1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示
  • サザビーズ

    サザビーズから見た007 オクトパシー

    1983年のイギリス映画『007 オクトパシー』で、ジェームズ・ボンドは任務でサザビーズの競売に参加する。1999年のイギリス映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』の最後で、映画の登場人物の一人が「バザビーズ」とよばれる競売会社のオークション・カタログを見ているシーンがあり、これはサザビーズをもじったものと思われる。またアメリカ合衆国のアニメ『ファミリー・ガイ』のエピソード「ブラインド・アンビション」では、キャラクターのクリーブランド・ブラウンが、サザビーズの熟達した競売人であると言われている。サザビーズ フレッシュアイペディアより)

  • サザビーズ

    サザビーズから見た最高経営責任者

    2000年2月、サザビーズ社のCEOであったA・アルフレッド・トーブマンとダイアナ・ブルックスは、スキャンダルの真っ只中に足を踏み入れることとなった。これは、アメリカ連邦捜査局が競売を調査し、クリスティーズ社とサザビーズ社間でコミッション価格の操作を含めた共謀の事実があったことが明るみに出たためだった。同年10月、ブルックスは罪を認め、A・アルフレッド・トーブマンが原因だと指摘した。サザビーズ フレッシュアイペディアより)

  • サザビーズ

    サザビーズから見たヨーク・アベニュー (マンハッタン)

    今日、同社はアメリカドルにしておよそ20億ドルもの年間売り上げを誇り、オフィスをロンドンのニュー・ボンド・ストリートと、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンのヨーク・アベニューに構える。サザビーズの市場における支配的な位置は、自然な成長と企業買収(1964年、アメリカの美術品競売最大手、パーク・バーネット社の買収が最も有名)、そして前世紀の周期的な「芸術景気後退」期間における賢明な経営を通して獲得したものである。サザビーズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示

「サザビーズ」のニューストピックワード