248件中 91 - 100件表示
  • 第2回全国大学サッカー選手権大会

    第2回全国大学サッカー選手権大会から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    第2回全国大学サッカー選手権大会は1954年1月2日から1月6日にかけて開催された全日本大学サッカー選手権大会である。立教大学が初優勝を果たした。第2回全国大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 西田吉洋

    西田吉洋から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    同志社大学在学中には3年次に全日本大学サッカー選手権大会で得点王をマークする活躍で、同校初の決勝戦進出を牽引。また、ユニバーシアード(バッファロー大会)の日本代表フォワードとして活躍した。1995年、卒業と同時にサンフレッチェ広島へ入団。同期に久保竜彦、大木勉、山根巌、吉村光示、萩野英明、三浦和俊、水田月満、玉田真人。当初はフォワードとしてプレーしていた。西田吉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 第1回全国大学サッカー大会

    第1回全国大学サッカー大会から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    第1回全国大学サッカー大会は1953年1月2日から1月6日にかけて開催された全日本大学サッカー選手権大会である。東京大学が優勝を果たした。第1回全国大学サッカー大会 フレッシュアイペディアより)

  • 鏑木享

    鏑木享から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    小学校2年生の時にサッカーを始める。1992年に水戸短期大学付属高校に入学し、2年生・3年生時に全国高校選手権に出場。1995年、国士舘大学に進学し、サッカー部に所属。同期には熱田眞、金沢浄、小林稔、齋藤誠一、富永英明らがおり、在部中の4年間に関東大学リーグ1部で3度、インカレで2度の優勝を果たした。1998年には新たに参入したJFLで大活躍し、同リーグに所属する東京ガスサッカー部監督大熊清の推薦を受けてオールスター戦に出場。この試合で2アシストと結果を残し、プロの舞台でも通用するという手応えを掴んだ。鏑木享 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回全国大学サッカー選手権大会

    第5回全国大学サッカー選手権大会から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    第5回全国大学サッカー選手権大会は1957年1月2日から1月7日にかけて開催された全日本大学サッカー選手権大会である。東京教育大学が2年ぶり2回目の優勝を果たした。第5回全国大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第4回全国大学サッカー選手権大会

    第4回全国大学サッカー選手権大会から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    第4回全国大学サッカー選手権大会は1956年1月2日から1月6日にかけて開催された全日本大学サッカー選手権大会である。早稲田大学が初優勝を果たした。第4回全国大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 鵜飼建吾

    鵜飼建吾から見た全日本大学サッカー選手権全日本大学サッカー選手権大会

    父・鵜飼哲也はかつて古河電気工業サッカー部に所属し、兄・鵜飼宏長も元Honda FC所属選手というサッカー一家に生まれた。神奈川県横浜市生まれ、後に一家で愛知県刈谷市に移住。3歳の時から地元クラブでサッカーを始め、中学生時には名古屋グランパスJr.ユースに所属。高円宮杯U-15優勝の経験がある。中京大学付属中京高等学校を経て中京大学では4年次に全日本大学サッカー選手権4強入りを果たす。2008年にヴァンフォーレ甲府のキャンプに参加し、実力が認められて入団を果たしたが1年で退団、2009年よりファジアーノ岡山FCへ移籍した。ファジアーノ岡山ネクストへの登録変更を経て、同年末に契約満了に伴い退団した。鵜飼建吾 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡産業大学サッカー部

    静岡産業大学サッカー部から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    1998年に東海学生リーグ1部に昇格し初優勝。全日本大学サッカー選手権大会に初出場した。また、スルガカップ争奪静岡県サッカー選手権大会(兼天皇杯全日本サッカー選手権大会静岡県予選)で優勝し、天皇杯に初出場した。1999年、東海学生リーグ1部を2年連続で優勝した。静岡産業大学サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 数野篤人

    数野篤人から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    山梨県立機山工業高等学校を経て1971年に日本体育大学に進学。日体大時代は2年次からレギュラーとなり、1974年度の春季対抗戦(関東大学サッカーリーグ戦一部)優勝、1975年度の全日本大学選手権大会優勝に貢献した。卒業後は郷里の山梨県で教師を務める傍ら日本サッカーリーグ(JSL)2部の甲府サッカークラブ(日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のヴァンフォーレ甲府の前身)に在籍。1978年シーズンにJSL2部で12得点を挙げ得点王に輝き、リーグ戦3位の原動力となった。教職としては山梨県北杜市立小淵沢中学校校長、甲府市立甲運小学校校長、甲府市立上条中学校校長などを歴任後2014年3月に退職。数野篤人 フレッシュアイペディアより)

  • 平田生雄

    平田生雄から見た全日本大学サッカー選手権大会全日本大学サッカー選手権大会

    幼少期は長嶋茂雄に憧れた野球少年だったが、小学6年時の1962年に似島へ戻った事が転機となる。当時実家の2階には広島市立似島中学校サッカー部を創部した渡部定彦が下宿しており、また似島は当時「サッカーの島」と言われたぐらいサッカーの盛んな所であったことから、進学した似島中で渡部の指導のもとサッカーを始めることになる。高校は進学校の広島皆実高校へ進み、3年時の1968年には平木隆三率いる全日本ユース代表に選出されている。この時の代表メンバーは18人中9人が広島出身者で、多くがJSL各チームの主力選手として活躍した(詳細は崎谷誠一の項目を参照)。高校卒業後は法政大学に進学し、在学中の1970年には全日本大学サッカー選手権大会で優勝を果たす。大学卒業後は山口県熊毛郡平生町を拠点に活動していた永大産業サッカー部に入部。永大は恩師である渡部定彦の実兄・渡部英麿が中心になって強化しており、その監督である大久保賢は高校の先輩でもあった。チームは1974年からJSL1部入りし、平田もDF登録で試合に出場している。1976年以降は選手ではなくマネージャーとして活躍したが、親会社の永大産業がオイルショック以降の不況に伴う業績不振により1977年を持って廃部となってしまった。廃部後は塩澤敏彦監督とともに選手の再就職先を探した。1978年、永大のコーチだったセルジオ越後と共に「さわやかサッカー教室」(日本サッカー協会公認・日本コカ・コーラ後援、現在のアクエリアスサッカークリニック)を開設。越後と共に日本中を指導・普及して周り、2004年までで延べ人数約45万人の指導をしてきた。この間、1996年にJFA 公認S級コーチライセンスを取得。関西地方のサッカー発展にも貢献した。平田生雄 フレッシュアイペディアより)

248件中 91 - 100件表示

「全日本大学サッカー選手権大会」のニューストピックワード