88件中 41 - 50件表示
  • 佐藤達也 (野球)

    佐藤達也 (野球)から見たサブローサブロー

    初奪三振:2012年5月3日、対千葉ロッテマリーンズ5回戦9回表にサブローから空振り三振佐藤達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ロッテリア

    ロッテリアから見たサブローサブロー

    ボビー・バレンタインが千葉ロッテマリーンズの監督として日本シリーズ優勝を果たした翌2006年から2009年まで、バレンタイン監督がプロデュースした「ボビーバーガー」を販売した(2010年は金泰均にちなみ「キムチ・テギュンバーガー」、2011年はサブロー(シーズン途中に読売ジャイアンツに移籍後、シーズン終了後FA宣言でロッテ復帰。)にちなみ、「サブローバーガー」と変わっている)。ロッテリア フレッシュアイペディアより)

  • 細川亨

    細川亨から見たサブローサブロー

    は開幕から抹消されることなく一軍に居座り、捕手ではリーグ最多となる139試合に出場した。126試合に先発出場し、フル出場した86試合では50勝34敗2分、5完封勝利だった。打撃では4月19日から5月4日まで自己最長の11試合連続安打を記録、猛打賞も自己最多の8回を達成、打率・打点も自己記録を更新し、本塁打も3年ぶりに2桁に乗せた。守備では2年連続で12球団トップとなる盗塁阻止率.405を記録した。5月30日から6月11日までチームは球団史上2度目の10連敗を喫して借金10の最下位となったが、その8試合で先発出場し、途中出場でも1試合サヨナラ負けのマスクを被った。7月5日、7月7日に2試合連続完封試合を達成しチームの貯金を1とした。8月31日から9月7日まで先発マスクで6連敗してチームは5位へ転落、9月8日に銀仁朗が先発捕手で連敗を止めたのを境に9月はほぼ途中からの出場となった。9月26日の対千葉ロッテ戦では1点リードの8回から途中出場したが、9回にアレックス・グラマンが福浦和也に同点タイムリーを許し、続くサブローのヒットで本塁を狙った二塁走者の早川大輔が細川の顔面に左肩でタックルし、細川はボールは離さずスリーアウトチェンジとなった。しかし脳震盪状態となり担架で運び出され、西武は捕手2人体制かつ捕手経験者のG.G.佐藤も交代済みだったため、治療に時間を要したが9回裏の攻撃から続けて出場した。打撃結果は三振で、10回表の守備では登板した山岸穣が制球に苦しみ2四球3安打で2点勝ち越されそのまま敗戦し、チームのBクラスが確定した。9月29日から再び正捕手へ戻った。プロ入り6年間8・9番の先発出場だったが、10月1日に7番、10月5日には2番での先発起用を経験した。細川亨 フレッシュアイペディアより)

  • 森安敏明

    森安敏明から見たサブローサブロー

    故郷・岡山では、森安の活躍を顕彰した少年野球大会「森安敏明旗争奪野球大会」(通称:森安杯)が毎年秋に開催されている。また、少年野球の教え子の中には元・千葉ロッテマリーンズの大村三郎(サブロー)がいる。森安敏明 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たサブローサブロー

    2016年9月25日、サブローの引退セレモニーにて日本語でビデオメッセージを寄せた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2013年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見たサブローサブロー

    その21日に行われた第4戦(Kスタ宮城)では、1回にアンドリュー・ジョーンズの犠飛、2回には銀次のタイムリー安打などで3点を先取。4回にはG.G.佐藤の3ランホームランなどで逆転されたが、ジョーンズの2ランホームランで再逆転、7回には根元俊一のタイムリー安打で同点に追いつかれるも、マギーがソロホームランを打って勝ち越した。8回には則本が角中勝也、サブロー、クレイグ・ブラゼルを抑えると、その裏には藤田・銀次のタイムリー安打により点を追加。9回、楽天は田中が登板し、鈴木大地・金澤岳を抑えた後、根元・福浦和也に安打を許すが、井口資仁が凡退し試合終了。楽天は8-5でロッテに勝利し、球団創設9年目にして初となる日本シリーズへの進出を決めた。クライマックスシリーズのMVPには、1勝1Sの成績を挙げた田中が選ばれた。2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見たサブローサブロー

    ロッテ監督としての選手起用については、当初は大塚明や立川隆史など、生え抜きの若手を積極的に起用したものの、決定的な実力不足を痛感し、ベテラン勢や外部補強選手を中心に戦いながらサブローや里崎智也、小林宏之などの台頭を気長に待つことになる。こうして監督を務めた5年間、チームは全て5位か4位に終わっているが、年々勝率を上げ2003年には借金1にまでチームを戻したところで辞任した。特に2003年の9・10月は22勝8敗1分で勝率.733という好調ぶりだった。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見たサブローサブロー

    3月15日、千葉マリンスタジアムの対東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦の試合後に引退セレモニーが行われた。オープン戦としては異例の前売り券25000枚が完売、当日券も発売10分で売り切れるなど、28926人の満員の観客を集めて行われ、同期入団のサブロー、同級生の楽天の礒部公一、最後は福浦和也と対戦し、サブローを三振、礒部を三塁ゴロ、福浦も三振に打ち取った。挨拶の後、ライトスタンド前で胴上げが行われた。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・マエストリ

    アレッサンドロ・マエストリから見たサブローサブロー

    初奪三振:同上、2回裏にサブローから空振り三振アレッサンドロ・マエストリ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原良平

    藤原良平から見たサブローサブロー

    初奪三振:同上、4回表にサブローから空振り三振藤原良平 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示