59件中 31 - 40件表示
  • 塀内久雄

    塀内久雄から見たサブローサブロー

    2008年、2年ぶりの本塁打を放ったものの、根元俊一や田中雅彦の台頭により40試合の出場にとどまり、打率も.153と下げてしまった。また、8月12日のオリックス戦(京セラドーム大阪)では、6回表にサブローの適時二塁打で、三塁走者としてホームインする際に、折れたバットが頭を直撃して怪我を負い、担架で運ばれ16針縫った。また、秋季キャンプ中の11月7日には外野でキャッチボールをしている最中に打球が頭を直撃し頭蓋骨骨折と受難な一年だった。塀内久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高畠導宏

    高畠導宏から見たサブローサブロー

    田口壮(第1期オリックス時代)には、「ちんぶら打法」と命名し、自身の精巣を揺らすような感じでいれば、リラックスして打席に立てるという一風変わったアドバイスをした(同様のアドバイスを千葉ロッテコーチ時代にサブローにもしているが、その時は「自分の一物が足に当たるくらい腰を早く回せ」というものだった)。高畠導宏 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚明

    大塚明から見たサブローサブロー

    2008年はサブローの負傷や早川大輔の不調などもあり、103試合に出場。3年ぶりの本塁打も放った(うち1本はランニングホームラン)。この年国内FA権を取得したが、行使せず12月16日に来シーズン契約を結び残留した。大塚明 フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見たサブローサブロー

    ロッテ監督としての選手起用については、当初は大塚明や立川隆史など、生え抜きの若手を積極的に起用したものの、決定的な実力不足を痛感し、ベテラン勢や外部補強選手を中心に戦いながらサブローや里崎智也、小林宏之などの台頭を気長に待つことになる。こうして監督を務めた5年間、ロッテはチームは全て5位か4位に終わっているが、年々勝率を上げ2003年には借金1にまでチームを戻したところで辞任した。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • マリンガン打線

    マリンガン打線から見たサブローサブロー

    2010年は西岡剛、サブローを始め新加入の金泰均 、新人の荻野貴司、清田育宏等の活躍により前年リーグ最下位だったチーム打率は2分近く上昇しリーグトップ。他にも得点、安打、四球などでリーグトップとなり、防御率リーグ5位の投手陣をカバーした。ペナントレースを3位で終えるとクライマックスシリーズで埼玉西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークスを破り、日本シリーズでは中日ドラゴンズを下し優勝、3位からの日本一を果たした。さらに日韓クラブチャンピオンシップでは韓国代表のSKワイバーンズを破り、日韓王者となった。マリンガン打線 フレッシュアイペディアより)

  • 横山竜士

    横山竜士から見たサブローサブロー

    牽制が上手く、には交流戦でロッテのサブロー(2塁牽制)、楽天の草野大輔(1塁牽制)を牽制球でアウトにした。の交流戦でも6月10日のロッテ戦で早坂圭介を牽制球アウトに取った(1塁牽制)。横山竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たサブローサブロー

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 小松聖

    小松聖から見たサブローサブロー

    初奪三振:2007年9月1日、対千葉ロッテマリーンズ18回戦(千葉マリンスタジアム)、7回裏にサブローから小松聖 フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・マエストリ

    アレッサンドロ・マエストリから見たサブローサブロー

    初奪三振:同上、2回裏にサブローからアレッサンドロ・マエストリ フレッシュアイペディアより)

  • ダスティン・モルケン

    ダスティン・モルケンから見たサブローサブロー

    初奪三振:同上、6回裏にサブローからダスティン・モルケン フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「サブロー」のニューストピックワード