとされる霧がかかったような写真が掲載されている。原版が現存する世界最古の写真は、1825年に彼が撮った、『Un cheval et son conducteur』(馬引く男)である(この写真は2002年3月21日にサザビーズに出品、44万3000ドルで落札された)。ニセフォール・ニエプス フレッシュアイペディアより)

  • ルノホート2号

    ルノホート2号から見たサザビーズサザビーズ

    ルノホート2号とルナ21号着陸機の所有権は1993年の12月にニューヨークのサザビーズで競売にかけられ、から68,500売却ドルでされた。カタログではルナ17号/ルノホート1号と間違って記載している。ルノホート2号 フレッシュアイペディアより)

  • 美術商

    美術商から見たサザビーズサザビーズ

    有名なオークション会社にはクリスティーズやサザビーズといったものがあり、これらの会社は落札率の高さや全世界の富裕層の顧客を抱えているのが強みである。またこれらの会社の制作するカタログは美術市場や美術研究の一級の資料でもある。オークション会社は美術品に限らずあらゆる古道具や記念物を扱い、また大小の会社があるため普通の庶民でも参加できる規模のオークションもある。美術商 フレッシュアイペディアより)

  • アリシェル・ウスマノフ

    アリシェル・ウスマノフから見たサザビーズサザビーズ

    2007年9月17日からは始まったサザビーズの450点からなるムスティスラフ・ロストロポーヴィチとガリーナ・ヴィシネフスカヤのコレクションを買った。税その他の支払いを入れると1億$にものぼる。アリシェル・ウスマノフ フレッシュアイペディアより)

  • DADDYFACE

    DADDYFACEから見たサザビーズサザビーズ

    白いアルマーニのスーツに、白い革靴が嫌味にならない、芸術家風の美男子。サザビーズ主催のパーティーに出席するなど、表の顔も持ち合わせる。敵対する相手にも、まず金銭による交渉をもちかけており、後出のハイキュレーターたちとは毛色の一風変わった対応をしている。DADDYFACE フレッシュアイペディアより)

  • シドニー・パジェット

    シドニー・パジェットから見たサザビーズサザビーズ

    「シャーロック・ホームズ」シリーズが載った「ストランド」誌の全巻揃いは、出版史において希少かつ高価なコレクターズ・アイテムである。ライヘンバッハの滝の崖っぷちで生死を懸けた格闘をするホームズとモリアーティ教授を描いた、パジェットの10.5×6.75インチの原画は、2004年11月16日ニューヨークにてサザビーズによって22万8百ドルで売却された。シドニー・パジェット フレッシュアイペディアより)

  • アイザック・ニュートンのオカルト研究

    アイザック・ニュートンのオカルト研究から見たサザビーズサザビーズ

    1936年、ニュートンの未発表の著作が9代目ポーツマス卿のジェラルド・ワロップ(ニュートンの大叔母から文書を受け継いだ)の代理としてサザビーズの競売にかけられた。この文書は「ポーツマス文書(Portsmouth Papers)」として知られ、329冊のニュートンの草稿からなり、通常は錬金術に分類される内容が三分の一を占めていた。ニュートンの死に際して、これらの資料は「公表されるべきではない」と考えられ、1936年のセンセーショナルな再登場まで死蔵されていたのである。アイザック・ニュートンのオカルト研究 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「サザビーズ」のニューストピックワード