前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • ロシアの経済

    ロシアの経済から見たサハリン2サハリン2

    1994年 6月 「サハリン2」の生産物分与協定(PSA)に署名ロシアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン州

    サハリン州から見たサハリン2サハリン2

    またホルムスク=セヴェルヌイ駅(旧北真岡駅)に隣接して設けられたサハリン西海洋港()はソ連時代に漁業船団基地だった港で、一時廃港状態だったものの、2002年以降サハリン2プロジェクトのサハリン側の荷役基地として大規模な整備が進められ、現在は最新の荷役設備を備えた大型貨物港としてサハリンプロジェクトを支えている。サハリン州 フレッシュアイペディアより)

  • 亜庭湾

    亜庭湾から見たサハリン2サハリン2

    近年、サハリン2の開発事業(サハリンプロジェクト)において亜庭湾への浚渫土砂投棄が問題視されている。これには日本の漁業関係者のみならず、コルサコフの行政もこの行為に反対している。亜庭湾 フレッシュアイペディアより)

  • アインス宗谷

    アインス宗谷から見たサハリン2サハリン2

    サハリン航路は運航開始から赤字が継続しており、稚内市の補助金・助成を受けて運航されていたが、サハリン2の竣工などから貨物取扱量が減少したため、ハートランドフェリーは2011年に航路撤退の可能性を表明した。補助金・助成の強化などにより運航は継続され、その後は毎年6月から9月にかけて約30往復が運航されていた。2014年9月にハートランドフェリーは改めて撤退を表明、助成の期限となる2015年で運航を終了するとした。その後、サハリン航路は2015年9月18日で運航を終了した。アインス宗谷 フレッシュアイペディアより)

  • カントリーリスク

    カントリーリスクから見たサハリン2サハリン2

    ロシア政府によるサハリン1、サハリン2の開発中止命令カントリーリスク フレッシュアイペディアより)

  • プリゴロドノエ (サハリン州)

    プリゴロドノエ (サハリン州)から見たサハリン2サハリン2

    日露戦争の際、日本軍が最初に上陸したのは、この地である (樺太作戦)。1905年、ポーツマス条約により日本に割譲され、「深海」と称した。1945年、ソ連が占領し、統治するところとなった。現在は、サハリン2プロジェクトにより敷設される原油・ガスパイプラインの南端に位置しており、2008年中の稼動を目指して、石油・液化天然ガスを輸出する港湾施設と大規模な液化天然ガス工場の建設が進められている。完成後は、冬季には流氷により船舶の航行が困難なオホーツク海を避けて、陸路でサハリン北部の原油・ガスを供給できるため、現在は夏季に限られている操業が一年を通じて可能になる予定である 。プリゴロドノエ (サハリン州) フレッシュアイペディアより)

  • インターネット告発

    インターネット告発から見たサハリン2サハリン2

    従来の告発手段としては、裁判やビラまきなどがあったが、裁判は手間が煩雑で費用負担が大きく、ビラまきはマスコミにでも取り上げられない限り、問題の存在を訴えかけられる範囲が限定的であるという状況にあった。これに対し、ネット告発は費用負担が小さく、またインターネットを通じて広く世間に問題の存在を訴えかけることができる。こうして問題が世間に知れ渡った結果、問題の改善や企業行動の変更が行われる場合がある(一例としては、イギリスの銀行が顧客へ約6,000億円とも言われる手数料を返還した事例や、サハリン2でシェルが権益をロシアに譲渡せざるを得ない状況の一因となった事例などがある)。インターネット告発 フレッシュアイペディアより)

  • サハリンプロジェクト

    サハリンプロジェクトから見たサハリン2サハリン2

    サハリンプロジェクト()とは、ロシア連邦サハリン州で行われている油田、天然ガス田の開発プロジェクト。鉱区は樺太島全域に1から8に分かれて存在し、1、2については、それぞれサハリン1プロジェクト、サハリン2プロジェクトとして、ネフチェゴルスク地震が起きた1990年代から生産プラント、パイプラインなどの建設が進められている。サハリンプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン

    サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプラインから見たサハリン2サハリン2

    元々このパイプラインは主としてサハリン3プロジェクトで生産された天然ガスを輸送する計画であった。だがサハリン3の開発が遅れたため、ガスプロムはエクソンモービルの出資するサハリン1プロジェクトをガスの主要供給元としようとしたが、2011年7月の時点では契約に至っていない。2011年9月の稼働時にはサハリン2のガスが主要供給元となっている。サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン フレッシュアイペディアより)

  • 天然ガスパイプライン

    天然ガスパイプラインから見たサハリン2サハリン2

    2009年にロシアサハリン2ガス田産液化天然ガスの受け入れが開始されたが、サハリン1ガス田と併せてサハリンプロジェクト産天然ガスについては液化せずそのままパイプラインにより直接に北海道、または朝鮮半島経由で輸入する国際パイプライン構想がある。天然ガスパイプライン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示