サハリン2 ニュース&Wiki etc.

サハリン2()プロジェクトとは、サハリン州北東部沿岸に存在する石油および天然ガス鉱区と関連する陸上施設の開発プロジェクトの名称。サハリン・エナジー社(en)がプロジェクトのオペレーターを務める。 (出典:Wikipedia)

「サハリン2」Q&A

  • Q&A

    第二青函トンネルについて 2015年度予算で調査開始が決まったわけですが、2020…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2015年1月25日 10:02

  • Q&A

    日本の教科書を知人から借りて見ました。 最初は歴史を歪曲してると思っていましたが実際…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2015年1月15日 00:00

  • Q&A

    経済困窮のロシアはサハリン2を 三井、三菱、シェルに買い戻させますか?

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年1月6日 18:27

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「サハリン2」のつながり調べ

  • 樺太

    樺太から見たサハリン2

    北樺太は、樺太・千島交換条約以来のロシア領であり、ロシア帝国時代は沿海州、ソビエト連邦時代は当初は日本のシベリア出兵によって日本国の実効支配下にあったが、1925年に日ソ国交樹立で日本軍が撤退するとハバロフスク地方として置かれ、その後はサハリン州に属し、ロシア連邦となった現在も引き続きサハリン州に属している。主な都市はオハやアレクサンドロフスク・サハリンスキー(日本名:オッチシ・落石)である。オハ油田、サハリンプロジェクト(サハリン1、サハリン2)が代表的な石油産業である。(樺太 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン州

    サハリン州から見たサハリン2

    またホルムスク=セヴェルヌイ駅(旧北真岡駅)に隣接して設けられたサハリン西海洋港()はソ連時代に漁業船団基地だった港で、一時廃港状態だったものの、2002年以降サハリン2プロジェクトのサハリン側の荷役基地として大規模な整備が進められ、現在は最新の荷役設備を備えた大型貨物港としてサハリンプロジェクトを支えている。(サハリン州 フレッシュアイペディアより)

「サハリン2」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ