前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たAFCアジアカップ

    第3回大会は、2007年の予定だったが、AFCアジアカップが前倒し開催となった影響で2008年に後送りとなった(中国・重慶で2008年2月17日?24日に開催)。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たサッカー日本代表

    シードの日本、韓国、中国の3か国を除いた7チームによりセントラル方式の予選大会を実施。上位1チームが決勝大会進出。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たサッカーオーストラリア代表

    2012年4月11日の第35回EAFF理事会で、東アジア選手権から男子大会は東アジアカップ()、女子大会は女子東アジアカップ()に大会名称が変更された。また、同時に、韓国で2013年に開催される東アジアカップからオーストラリアの男女代表とも同大会からゲスト参加(連盟に加盟するのではなく、大会のみ参加)する方向で検討中と同理事会で発表され、同年8月30日に正式に決定した。オーストラリアは男女代表とも、2012年の東アジアカップ予選大会に出場した。オーストラリア男子代表は香港で同年12月1日から9日に開催される予選第2ラウンドから参加し、予選を突破し、本大会出場を決めた。オーストラリア女子代表は中国で同年11月20日から24日に開催される予選から参加したが、予選で敗退した。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見た重症急性呼吸器症候群

    第1回大会は、当初5月から6月にかけて行われる予定であったが、新型肺炎SARSの影響により、12月の開催となった。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たサッカー大韓民国代表

    シードの日本、韓国、中国の3か国を除いた7チームによりセントラル方式の予選大会を実施。上位1チームが決勝大会進出。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たサッカー朝鮮民主主義人民共和国女子代表

    2005年大会については本大会のみで、出場4チームはEAFFの推薦により決定されたが、2008年大会から予選が実施される。2008年大会のシード国は中国、北朝鮮、日本で、残り1チームをセントラル方式の予選で決定する。本大会の形式は男子と同様。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たサッカー中華人民共和国女子代表

    2005年大会については本大会のみで、出場4チームはEAFFの推薦により決定されたが、2008年大会から予選が実施される。2008年大会のシード国は中国、北朝鮮、日本で、残り1チームをセントラル方式の予選で決定する。本大会の形式は男子と同様。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たサッカーオーストラリア女子代表

    2012年4月11日の第35回EAFF理事会で、東アジア選手権から男子大会は東アジアカップ()、女子大会は女子東アジアカップ()に大会名称が変更された。また、同時に、韓国で2013年に開催される東アジアカップからオーストラリアの男女代表とも同大会からゲスト参加(連盟に加盟するのではなく、大会のみ参加)する方向で検討中と同理事会で発表され、同年8月30日に正式に決定した。オーストラリアは男女代表とも、2012年の東アジアカップ予選大会に出場した。オーストラリア男子代表は香港で同年12月1日から9日に開催される予選第2ラウンドから参加し、予選を突破し、本大会出場を決めた。オーストラリア女子代表は中国で同年11月20日から24日に開催される予選から参加したが、予選で敗退した。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見た中華人民共和国

    2003年に第1回大会を日本で開催し、以後2年ごとに日本、韓国、中国の3か国持ち回りで開催されている。同年に国際Aマッチデー制度が開始されたが、アジアサッカー連盟(AFC)の公式戦消化にAマッチデーは使われる為、当初から東アジア選手権(現東アジアカップ)本大会及び予選はAマッチデーではない日に開催されている。この為、全ての出場国がベストメンバーを組めるわけではない。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアカップ

    東アジアカップから見たオーストラリアサッカー連盟

    2012年4月11日の第35回EAFF理事会で、東アジア選手権から男子大会は東アジアカップ()、女子大会は女子東アジアカップ()に大会名称が変更された。また、同時に、韓国で2013年に開催される東アジアカップからオーストラリアの男女代表とも同大会からゲスト参加(連盟に加盟するのではなく、大会のみ参加)する方向で検討中と同理事会で発表され、同年8月30日に正式に決定した。オーストラリアは男女代表とも、2012年の東アジアカップ予選大会に出場した。オーストラリア男子代表は香港で同年12月1日から9日に開催される予選第2ラウンドから参加し、予選を突破し、本大会出場を決めた。オーストラリア女子代表は中国で同年11月20日から24日に開催される予選から参加したが、予選で敗退した。東アジアカップ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示

「サッカー東アジアカップ」のニューストピックワード