1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • プリゴロドノエ (サハリン州)

    プリゴロドノエ (サハリン州)から見たサハリン2サハリン2

    日露戦争の際、日本軍が最初に上陸したのは、この地である (樺太作戦)。1905年、ポーツマス条約により日本に割譲され、「深海」と称した。1945年、ソ連が占領し、統治するところとなった。現在は、サハリン2プロジェクトにより敷設される原油・ガスパイプラインの南端に位置しており、2008年中の稼動を目指して、石油・液化天然ガスを輸出する港湾施設と大規模な液化天然ガス工場の建設が進められている。完成後は、冬季には流氷により船舶の航行が困難なオホーツク海を避けて、陸路でサハリン北部の原油・ガスを供給できるため、現在は夏季に限られている操業が一年を通じて可能になる予定である 。プリゴロドノエ (サハリン州) フレッシュアイペディアより)

  • 樺太

    樺太から見たサハリン2サハリン2

    北樺太は、樺太・千島交換条約以来のロシア領であり、ロシア帝国時代は沿海州、ソビエト連邦時代は当初は日本のシベリア出兵によって日本国の実効支配下にあったが、1925年に日ソ国交樹立で日本軍が撤退するとハバロフスク地方として置かれ、その後はサハリン州に属し、ロシア連邦となった現在も引き続きサハリン州に属している。主な都市はオハやアレクサンドロフスク・サハリンスキー(日本名:オッチシ・落石)である。オハ油田、サハリンプロジェクト(サハリン1、サハリン2)が代表的な石油産業である。樺太 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見たサハリン2サハリン2

    2006年の自由民主党総裁選挙では、出馬に意欲を示していた山崎派会長の山崎拓の出馬に一貫して反対。安倍晋三内閣官房長官への支持をいち早く表明し、安倍の選挙対策本部の事務局長を務める(安倍は麻生太郎外務大臣、谷垣禎一財務大臣を破り当選)。同年9月、第1次安倍内閣で経済産業大臣に任命され、2度目の入閣を果たした。組閣後の記者会見において、ロシア連邦が先月8月30日に石油・天然ガス開発計画である 「サハリン2」の一部事業の中止を命じたことについて「日本側に過剰反応の面がある。ロシア側が指摘する環境破壊にどう対処するのか精査してから、反論を組み立てるべきだ」と冷静に対応する姿勢を示した。また、日本と中華人民共和国が対立している東シナ海のガス田開発の件に関しては「日本と中国は共同で(開発に)取り組む方向で一致しており、粛々と取り組みたい」と発言した。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • コククジラ

    コククジラから見たサハリン2サハリン2

    かつては北半球全域に生息していた。沿岸性であり、クジラとしてはさほど巨大でなかったことから、古くから捕鯨の対象とされてきたが、特に近世になってからは乱獲により急速に個体数が減少させられた。北大西洋の個体群は18世紀ごろまでに絶滅し、北太平洋においても激減した。その後の捕鯨禁止が功を奏し、北太平洋のうち北アメリカ沿岸の個体群はかなり回復してきているが、他方、東アジア沿岸の個体群は一時は絶滅と判断されたほどで残存数わずか100-150頭と危機的な状況にある。コククジラは沿岸凄で東アジア(日本を含む)の沿岸の開発の影響を受けるのだが、更に現在樺太島北部で行われているロシアの油田開発(サハリン2)によって生存を脅かされている。コククジラ フレッシュアイペディアより)

  • 三井物産

    三井物産から見たサハリン2サハリン2

    2009年(平成21年)2月 ロシア・サハリン2LNG生産開始。三井物産 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見たサハリン2サハリン2

    日露関係は断続的に関係が深まる時期をはさみつつも、対立の時期が長い。これはロシアが伝統的に南下政策を取り、太平洋への出口を求めたため、通り道の日本との間に地政学的な対立構造があるからである。満州・朝鮮半島の支配権をめぐって1904年(明治37年)に始まった日露戦争や、1917年(大正6年)に起こったロシア革命に日本などの諸国が干渉して起こしたシベリア出兵、終戦直前にソ連軍が日ソ中立条約を一方的に破棄して日本支配地域に侵攻したソ連対日参戦などが起こってきた。日本のポツダム宣言受諾による終戦後も南樺太と千島列島への侵攻を続け併合し、日本人を捕虜として連行してシベリア抑留するなどの行為が日本の人々の反感を生み、1956年(昭和31年)の日ソ共同宣言で一応国交が回復した後も、冷戦の中で緊張関係が続いてきた。1986年(昭和61年)以降に関係の改善が進み、現在の両国の間では、経済的な交流も盛んだが、領土問題やそれに起因する漁民銃撃・拿捕事件、資源問題(サハリン2を参照)なども生じており、その関係は円滑ではない。日本 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示