88件中 51 - 60件表示
  • 肘井竜蔵

    肘井竜蔵から見たサブローサブロー

    愛称は「ゴジ」。2014年ロッテ浦和球場での打撃練習で、高卒新人としては異例の右翼場外へ推定140メートル弾を放ち、松井秀喜の愛称の「ゴジラ」にあやかって関係者につけられた。ベテランの福浦和也やサブローからもそう呼ばれているという。肘井竜蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズの応援団

    千葉ロッテマリーンズの応援団から見た大村三郎サブロー

    選手3人(サブロー・福浦和也・今江敏晃)を除き応援歌が刷新された。千葉ロッテマリーンズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚明

    大塚明から見たサブローサブロー

    2008年はサブローの負傷や早川大輔の不調などもあり、103試合に出場。3年ぶりの本塁打も放った(うち1本はランニングホームラン)。この年国内FA権を取得したが、行使せず12月16日に来シーズン契約を結び残留した。大塚明 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見たサブローサブロー

    ''、本拠地QVCマリンフィールド内に「319シート」を設置。同チームのサブロー選手とのプロデュース席で一塁側内野席35席を319シートと命名し、千葉県内および東日本大震災の被災地の少年野球チームの招待することとした。この年は8勝を挙げたが、故障離脱によりまたしても1年間先発ローテーションを守れなかった。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見たサブローサブロー

    開幕を一軍で迎えて先発ローテーション4枚目として3月30日の対福岡ダイエーホークス戦で先発したが、3本塁打を浴びるなど7失点し敗戦投手となった。4月6日からは月間防御率4.18ながら先発で4連勝と4月は負けなしだった。5月3日の対近鉄戦で7失点と炎上し、5月は敗戦処理担当となった。6月3日に先発の機会を得たが3回60球7安打1失点で降板。6月12日のロングリリーフで5失点して6月14日に二軍へ降格。7月25日に一軍へ戻ると同日の対近鉄戦で先発し、初回に2点失うも、2回から6回までの5イニングは一塁を踏ませない完璧な投球で8点の援護を呼び、9回を8安打1四球4失点(自責3)にまとめて本拠地でプロ入り初完投勝利を達成し、自己最多となるシーズン5勝目を挙げた。8月15日の連続ノックアウトで中継ぎへ戻された。8月21日の対オリックス戦では先発の西口文也が1回を無失点で終えた所で内転筋違和感により降板したため、帆足が緊急登板した。2回の日高剛の投手強襲タイムリー内野安打、5回塩崎真のソロ本塁打で2点先行されたが、それまで7回1安打に抑えられていた味方打線が川越英隆を攻略して逆転。6イニングを2失点に抑えて6勝目を手にした。これによりチームは首位ダイエーにゲーム差なしの2位へと迫った。8月28日からは先発へ戻り3試合で3連勝した。松坂大輔、張誌家のアテネオリンピックの出場によりライオンズは先発投手を2人欠いたが、8月3日以降彼らが戻るまでの約1ヶ月間5試合20回1/3を投げ2勝1敗、防御率3.43とイニングを埋めた。プロ野球ストライキにより2試合中止の後、9月20日に4万5000人のファンがかけつけた本拠地西武ドームでの対千葉ロッテ戦で先発西口文也が再び右足内転筋痛で初回二死満塁で降板。急遽スクランブル登板となった帆足は迎えたサブローをサードゴロに打ち取り初回を切り抜け、1回裏に貝塚政秀の安打で先制点を得て、3回表にベニー・アグバヤニの二塁打で同点とされたが、3回裏に貝塚が二塁打で2点援護、4回にも貝塚らのタイムリー3本で3点の援護を得て、6回1/3を投げ4安打1四球1失点、9奪三振と好投してプロ4年目で初の2桁勝利となる10勝目を挙げた。またこれにより8月21日から自己最長となる5連勝を達成した。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 角中勝也

    角中勝也から見た大村三郎サブロー

    は、「5番・左翼手」として開幕スタメン。5月28日の対ソフトバンク戦からは3番に定着。シーズン終盤にはアルフレド・デスパイネの怪我により4番を任されることもあった。最終的に「打率.339、178安打」を記録して、自身2度目の首位打者、自身初の最多安打を獲得した。打率2位に2分5厘以上の大差をつけたのは、パ・リーグでは2000年にイチローが5分5厘の差をつけて以来16年ぶり。また、球団史上では1960年に榎本喜八が同僚の田宮謙次郎に2分7厘差をつけて以来56年ぶり2人目であった。8月23日からはQVCマリンフィールドで本人とサントリーウイスキー角瓶がコラボした角中ハイボールが発売された。同年11月10日?13日に行われる侍ジャパン強化試合には、候補として挙がるも、選出されなかった。シーズンオフの12月19日に1億4100万円で契約更改して、「1億円プレイヤー」の仲間入り(独立リーグ出身者としては初)。同時に、2017年シーズンから、前年までサブローが背負っていた背番号「3」に変更することが発表された。角中勝也 フレッシュアイペディアより)

  • 6月1日

    6月1日から見た大村三郎サブロー

    1976年 - 大村三郎、プロ野球選手6月1日 フレッシュアイペディアより)

  • 高村祐

    高村祐から見たサブローサブロー

    1000奪三振:2003年4月10日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、1回裏にサブローから ※史上110人目高村祐 フレッシュアイペディアより)

  • 大松尚逸

    大松尚逸から見たサブローサブロー

    ''、開幕戦は5番でスタメン出場したが不振に陥り、開幕3戦目で8番に降格、開幕4戦目では早くもスタメンを外れる。6月に若干調子を上げ4番での起用も増えるが7月に再び不振に陥り二軍落ち。その後は角中勝也やルーキーの伊志嶺翔大の台頭もありなかなか一軍に上がれず、終盤に一軍昇格したが、最終的には打率.215、本塁打2、打点16と1軍定着後自己最低の成績に終わった。なお、サブローの巨人移籍後は後任の選手会長に就任した。大松尚逸 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木大地 (野球)

    鈴木大地 (野球)から見たサブローサブロー

    初出場:2012年6月2日、対中日ドラゴンズ3回戦(QVCマリンフィールド)、8回裏にサブローの代走として出場鈴木大地 (野球) フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示