前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • サハリン2

    サハリン2から見た東洋エンジニアリング

    このプロジェクトにおいて、ロシアで初めて天然ガス液化プラントが建設された。このことはロシアのエネルギー政策上重要な意味をもち、後、ガスプロム社が強引にサハリン・エナジー社の株式を取得した理由のひとつとされている。なおプラント建設工事は2003年日本の千代田化工建設、東洋エンジニアリングがロシア企業と共同で受注した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見た千代田化工建設

    このプロジェクトにおいて、ロシアで初めて天然ガス液化プラントが建設された。このことはロシアのエネルギー政策上重要な意味をもち、後、ガスプロム社が強引にサハリン・エナジー社の株式を取得した理由のひとつとされている。なおプラント建設工事は2003年日本の千代田化工建設、東洋エンジニアリングがロシア企業と共同で受注した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見たロイヤル・ダッチ・シェル

    1994年にロイヤル・ダッチ・シェルと三井物産、三菱商事の三者が合同でサハリン・エナジー社を設立し、ロシア政府と生産物分与協定(PSA)を締結した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見た三井物産

    1994年にロイヤル・ダッチ・シェルと三井物産、三菱商事の三者が合同でサハリン・エナジー社を設立し、ロシア政府と生産物分与協定(PSA)を締結した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見た三菱商事

    1994年にロイヤル・ダッチ・シェルと三井物産、三菱商事の三者が合同でサハリン・エナジー社を設立し、ロシア政府と生産物分与協定(PSA)を締結した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見た環境アセスメント

    2006年9月、ロシア政府は環境アセスメントの不備を指摘し、サハリン2の開発中止命令を出した。その後の交渉で、2006年12月にロシアのガスプロム参画が決まり、2007年4月にはサハリン・エナジーの株式の50%+1株を取得した。これによってサハリン・エナジーの出資比率は、英蘭シェルが55%から27.5%-1株、三井物産が25%から12.5%、三菱商事が20%から10%に減少した。2007年4月にロシア天然資源省はサハリン・エナジーの環境是正計画を承認。2007年10月には1年以内に工事を完了させることで合意し、開発中止の危機は免れた。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見た国際自然保護連合

    IUCNでは、付近の海域に生息するクジラ(特にコククジラが懸念されている)の生息状況を評価している。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見たコククジラ

    IUCNでは、付近の海域に生息するクジラ(特にコククジラが懸念されている)の生息状況を評価している。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見たクジラ

    IUCNでは、付近の海域に生息するクジラ(特にコククジラが懸念されている)の生息状況を評価している。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見たLNG

    2008年中の本格稼働を目指し、最終的には日量18万バレルの原油生産、天然ガス産出量はLNG換算で年間960万トンを見込んでいた。これは日本の総輸入量のそれぞれ4%、18%に相当する。開発計画は順調に進行し、1997年にはピルトン・アストフスコエ鉱区の第1段階開発計画が承認された。しかし環境対策を求められたことで開発費用が増大し、2005年7月14日にサハリン・エナジーは総事業費が当初の100億ドルから200億ドルに倍増すると発表した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示