21件中 11 - 20件表示
  • 樺太

    樺太から見たサハリン2サハリン2

    北樺太は、樺太・千島交換条約以来のロシア領であり、ロシア帝国時代は沿海州に属した。ソビエト連邦成立当初はシベリア出兵時発生した尼港事件を受け、1920年7月〜1925年5月15日の約5年間日本のサガレン州派遣軍による保障占領下にあった。1925年(大正14年)に日ソ国交樹立で日本軍が撤退するとハバロフスク地方として置かれ、その後はサハリン州に属し、ロシア連邦となった現在も引き続きサハリン州に属している。主な都市はオハやアレクサンドロフスク・サハリンスキー(日本名:オッチシ・落石)である。オハ油田、サハリンプロジェクト(サハリン1、サハリン2)が代表的な石油産業である。樺太 フレッシュアイペディアより)

  • ノグリキ

    ノグリキから見たサハリン2サハリン2

    古くから漁業、林業で栄えてきたが、近年は石油・天然ガス事業の中心地として発展してきた。ノグリキからオハにかけての地域は、石油・天然ガスの宝庫で、町の南部のカタングリはサハリン最古の油田のひとつであり、北には石油の町ネフチェゴルスクがあった。サハリン2プロジェクトの拠点となっている。ノグリキ フレッシュアイペディアより)

  • コククジラ

    コククジラから見たサハリン2サハリン2

    かつては北半球全域に生息していた。沿岸性であり、クジラとしてはさほど巨大でなかったことから、古くから捕鯨の対象とされてきたが、特に近世になってからは乱獲により急速に個体数が減少させられた。北大西洋の個体群は18世紀ごろまでに絶滅し、北太平洋においても激減した。その後の捕鯨禁止が功を奏し、北太平洋のうち北アメリカ沿岸の個体群はかなり回復してきているが、他方、東アジア沿岸の個体群は一時は絶滅と判断されたほどで残存数わずか100-150頭と危機的な状況にある。数値統計上、アジア系個体群は実質的に日本の捕鯨業によって壊滅した(中国沿岸のザトウクジラやアジア系のシロナガスクジラやナガスクジラ、セミクジラなど数多くの種類に共通)。コククジラは沿岸棲で東アジア(日本を含む)の沿岸の開発の影響を受けるのだが、更に現在樺太島北部で行われているロシアの油田開発(サハリン2)によって生存を脅かされている。また、現存するアジア系個体群の何割が元来のアジア系なのかも不明である。コククジラ フレッシュアイペディアより)

  • 日露関係

    日露関係から見たサハリン2サハリン2

    二国間の経済協力は伝統的に、エネルギー、石油ガス部門、自動車製造の分野において発展してきた。現在進行している石油ガス部門のプロジェクトサハリン1及びサハリン2に続き、3番目のサハリン液化天然ガスプラントの建設(年間生産量550万トン)、及びウラジオストクの新しい液化天然ガスプラント建設(公開株式会社ガスプロム及び極東ロシアガス事業調査株式会社、年間生産量1000万トン、2018年に稼働開始予定)が計画されている。日露関係 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見たサハリン2サハリン2

    2006年9月、第1次安倍内閣で経済産業大臣に任命された。組閣後の記者会見において、ロシアが8月30日に石油・天然ガス開発計画である 「サハリン2」の一部事業の中止を命じたことについて「日本側に過剰反応の面がある。ロシア側が指摘する環境破壊にどう対処するのか精査してから、反論を組み立てるべきだ」と述べた。また、日本と中国が対立している東シナ海のガス田開発の件に関しては「日本と中国は共同で(開発に)取り組む方向で一致しており、粛々と取り組みたい」と発言した。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 三井物産

    三井物産から見たサハリン2サハリン2

    2009年(平成21年)2月 ロシア・サハリン2LNG生産開始。三井物産 フレッシュアイペディアより)

  • 青山繁晴

    青山繁晴から見たサハリン2サハリン2

    日本の大手総合商社が参画している、ロシアのサハリン-2 プロジェクトLNG共同開発事業には批判的で、外国に頼った資源開発は意味が無く、過去ロシア政府が外国、日本企業の出資比率を反故にしたサハリン2事件の経験から、安倍政権のロシアとの経済特区事業構想で表面化した、日露天然ガスパイプライン事業についても批判的である。経済的な観点、安全保障の観点からも安価の自前資源を産業化させることが先であるとの主張。青山繁晴 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太郎

    麻生太郎から見たサハリン2サハリン2

    また、2009年2月に州内のコルサコフ近郊で行われたサハリンプロジェクトの一つサハリン2のLNG工場稼働式典に合わせ、日本の首相としてはかつての領有時代を含めて初めてサハリン州を訪問し、ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領と会談した。日本政府の公式見解では「所属未定地」となっている南樺太(サハリン南部)での会談には一部の有識者から批判が提起され、日本では鳩山邦夫総務相が国会答弁で「正直、実に微妙な問題だなと思う」と感想を述べた。これについては北方領土問題とは異なり、南樺太については、ロシアが実効支配していることについてロシア以外のいかなる国の政府も領有権の主張を行っておらず、領有権を放棄した日本政府も異議を唱える立場にはなく、2001年にはサハリン州ユジノサハリンスクに総領事館を設置して、ロシアの実効支配を前提とした日常業務を行っている事もあり、訪問への反対運動は広がりを見せなかった。麻生太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たサハリン2サハリン2

    両国の間では、経済的な交流がいくつかあるが、過去のシベリア抑留や北方領土問題とそれに起因する漁民銃撃・拿捕事件、資源問題(サハリン2を参照)なども生じており、その関係はあまり良くない。その上、ロシア人の米国や英国を信頼している人の比率は低い。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見たサハリン2サハリン2

    日露関係は断続的に関係が深まる時期をはさみつつも、対立の時期が長い。これはロシアが伝統的に南下政策を取り、太平洋への出口を求めたため、通り道の日本との間に地政学的な対立構造があるからである。満州・朝鮮半島の支配権をめぐって1904年(明治37年)に始まった日露戦争や、1917年(大正6年)に起こったロシア革命に日本などの諸国が干渉して起こしたシベリア出兵、終戦直前にソ連軍が日ソ中立条約を一方的に破棄して日本支配地域に侵攻したソ連対日参戦などが起こってきた。日本のポツダム宣言受諾による終戦後も南樺太と千島列島への侵攻を続け併合し(北方領土問題)、日本人を捕虜として連行してシベリア抑留するなどの行為が日本の人々の反感を生んだ。1956年(昭和31年)の日ソ共同宣言で一応国交が回復した後も、冷戦の中で緊張関係が続いてきた。1986年(昭和61年)以降に関係の改善が進み、現在の両国の間では、経済的な交流も盛んだが、領土問題やそれに起因する漁民銃撃・拿捕事件、資源問題(サハリン2を参照)なども生じており、その関係は全く円滑ではなく、多くの日本人はロシア連邦との関係はかなり悪いものだと感じている。そして、「日本人にとって第二次世界大戦の終盤に日ソ中立条約を無視してソビエト連邦に宣戦布告された事実と戦後のシベリア抑留の事実は忘れがたいものである」との主張が抑留被害者、愛国者の立場にある人からなされることが多い。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示