12219件中 11 - 20件表示
  • HEAVENイレブン

    HEAVENイレブンから見たサッカーサッカー

    瀬戸内海に浮かぶ鬼灯島にて生まれ育った西郷太平と大久保晃。ある事件をきっかけにサッカーに出会い、全国に名を轟かせるべく、仲間と共に幾多の苦難苦境を乗り越えて行く暴走究極サッカーギャグ漫画。HEAVENイレブン フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たサッカーサッカー

    フットサル(Futsal)は、基本的には室内で行われるサッカーに似て非なる競技である。長らく非公式に行われ統一ルールというものが存在しなかったが、1989年に国際サッカー連盟(FIFA) がフットサルも管轄することになり、1994年には世界共通の統一ルールをまとめた。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • ブレーメン (お笑い)

    ブレーメン (お笑い)から見たサッカーサッカー

    岡部秀範(おかべひでのり、1981年7月31日 - )ツッコミ兼サッカー担当(?)ブレーメン (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーシアードサッカー競技

    ユニバーシアードサッカー競技から見たサッカーサッカー

    ユニバーシアードにおけるサッカー競技は、男子競技と女子競技が行われており、そのうち男子競技は1979年のメキシコシティー大会で公開競技として実施、1985年の神戸大会から正式競技として実施されている。また、女子競技は1993年のバッファロー大会から実施されている。ユニバーシアードサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーハンガリー代表

    サッカーハンガリー代表から見たサッカーサッカー

    サッカーハンガリー代表(Magyar labdarúgó-válogatott)はハンガリーサッカー連盟(MLSZ)によって編成されるハンガリーのサッカーのナショナルチームである。サッカーハンガリー代表 フレッシュアイペディアより)

  • 国際Aマッチ

    国際Aマッチから見たサッカーサッカー

    国際Aマッチ(こくさいAマッチ、international "A" match)とは、サッカーのAナショナルチーム(年齢制限のない代表チーム)同士の国際公式試合のこと。対戦国のどちらかがAナショナルチームではない場合は国際Aマッチとならない。また、対戦国のどちらかが国際サッカー連盟(FIFA)に未加盟だった場合も、国際Aマッチとして認可されない(FIFAには記録も残らない)。サッカー以外ではハンドボールやフィールドホッケーでもこう表現する場合もある。なお、FIFAランキングは男女とも国際Aマッチの結果のみで計算される。国際Aマッチ フレッシュアイペディアより)

  • ギャグマンガ日和の登場キャラクター

    ギャグマンガ日和の登場キャラクターから見たサッカーサッカー

    サッカーで変なタックルやスライディングを連発する。とりつかれたようにタモを振り回していたところ、アカトンボを捕獲。アカトンボについて疑問を持つようになる。ギャグマンガ日和の登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • ベルリンオリンピック

    ベルリンオリンピックから見たサッカーサッカー

    イタリア(サッカー男子)ベルリンオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 川上剛司

    川上剛司から見たサッカーサッカー

    身長163cm、体重63kgと小さな体で戦い、2005年からプロ格闘家として本格的に活動を始め、2012年からはタレントとして芸能活動も始める。元々は正道会館に所属していたが、現在は正道会館に所属はしていない。現在の所属は本人が公表をしないようにしている。家族は3人姉弟の2番目で長男(姉と弟がいる)。両親は離婚していて、母子家庭で育てられるが、母親は2004年9月に卵巣癌で他界。A型。両親、姉弟もA型。右利きである。23才の頃までは体重が45kgしかなかった。中学時代はサッカー部に所属していて中学3年生になった時にK-1に憧れてサッカー部を辞めた。小学生の頃から体操競技も得意としバク転なども簡単にできるほど昔からアクロバティックな事をするのが好きだった。体操競技を練習したのは常にジャッキーチェンを尊敬していてDVDも購入するほど大ファンであるためである。普段は、ボケもツッコミもするおふざけキャラで、ホスト時みたいな服装や髪型、介護ヘルパー2級の資格も持っているためか、優しく真面目なところがあり、見た目とのギャップがありすぎて、友人などにも格闘家には見えないと言われている。しかし、元No.1ホストと言う経歴を持ち介護ヘルパーの資格を持つ異色の格闘家。2008年西日本空手道選手権大会(無差別級)4位、2008年全日本ウエイト制空手道選手権大会(軽中量級)では準優勝、2009年全日本ウエイト制空手道選手権大会(軽量級)優勝と最優秀選手賞、2010カラテワールドカップ(軽量級)でも優勝と、3年間の内に5個のタイトルを獲得し、空手2年連続のチャンピオンと2冠のチャンピオンに輝いている。普段は体重57〜60kg、体脂肪率は10%前後を維持し、試合1ヶ月前から食事やトレーニングで体重を63kg前後、体脂肪率は普段と同じ10%前後に合わせている。元々体重が増えない体質のためか3kg増やすためにかなりの苦労をしている。体格や身長差などをカバーするために無理なトレーニングや試合をしているためか、1年に3回ぐらい右手の指や拳を骨折している。自分では「才能がないから他人より努力をする」と常に心掛けていて、念願の空手チャンピオンに28才にして獲得した。スタイルとしては主に空手やキックボクシングを主体としているが、空手やキックボクシング以外にも、ボクシング、テコンドー、総合格闘技などさまざまな格闘技も習得している。剣術、棒術、トンファー、ヌンチャクなども使いこなせる。現在は瓦割りやバット折り、護身術、講義や経験談を語ったりしながらイベント活動や芸能活動を中心にタレントとしても活躍している。時にはボディガードなども行い、常にトップアスリートのトレーニングやプロ格闘家としてのスパーリングを欠かしてはいない。川上剛司 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーショップ加茂

    サッカーショップ加茂から見たサッカーサッカー

    新宿駅南口近くにある。1階はサッカーのレプリカユニフォームなど。2階はシューズやボールなどプレーヤー向けの用具を取り扱っている。サッカーショップ加茂 フレッシュアイペディアより)

12219件中 11 - 20件表示

「サッカー」のニューストピックワード