194件中 91 - 100件表示
  • 江本城幸

    江本城幸から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    順天堂大学時代には大学選手権二連覇(1987年、1988年)、総理大臣杯優勝(1987年)に貢献。1989年に日本サッカーリーグ2部の住友金属(現在の鹿島アントラーズ)に加入するが、1993年のJリーグ開幕前に退団した。江本城幸 フレッシュアイペディアより)

  • 塗師亮

    塗師亮から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    2006年度 第55回全日本大学サッカー選手権大会準優勝塗師亮 フレッシュアイペディアより)

  • 米山篤志

    米山篤志から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    桐蔭学園高校時代、スランプに陥った時期に李国秀の勧めでミッドフィールダーからディフェンダーへと転向した。駒澤大学では2度の全日本大学選手権優勝やユニバーシアード日本代表選出などの輝かしい実績を引っさげ、在学中の1998年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に入団。同年2ndステージにはレギュラーポジションを獲得した。2000年には反則が不可避とも言えるDFというポジションでありながらフェアプレー個人賞を獲得した。米山篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 田中真二

    田中真二から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    1976年に浦和市立南高等学校(現さいたま市立浦和南高等学校)に進学。同級生の水沼貴史と共に1年次からレギュラーとなり、同年の全国高等学校サッカー選手権大会優勝に貢献、2年次にはベスト4に進出した。3年次には水沼と共に日本ユース代表に選出。1979年に中央大学へ進学すると同年夏に日本で開催されたFIFAワールドユース選手権に出場した。大学2年次の1980年には全日本大学サッカー選手権大会優勝に貢献した。田中真二 フレッシュアイペディアより)

  • 望月聡

    望月聡から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    滋賀県立守山高等学校3年次の高校選手権でベスト4進出。1983年に大阪商業大学進学。大商大時代は全日本大学サッカー選手権大会三連覇(1983年、1984年、1985年)、総理大臣杯二連覇(1984年、1985年)に貢献した。1987年に日本サッカーリーグ1部の日本鋼管サッカー部(後のNKKサッカー部、1993年に廃部)に入部、1987-88シーズンのリーグ2位、JSLカップ優勝に貢献し新人王の座を古俣健次(ヤマハ発動機)と争った。望月聡 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤正明 (サッカー選手)

    加藤正明 (サッカー選手)から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    法政大学時代は川勝良一、柳楽雅幸と共に1980年度の総理大臣杯優勝、大学選手権3年連続準優勝(1977年、1978年、1979年)に貢献し黄金時代を築いた。卒業後の1981年に日本サッカーリーグ2部の東芝サッカー部へ川勝、柳楽と共に入部。同年のJSLカップ決勝の三菱重工戦で2得点を上げ優勝に貢献した。加藤正明 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 高林隆

    高林隆から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    春日部高校時代に頭角を現し3年次に高校選手権埼玉県予選優勝。1950年に立教大学へ進学し3年次の1953年に大学選手権優勝に貢献すると、4年次に日本代表に選出された。また関東大学選抜にも1年次から選出されている。高林隆 フレッシュアイペディアより)

  • 轡田隆史

    轡田隆史から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    浦和高校ではサッカー部に所属し、1年次の1951年に高校選手権(第30回大会)、国民体育大会優勝の二冠を経験。高校選手権での決勝(大阪府立三国丘高等学校戦)では決勝点をアシストした。早大ではア式蹴球部に所属し、1955年の大学選手権制覇に貢献した。1993年には自身のサッカー人生や埼玉県のサッカー史を記した著作を残した(下記参照)。2009年9月には、2018年・2022年W杯の日本開催(2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想)を目指す招致委員会の委員に選ばれた。現在は高校時代を過ごしたさいたま市(旧浦和市)を中心に発行されているサッカー関係の同人誌、浦和フットボール通信でコラム連載や対談などを行っている。また、NHK-FM放送の番組「日曜喫茶室」には「常連客」として現在まで度々出演している。轡田隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 藤口光紀

    藤口光紀から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    新島学園高等学校サッカー部で活躍。頭脳明晰で知られ、1年の浪人後慶應義塾大学に合格。慶應義塾大学体育会ソッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、1969年に大学選手権優勝。在学中に日本代表に選出された。卒業後の1974年、三菱重工業株式会社に入社。日本サッカーリーグで活躍。通算成績は127試合出場・27得点。日本代表として国際Aマッチ25試合出場。1982年に現役引退。慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッドダイヤモンズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員等を歴任した。藤口光紀 フレッシュアイペディアより)

  • 浅見俊雄

    浅見俊雄から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    選手時代のポジションはハーフバック。埼玉県立浦和高等学校2年次の1950年に国民体育大会準優勝、3年次の1951年に高校選手権、国体、関東大会の三冠に貢献した。また同年には公式戦28試合、練習試合24試合の合計52試合無敗の記録を残した。その後、東京大学に進学し運動会ア式蹴球部に所属。1952年度(1953年1月)第1回大学選手権にて優勝。4年次には主将を務めた。浅見俊雄 フレッシュアイペディアより)

194件中 91 - 100件表示

「サッカー全日本大学選手権大会」のニューストピックワード