88件中 31 - 40件表示
  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たサブローサブロー

    パ:松中(ソフトバンク)2、中村(西武)、サブロー(ロッテ)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見たサブローサブロー

    千葉ロッテマリーンズのサブローが現役引退を表明。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 谷保恵美

    谷保恵美から見たサブローサブロー

    語尾が伸びるアナウンスに特徴があり、特にサブローをアナウンスする際にそれが際立つ。報道ステーションのスポーツコーナーで、ロッテ戦の結果の前ふりとして球場のロッテファンがサブローの際のアナウンスを真似るというVTRが流れたことがある。本人曰く、「サブローの場合、どこで止めるべきか分からないので、結果として長音が伸びてしまう」他、「普通にアナウンスすると、暗くなってしまう」らしい為、現在のようなスタイルに落ち着いた。このアナウンスはサブローの引退に伴い、2016年シーズンで消滅することになる。2017年シーズンからは、新人の佐々木千隼の際に語尾を伸ばしている(ささきちはやーーーとアナウンスしている)。谷保恵美 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たサブローサブロー

    1000投球回:2008年8月16日、対千葉ロッテマリーンズ17回戦(千葉マリンスタジアム)、4回裏3死目にサブローを三振で達成 ※史上314人目岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見たサブローサブロー

    6月1日 - サブロー(岡山県、野球)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 清武の乱

    清武の乱から見たサブローサブロー

    この日、清武球団代表は13時から大村三郎(サブロー)、14時から藤井秀悟との契約交渉にあたっていたが同じ14時、読売新聞社本社においてグループ本社の臨時取締役会を開き、清武球団代表の解任を決議している。清武の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 栄光の架橋

    栄光の架橋から見たサブローサブロー

    プロ野球において、千葉ロッテマリーンズのサブロー、東北楽天ゴールデンイーグルス所属時代の渡辺直人(現:埼玉西武ライオンズ)が本拠地の試合で打席に入る際や、横浜ベイスターズ時代の工藤公康の登板の際に使用していた。プロボクシングにおいても、益田健太郎や柴田直子が試合前の入場時に使用していた。栄光の架橋 フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見たサブローサブロー

    ''、同年より外野手登録へ変更された。春季キャンプは2月1日のベースランニング中に右足を痛め、右足太もも裏肉離れと診断され、福岡へ強制送還された。一軍合流後はアピールを続け、開幕を一軍で迎えた。代走での起用が続いたが、松中信彦・長谷川勇也の打撃不振により内川聖一が中堅手から左翼手起用となり、4月30日の千葉ロッテ戦で約1年ぶりの先発出場を果たし、5回同点二死一二塁の場面ではサブローの打球をフェンス際で後ろを向いて倒れながら捕球するなど活躍し、その後13試合外野でスタメン起用されたが、5月17日に自身の打率が2割を切り、代わりに起用された長谷川が5月の月間打率.306と結果を出した事で先発の座を奪われた。6月1日対中日戦で多村仁志負傷交代時に活躍して交流戦優勝マジック点灯に貢献、6月6日の対広島戦では代走から出場して2打席連続三塁打など結果を出し、6月12日には初めて一塁手で先発出場を果たした。6月18日から故郷・横浜スタジアムにて2試合に途中出場したが打席に立つことは無かった。6月23日の内川の離脱をきっかけに15試合連続でスタメン起用され、7月3日の対オリックス・バファローズ戦ではプロ初のマルチ盗塁を決めた。7月10日の対千葉ロッテ戦では同点の4回に二塁打で出塁し、二死一三塁の場面では一塁走者の中村晃のスタート後に捕手・的場直樹が二塁へ送球して渡辺俊介がしゃがんだ瞬間スタートを切り、ダブルスチールを成功させ決勝点を挙げた。7月14日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の2回に飛びついて捕球した際に左肩を強打して負傷交代し、左肩関節亜脱臼の疑いと診断され、7月15日に出場選手登録を抹消された。それに伴い予定されていたフレッシュオールスターゲームへの出場を辞退した。8月6日に一軍へ再昇格し、8月7日に一旦先発出場したが再び控え起用となった。調整で出場した8月30日のウエスタン・リーグ対オリックス戦で満塁本塁打を含む5打数5安打6打点の活躍し、9月6日の対北海道日本ハムファイターズ戦で1ヶ月ぶりの先発出場を果たすと、2回に守備で好返球、4回には同年18勝を挙げるダルビッシュ有から決勝打となる先制の二塁打、7回にも三塁打と活躍し、シーズン終了までのスタメンを勝ち取った。9月28日の対日本ハム戦では武田勝からタイムリー打を含む3安打を放ってプロ初の猛打賞を記録した。9月30日の対西武戦では5回3点ビハインドの場面で西口文也のスライダーをライトスタンドに運びプロ1号となるソロ本塁打を放ち、7回同点無死二三塁の場面では岡本篤志から決勝タイムリーを打って優勝マジックを1とした。10月1日の同カードでは6回一死二塁の場面で先発の岸孝之から先制のタイムリー打を放ち、明石健志の三塁打で生還、3点リードの9回二死の場面では浅村栄斗のライト線への飛球をスライディングキャッチしてチームはリーグ連覇を果たした。レギュラーシーズンは最終的に97試合に出場し、61試合に先発出場、打順は主に7・8番、守備位置は外野と一塁で起用され自己最多の22盗塁(成功率91.7パーセント)を記録した。打率.252だったが出塁率.281で四球はわずか4と課題も残した。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た大村三郎サブロー

    録音賞 大村三郎『わが生涯のかがやける日』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • ベニー・アグバヤニ

    ベニー・アグバヤニから見たサブローサブロー

    現在は、故郷のオアフ島で高等学校の教育アシスタントをしている。2016年9月25日の元同僚、サブローの引退試合にビデオメッセージを送り、ファンに健在をアピールした。ベニー・アグバヤニ フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示