前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • ロシアの経済

    ロシアの経済から見たサハリン2サハリン2

    1994年 6月 「サハリン2」の生産物分与協定(PSA)に署名ロシアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン州

    サハリン州から見たサハリン2サハリン2

    またホルムスク=セヴェルヌイ駅(旧北真岡駅)に隣接して設けられたサハリン西海洋港()はソ連時代に漁業船団基地だった港で、一時廃港状態だったものの、2002年以降サハリン2プロジェクトのサハリン側の荷役基地として大規模な整備が進められ、現在は最新の荷役設備を備えた大型貨物港としてサハリンプロジェクトを支えている。サハリン州 フレッシュアイペディアより)

  • ノグリキ

    ノグリキから見たサハリン2サハリン2

    古くから漁業、林業で栄えてきたが、近年は石油・天然ガス事業の中心地として発展してきた。ノグリキからオハにかけての地域は、石油・天然ガスの宝庫で、町の南部のカタングリはサハリン最古の油田のひとつであり、北には石油の町ネフチェゴルスクがあった。サハリン2プロジェクトの拠点となっている。ノグリキ フレッシュアイペディアより)

  • 亜庭湾

    亜庭湾から見たサハリン2サハリン2

    近年、サハリン2の開発事業(サハリンプロジェクト)において亜庭湾への浚渫土砂投棄が問題視されている。これには日本の漁業関係者のみならず、コルサコフの行政もこの行為に反対している。亜庭湾 フレッシュアイペディアより)

  • サハリンプロジェクト

    サハリンプロジェクトから見たサハリン2サハリン2

    サハリンプロジェクト(さはりんぷろじぇくと)とは、ロシア・サハリン州で行われている油田、天然ガス田の開発プロジェクト。鉱区は樺太島全域に1?8に分かれて存在し、1、2については、それぞれサハリン1プロジェクト、サハリン2プロジェクトとして1990年代から生産プラント、パイプラインなどの建設が進められている。サハリンプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • インターネット告発

    インターネット告発から見たサハリン2サハリン2

    従来の告発手段としては、裁判やビラまきなどがあったが、裁判は手間が煩雑で費用負担が大きく、ビラまきはマスコミにでも取り上げられない限り、問題の存在を訴えかけられる範囲が限定的であるという状況にあった。これに対し、ネット告発は費用負担が小さく、またインターネットを通じて広く世間に問題の存在を訴えかけることができる。こうして問題が世間に知れ渡った結果、問題の改善や企業行動の変更が行われる場合がある(一例としては、イギリスの銀行が顧客へ約6,000億円とも言われる手数料を返還した事例や、サハリン2でシェルが権益をロシアに譲渡せざるを得ない状況の一因となった事例などがある)。インターネット告発 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン

    サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプラインから見たサハリン2サハリン2

    元々このパイプラインは主としてサハリン3プロジェクトで生産された天然ガスを輸送する計画であった。だがサハリン3の開発が遅れたため、ガスプロムはエクソンモービルの出資するサハリン1プロジェクトをガスの主要供給元としようとしたが、2011年7月の時点では契約に至っていない。2011年9月の稼働時にはサハリン2のガスが主要供給元となっている。サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン フレッシュアイペディアより)

  • 天然ガスパイプライン

    天然ガスパイプラインから見たサハリン2サハリン2

    2009年にロシアサハリン2ガス田産液化天然ガスの受け入れが開始されたが、サハリン1ガス田と併せてサハリンプロジェクト産天然ガスについては液化せずそのままパイプラインにより直接に北海道、または朝鮮半島経由で輸入する国際パイプライン構想がある。天然ガスパイプライン フレッシュアイペディアより)

  • カントリーリスク

    カントリーリスクから見たサハリン2サハリン2

    ロシア政府によるサハリン1、サハリン2の開発中止命令カントリーリスク フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見たサハリン2サハリン2

    日露関係は断続的に関係が深まる時期をはさみつつも、対立の時期が長い。これはロシアが伝統的に南下政策を取り、太平洋への出口を求めたため、通り道の日本との間に地政学的な対立構造があるからである。満州・朝鮮半島の支配権をめぐって1904年(明治37年)に始まった日露戦争や、1917(大正6年)年に起こったロシア革命に日本などの諸国が干渉して起こしたシベリア出兵、終戦直前にソ連軍が日ソ中立条約を一方的に破棄して日本支配地域に侵攻したソ連対日参戦などが起こってきた。日本のポツダム宣言受諾による終戦後も南樺太と千島列島への侵攻を続け併合し(北方領土問題)、日本人を捕虜として連行してシベリア抑留するなどの行為が日本の人々の反感を生んだ。1956年(昭和31年)の日ソ共同宣言で一応国交が回復した後も、冷戦の中で緊張関係が続いてきた。1986年(昭和61年)以降に関係の改善が進み、現在の両国の間では、経済的な交流も盛んだが、領土問題やそれに起因する漁民銃撃・拿捕事件、資源問題(サハリン2を参照)なども生じており、その関係は円滑ではないが、多くの日本人はロシア連邦との関係は悪くないと感じている。しかし、「日本人にとって第二次世界大戦の終盤に日ソ中立条約を無視してソビエト連邦に宣戦布告された事実と戦後のシベリア抑留の事実は忘れがたいものである」との主張が抑留被害者、政治的に反ソの立場にある人からなされることが多い。他方、ロシア人は日本との関係は悪くないとも感じている。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示