12219件中 31 - 40件表示
  • 国技

    国技から見たサッカーサッカー

    国技と呼ばれているスポーツでも、必ずしもその国で人気ナンバー1のスポーツとは限らない。確固たる人気を得たスポーツであっても、様々な理由で国技として認知されないことがある。特に、そのスポーツが「外国から輸入されたもの」という認識が強く、より一層自国の文化に根ざしたスポーツや伝統武道が他に存在する場合には国技と見なされないケースが多い(例:日本における野球、中国におけるバスケットボール、フランスにおけるサッカー)。この場合、「国民的スポーツ」などという表現をすることが多い。国技 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たサッカーサッカー

    旧浦和市は埼玉県庁が置かれて以来、裁判所や県警察などの行政機能が集積し、埼玉県の行政の中枢として発展した。関東大震災での被害が小さかったことから、大正時代以降、東京や神奈川からの移住者が相次いで人口が増えた旧浦和市は、瑛九や高田誠など多くの画家の活動の舞台でもあり、同時にサッカーの盛んな地としても知られるようになる。また、旧市内には埼玉大学や浦和高校、埼玉県立浦和図書館などの機関が設置されている。東京都心への利便性が良い事から、合併前の時点で埼玉県内最大の人口を擁しており、合併後の現在、旧浦和市域単独でも人口が50万人を超えている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • 朝比奈隆

    朝比奈隆から見たサッカーサッカー

    1923年(大正12年)に養父が1925年(大正14年)に養母が相次いで病死したため朝比奈姓のまま生家の小島家に戻る。この養父母の死によって、朝比奈は実父が渡辺嘉一と知る。また、実母に関しても朝比奈の長男朝比奈千足は、朝比奈隆伝の著者・中丸美繪に「父が、嘉一と小島里との間の子供であること、父が里の三男であることに関しては確証がありません」と証言している。同年9月の関東大震災で焼け出されて朝比奈家で同居していた父方の親戚の岡部左久司(当時、早稲田高等学院在学中。のち内務省技官)の影響でヴァイオリンの魅力に惹かれ、朝比奈家の祖母からヴァイオリンの焼け残りの中古品を買い与えられたことがきっかけで音楽に興味を示すようになった。当初は東京高等学校尋常科の音楽教師田中敬一にヴァイオリンを習っていたが、やがて田中の紹介で橋本国彦に師事するに至る。ヴァイオリンの練習の傍ら、サッカーや登山、スキー、乗馬、陸上競技などのスポーツにも熱中していた。当時の同級生かつヴァイオリン仲間に篠島秀雄がいる。朝比奈隆 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ報知

    スポーツ報知から見たサッカーサッカー

    巨人関連の報道が中心のスポーツ紙としての役割だけではなく、松井秀喜やイチロー、松坂大輔など日本人選手の活躍が目立つMLBや、国内外のサッカーの報道、芸能ニュース、社会面記事などにも力を入れ、紙面が多様化している。かつては勝っても負けても一面は巨人だったが、巨人が負けた場合は他の情報で一面を飾ることが多い。また、地方版がある地域ではカラー化、スペース増など、紙面充実へ強化を図っている。スポーツ報知 フレッシュアイペディアより)

  • 筋肉番付シリーズ

    筋肉番付シリーズから見たサッカーサッカー

    KICK TARGET(キックターゲット/サッカー筋肉番付シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • アンスバッハ

    アンスバッハから見たサッカーサッカー

    TSV Elpersdorf (サッカー、テニスなど)アンスバッハ フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見たサッカーサッカー

    6歳の頃、父に連れられてゴルフ練習場に行ったのをきっかけに、ゴルフにのめりこむ。小学校時代は、サッカークラブ、園芸委員会に所属。当時から松伏町の自宅から車で30分程度の距離にある、千葉県野田市にあるゴルフ練習場に通って練習をしていた。中学校は、地元の松伏町立松伏第二中学校に進学。中学にゴルフ部がなかったため、陸上部に所属した。理由は、短距離走で足の筋力と体力を付けるため。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 応援団

    応援団から見たサッカーサッカー

    広義の意味で捉える場合には、本来の応援団組織から離れ、転じて、ある特定の人や集団を応援する人を指すこともある。例えば、人生応援団、カラダ応援団などであるが、それらは、本来の応援団の組織としての慣習、慣例の文化は引きずらない。また、同じスポーツの分野でも、ファンとしての集団や支持者なども一般的には応援団と称する場合がある。このケースにおいても、前述で主に説明したいわゆる学生応援団とは、集団としての体質や文化などが異なる場合が多い。種目にもよるが、スポーツの分野においても旧来なら一口に応援団と称するような支持集団も、サッカー競技における「サポーター」のような、従来とは異なる呼称を用いる場合も多い。このように時代の推移と共に「応援する集団」と一口に言っても、その対象により細分化が進んでいて、一般に応援団と呼ぶ場合の多くは「学生応援団」を指し、実際に構成員が学生ではない場合でも学生応援団の組織文化を模倣した集団のことをいう傾向が強い。応援団 フレッシュアイペディアより)

  • ローマ

    ローマから見たサッカーサッカー

    ローマで最も人気のあるスポーツはサッカーである。スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマでは1990 FIFAワールドカップ決勝試合が行われ、現在はセリエAのASローマとSSラツィオ、セリエC1のアトレティコ・ローマの本拠地として使用されている。各チーム間には猛烈なライバル意識があり、ローマのスポーツ文化として定着している。ASローマのフランチェスコ・トッティやダニエレ・デ・ロッシを初めとし、各チームでは有名選手が在籍、また有名選手が誕生しやすい傾向がある。ローマ フレッシュアイペディアより)

  • コスモスストライカー

    コスモスストライカーから見たサッカーサッカー

    『コスモスストライカー』は原作田中誠一・作画戸舘新吾による日本の漫画作品。サッカーを題材にしているが、試合中、味方・敵問わず様々な登場人物が、強烈なシュートで対戦相手を殺傷する、右手に内蔵されたブラックホールでサッカーボールを吸い寄せるなどの人間離れした必殺技を披露する。コスモスストライカー フレッシュアイペディアより)

12219件中 31 - 40件表示

「サッカー」のニューストピックワード