98件中 31 - 40件表示
  • ジョン・エントウィッスル

    ジョン・エントウィッスルから見たサザビーズサザビーズ

    エントウィッスルの何百にも及ぶギターやベースのコレクションは、死後、相続税対策のため、息子のクリストファーによって、ロンドンのサザビーズで競売にかけられた。 また、ストウ=オン=ザ=ウォルドに所有していたエントウィッスルの大邸宅と多くの所有物は、皮肉にも彼のかつての職場である租税検査官の内国税収入に応じた課税要求に応じるため、売り払われた。 なお、かつてウィキペディアの当該ページに、サザビーズの競売にかけられたエントウィッスルのベースについて、「ピーター・フックや日本の俳優の中村梅雀が、オークションでいくつか落札している」という記述があったが、中村は自身のブログにてこれを明確に否定、自身が買ったものは1998年にエントウィッスルが離婚の慰謝料の捻出のために売りに出したものの一つで、東京の店に入荷されたと知って買いに行ったと説明している。ジョン・エントウィッスル フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第2番 (ラフマニノフ)

    交響曲第2番 (ラフマニノフ)から見たサザビーズサザビーズ

    320ページにのぼる自筆譜は永く紛失していたが2004年になって発見され、テイバー財団(the Tabor Foundation)によって所有されていたが、大英図書館に永久貸与となっていた。その後、2014年5月20日にロンドンでサザビーズにより競売に掛けられ、120万ポンドで落札された。交響曲第2番 (ラフマニノフ) フレッシュアイペディアより)

  • Apple I

    Apple Iから見たサザビーズサザビーズ

    2012年6月15日、実動するApple Iがサザビーズのオークションで37万4500USドル(約2950万円)で落札された。希少であるためコレクターズアイテムとなっている。Apple I フレッシュアイペディアより)

  • ロージー・ザ・リベッター

    ロージー・ザ・リベッターから見たサザビーズサザビーズ

    しかし、第二次世界大戦が終わるとロックウェルのロージーは次第に露出を減らすようになった。ロックウェルの財団が作品の著作権に関して厳格な態度をとったのがその要因である。2002年にはこの絵のオリジナルがサザビーズでオークションにかけられ500万ドルの値で落札された。 2009年、アーカンソー州のベントンビルにあるCrystal Bridges Museum of American Artがこの絵を個人の所有者から手に入れて常設展示に加えている。ロージー・ザ・リベッター フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアナ・キャヴェンディッシュ (デヴォンシャー公爵夫人)

    ジョージアナ・キャヴェンディッシュ (デヴォンシャー公爵夫人)から見たサザビーズサザビーズ

    公衆の注目を集めた時代、ジョージアナはトマス・ゲインズバラやジョシュア・レイノルズに肖像画を描かせていた。フランス風の大きな帽子をかぶったジョージアナを描いたゲインズバラが描いた有名な絵(1787年制作)は、1876年にロンドン・ナショナル・ギャラリーから美術品泥棒によって盗まれ、長らく紛失状態にあった。この絵は1901年にピンカートン探偵社によって発見され、アメリカ人銀行家ジョン・モルガンの所有となった。この作品は1994年にサザビーズのオークションに出品され、第11代デヴォンシャー公爵に落札されて、200年以上を経てデヴォンシャー公爵家の本邸チャッツワース・ハウスに帰還した。ジョージアナ・キャヴェンディッシュ (デヴォンシャー公爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ピュイフォルカ

    ジャン・ピュイフォルカから見たサザビーズサザビーズ

    アンディ・ウォーホルはピュイフォルカのシルバーウェアを収集していた。1970年代にパリを訪問した際に入手したもので、1988年、サザビーズでウォーホルの記念品のオークションが行われた際、このコレクションは、45万1000ドル、アベンチュリンによる装飾が施されたは5万5000ドルで落札された。クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館及びヴィクトリア&アルバート博物館ピュイフォルカの作品のコレクションがある。一連のブティックの名前は彼の名にちなんだものであり、ピュイフォルカがデザインした製品や彫刻作品を販売している。ジャン・ピュイフォルカ フレッシュアイペディアより)

  • 地下の国のアリス

    地下の国のアリスから見たサザビーズサザビーズ

    キャロルの死後、夫のレジナルドを失って屋敷の維持に窮したアリス・ハーグリーヴスは、手書き本『地下の国のアリス』を手放す決意をし、1928年5月4日のサザビーズのオークションにこの本をかけた。5000ポンドではじまったこの競りの参加者には大英博物館の代理人もいたが、最終的に当時サザビーズの史上最高額である1万5400ポンドの値でアメリカ人の著名な書籍ディーラーであるが競り落とした。ローゼンバックはオークションの後、やはりこの本はイギリス人の手元にあるべきものと思い直して、大英博物館に対して1000ポンドの寄付を沿えた上で買い値で売り渡す申し出をしているがこれは拒否されている。その後この本は収集家の手に渡っていたが、第二次大戦後の1948年、アメリカ議会図書館の司書を中心とするアメリカ人有志によって5万ドルで買い戻され大英博物館に寄贈された。この寄贈にはナチス・ドイツの侵攻に対して長い間独力で抵抗したイギリス人への感謝の意味合いがあり、贈呈の席ではカンタベリー大主教がこの寄贈を「純粋な行為」として賞賛した。地下の国のアリス フレッシュアイペディアより)

  • 美術商

    美術商から見たサザビーズサザビーズ

    有名なオークション会社にはクリスティーズやサザビーズといったものがあり、これらの会社は落札率の高さや全世界の富裕層の顧客を抱えているのが強みである。またこれらの会社の制作するカタログは美術市場や美術研究の一級の資料でもある。オークション会社は美術品に限らずあらゆる古道具や記念物を扱い、また大小の会社があるため普通の庶民でも参加できる規模のオークションもある。美術商 フレッシュアイペディアより)

  • アイザック・ニュートンのオカルト研究

    アイザック・ニュートンのオカルト研究から見たサザビーズサザビーズ

    1936年、ニュートンの未発表の著作が9代目ポーツマス卿のジェラルド・ワロップ(ニュートンの大叔母から文書を受け継いだ)の代理としてサザビーズの競売にかけられた。この文書は「ポーツマス文書(Portsmouth Papers)」として知られ、329冊のニュートンの草稿からなり、通常は錬金術に分類される内容が三分の一を占めていた。ニュートンの死に際して、これらの資料は「公表されるべきではない」と考えられ、1936年のセンセーショナルな再登場まで死蔵されていたのである。アイザック・ニュートンのオカルト研究 フレッシュアイペディアより)

  • バンクシー

    バンクシーから見たサザビーズサザビーズ

    彼の作品の多くは街頭(壁面)などに描かれており、ただの落書きだと考える市当局による清掃などの際に消えてしまう例が頻発している。この様に彼の作品は「落書き」だと思う者は多いが、2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションではバンクシーの作品計6点が落札予想価格を大幅に上回る総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落札されている。バンクシー フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示

「サザビーズ」のニューストピックワード