60件中 31 - 40件表示
  • ボー・サンシー

    ボー・サンシーから見たサザビーズサザビーズ

    16世紀後半、ダイヤモンド収集家のボー・サンシーがイスタンブールで見いだしたことから名付けられた。後に、フランスの国王アンリ4世が購入。購入にあたってはダイヤモンドに惚れ込んだ王妃マリー・ド・メディシスの意向が大きく働いたとされ、息子のルイ13世の摂政となった際には、戴冠式の王冠にボー・サンシーを飾らせたことから、広く一般に知られるようになった。その後、ボー・サンシーはイギリス王室、プロイセン王室を転々としたが、20世紀後半には公開されることもなくなり、幻のダイヤモンドと化した。2012年、サザビーズがボー・サンシーの競売を公表。世界各国で展示された後、同年5月15日に競売に付され904万2500スイスフランで落札された。ボー・サンシー フレッシュアイペディアより)

  • 成蹊中学校・高等学校

    成蹊中学校・高等学校から見たサザビーズサザビーズ

    石坂泰章 サザビーズジャパン社長 / 石坂泰三の孫成蹊中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 村上隆

    村上隆から見たサザビーズサザビーズ

    2003年(平成15年)春、ニューヨークのオークション会社・サザビーズにて等身大フィギュア『Miss Ko2』が50万ドル(約5,800万円)で落札、話題となった。これは当時の日本現代美術作品の最高額である。本人は自らの作品がこのような高額で買い取られた理由について「女性の美意識に革命をもたらしたからだ」と分析する一方、「単に金持ちが作品の性的な要素に惹かれて落札しただけなのでは」と話している。落札したのは、会社を売って隠居したアメリカの80歳近い老夫婦である。村上隆 フレッシュアイペディアより)

  • サーシャ・ガヴァシ

    サーシャ・ガヴァシから見たサザビーズサザビーズ

    ガヴァシの最初の職は1968年に二人の若い詩人ジョン・フェアファックスとジョン・モートにより設立されたアーヴォン筆記財団にて、イングランドの桂冠詩人テッド・ヒューズのもとで働くことであった。彼が学位を極めた後、1989年、競売会社サザビーズでサミュエル・ベケットの私文書を売り払う整理をしていたサミュエル・ベケットアーカイブのジョン・カルダーのもとで働いた。中にはトリニティ・カレッジに売られた『ゴドーを待ちながら』のベケット自らが注釈をつけたバージョンも含まれていた。サーシャ・ガヴァシ フレッシュアイペディアより)

  • 小谷 真生子

    小谷真生子から見たサザビーズサザビーズ

    2007年(平成19年)4月25日には実業家でサザビーズジャパン社長の石坂泰章(元経団連会長石坂泰三の孫)と再婚した。しかしながら2010年(平成22年)6月、すでに2年前から(入籍してまもなく)離婚していたことが『週刊新潮』の [2010年7月1日号]でスクープされた。小谷真生子 フレッシュアイペディアより)

  • Apple I

    Apple Iから見たサザビーズサザビーズ

    2012年6月15日、実動する Apple I がサザビーズのオークションで37万4500USドル(約2950万円)で落札された。Apple I フレッシュアイペディアより)

  • バンクシー

    バンクシーから見たサザビーズサザビーズ

    彼の作品の多くは街頭(壁面)などに描かれており、ただの落書きだと考える市当局による清掃などの際に消えてしまう例が頻発している。この様に彼の作品は「落書き」だと思う者は多いが、2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションではバンクシーの作品計6点が落札予想価格を大幅に上回る総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落札されている。バンクシー フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ブルトン

    アンドレ・ブルトンから見たサザビーズサザビーズ

    2008年5月21日には、ブルトンの「シュルレアリスム宣言」など9点の自筆原稿がパリのサザビーズでオークションにかけられ、パリの書簡・直筆原稿博物館が、360万ユーロ(約5億8千万円)で落札した。アンドレ・ブルトン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エントウィッスル

    ジョン・エントウィッスルから見たサザビーズサザビーズ

    エントウィッスルの何百にも及ぶギターやベースのコレクションは、相続税対策として息子のクリストファーによってロンドンのサザビーズで競売にかけられた。ジョイ・ディヴィジョン/ニュー・オーダーのベーシスト、ピーター・フックや俳優の中村梅雀は、オークションでエントウィッスルのベースの内のいくつかを落札した人物であった。ジョン・エントウィッスル フレッシュアイペディアより)

  • 叫び (エドヴァルド・ムンク)

    叫び (エドヴァルド・ムンク)から見たサザビーズサザビーズ

    『叫び』は5点以上が制作され、オスロのオスロ国立美術館所蔵の油彩画、同じくオスロのムンク美術館所蔵のテンペラ画とパステル画(1893年版)とリトグラフ、ノルウェー人実業家のペテル・オルセン(en)が所蔵し2012年5月2日にニューヨークでサザビーズで競売にかけられ、1億1990万ドル(日本円で約96億円)で落札されたパステル画(1895年版)の5点が知られている。このパステル画の落札価格は、絵画の競売落札価格として史上最高値となった(それまでの最高額は2010年に落札されたパブロ・ピカソの『ヌード、観葉植物と胸像』の1億650万ドル)。叫び (エドヴァルド・ムンク) フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「サザビーズ」のニューストピックワード