174件中 81 - 90件表示
  • サッカー

    サッカーから見たギリシャ語

    次にを(足)と(ボール、球)に分解して、自分達の言語での訳語をそれぞれ当てはめる呼称の仕方が存在する。が典型で、がに、がに相当する。ヨーロッパの言語ではゲルマン語派に特徴的な表記方法であるが、これらの言語は語彙的に英語に近い(英語はゲルマン語派)ためとのように語彙的な違いが全くないか、あってもとのように違いがそれほど感じられない場合も多い。オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、アイスランド語等がこれに相当する。この方法を踏襲するのはゲルマン語派に限らず、近隣の言語にも影響している。フィンランド語やギリシャ語、アラビア語などが相当する。これらの言語は英語と語彙がかなり乖離しているためゲルマン系の言語とは印象が大きく異なる。また、を外来語として用いることが多いロマンス語の系統の中で、イタリア語が、この表記法に近い面を有する。は元々「蹴る」という意味の言葉が変化したものである。イタリア語でカルチョと呼ぶのは歴史的な理由がある為である。また、という言葉がある。これは(ボール)と(足)を組み合わせた語であるが、一部のクラブの名称としては使われるが、英語からの外来語のフトボル()のほうが一般的である。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見た脳性麻痺

    脳性麻痺者による「脳性麻痺7人制サッカー(CPサッカー)」 - パラリンピック採用競技サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見たFIFA U-20女子ワールドカップ

    また、スキャモンの発達曲線から区分された育成年代のサッカー選手の各発達段階に国際経験を積むことで、更なる成長を促すという目的で各年代別世界大会が男女とも開催されている。男子は1977年に開始されたFIFAワールドユース選手権(現FIFA U-20ワールドカップ)、女子は2002年に開始されたFIFA U-20女子ワールドカップが最初に開始されたFIFAの年代別世界大会である。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見たダービーマッチ

    ダービーマッチ : 同一都市に本拠地を置くチーム同士の対戦。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見たロンドンオリンピック (1908年)

    サッカーで最初の国際大会は、オリンピックサッカー競技であった。公開競技としては第一回のアテネオリンピックから行われており、1908年のロンドンオリンピックで公式競技として採用された。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見た朝鮮語

    漢字文化圏における漢字表記でも、 (ズーチィウ)が当てられている(例:2001年の香港映画で、日本で2002年に公開された「少林サッカー」=原題「」)。これはゲルマン系の言語と同じケースである。一方同じ漢字文化圏でも日本語では「蹴球(しゅうきゅう)」という漢字が当てられている。これは古来の遊戯「蹴鞠」(けまり)を連想して名づけられたといわれ、文献史料等を検討すると日本にサッカーが本格的に普及し始めた1905年以降の創作と考えられる。これ以前の文献には、フートボール、アッソシエーションフットボール、フットボールが散見され、「蹴球」が現れるのは大正時代になってからである。漢字表記自体が一般的ではないものの、朝鮮語における漢字表記も「蹴球(、チュックー、ツックー)」が用いられる。これは、1945年まで続いた日本統治の結果として、同一の協会(大日本蹴球協会、現在の財団法人日本サッカー協会の前身)の下にあった影響が大きい。漢字表記が用いられなくなっても呼び方はこのままで変わっていない。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見た文化

    スポーツ文化としてのサッカーについてはサッカー文化を参照。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見たレッドカード

    レッドカード : 退場を告げる際に主審が提示するカード。大会、形式によっては次の試合出場停止。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見たラテンアメリカ

    サッカーはボール以外に特に重要な道具を必要とせず、ルールも単純なため、先進国のみならず経済水準や教育水準が低い国に至るまで広く普及している。11人でチームを作りグラウンドの上でプレーするという形態以外にも、様々な姿に形を変え、ラテンアメリカやヨーロッパを中心に老若男女を問わず、世界中のあらゆる地域でプレーされている。世界中のほとんどの国でナショナルチームが組織されていることはその現われの一つである。母数が多いため、純粋な統計を調べることは難しいが、競技人口および国際的な認識が最も高いスポーツの一つであるといえる。FIFAには全世界209の国と地域のサッカー協会が加盟しており、この他にもFIFA未加盟のサッカー協会が複数存在する(FIFA非加盟協会会議参照)。競技人口は2006年時点で2億6500万人以上(FIFA加盟の各国サッカー協会に登録料を支払い登録している選手の合計)で、競技人口に審判や競技役員も合わせたサッカー競技活動従事者は2億7千万人以上と国際サッカー連盟(FIFA)は発表している。各国別の競技人口ランキングも、FIFA公式HPで閲覧することが出来る(All Playersは各協会未登録者も合わせた競技人口、Registered playersは各協会登録競技者人口、Unregistered Playersが各協会未登録競技人口、Clubsがクラブ数、Officialsが競技役員総数)。サッカー フレッシュアイペディアより)

  • サッカー

    サッカーから見たイートン・カレッジ

    こうして1850年代までにはイートン・カレッジを中心とする「手を使うことを禁止するルール」と、ラグビー校を中心とする「手を使うことを許可するルール」との二大勢力に収束していったが、両者の間には依然として大きな隔たりがあった。長きにわたる対立を解消しようと、1863年10月26日にイギリスのロンドンにある居酒屋フリーメイソンズ・タバーンに、ロンドンの12(11とする資料もある)のクラブがフットボール協会を設立する為に集まり、最終的なルール統一を目指した協議が開催された。参加したクラブは、バーンズ、ブラックヒース(後に脱退)、ブラックヒース・スクール、クルセーダーズ、クリスタル・パレス、フォレスト、ケンジントン・スクール、ノー・ネイムズ、パーシバル・ハウス、サーピトンなどである。この内、一部のクラブの代表は、ボールを持って走ること、ボールを運んでいる相手にハッキング(すねをけること)、トリッピング(引っ掛けてつまずかせること)およびホールディング(おさえること)を行うことが認められなくなったことに合意できず、この協議は物別れに終わる。ラグビー校の代表及びブラックヒースが席を立ち、遂に2つの競技(サッカーとラグビー)の決別が図られたのである。これこそがサッカー誕生の瞬間であった。「手を使うことを禁止する」ルールを主張していたパブリックスクールの代表者らによって、フットボール・アソシエーション(Football Association 略称FA)が設立され、こうしたフットボールを協会式フットボール Association Football と呼ぶようになった。その省略形 soc に「人」を意味する -er をつけたものが soccer の語源であり、1880年代頃から使われているといわれている。その後、1863年12月8日までに6回のミーティングを持って、この日14条から成る世界で最初のサッカー統一ルールが誕生した。このサッカー統一ルールでの世界初の試合(つまり世界初のサッカーの試合)は、1863年12月19日にイングランドで行われたリッチモンド対バーンズ戦で、0-0の引き分けだった。サッカー フレッシュアイペディアより)

174件中 81 - 90件表示

「サッカー」のニューストピックワード