88件中 61 - 70件表示
  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た大村三郎サブロー

    千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは4試合に登板するが、第6戦以降から大ブレーキ。第6戦で2イニングを投げるもサブローに同点タイムリーを打たれて、チームは引き分け。第7戦ではシーズン中にもなかった4イニング登板を果たすが、慣れない4イニング目に延長12回今江敏晃に四球を与え、岡田幸文に決勝の適時三塁打を打たれて自滅。敗戦投手になった。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見たサブローサブロー

    実況:戸崎貴広、解説:牛島和彦、ゲスト解説:サブロー(千葉ロッテマリーンズ)リポーター:新タ悦男(巨人サイド)、伊藤隆佑(中日サイド)※ABCは楠淳生と吉田義男によるスタジオトーク(イニング間の解説)を行った。2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見たサブローサブロー

    、1月7日に登録名を本名の「西岡剛」に戻すことを表明。同年より両耳にガードがあるヘルメットを使用。1年を通し新たに負った足の故障や持病の膝痛と首痛に苦しみ、盗塁は18に減り、打撃・守備・走塁に精彩を欠いた苦しい1年となったが、2年連続の打率3割到達、自身初の2桁本塁打を達成した。シーズン終了後にはサブローとともに球団負担で渡米し、故障箇所をメディカルチェックするとともにケガのケアやリハビリ方法を学んだ。12月11日には西麻布で同期入団の早坂圭介と共に無賃乗車犯を取り押さえた。また、高校の後輩である平田良介や中田翔を含む6人と「TEAM TSUYOSHI」を結成し、都内で合同自主トレーニングを行った。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 中村順司

    中村順司から見たサブローサブロー

    清原和博、桑田真澄のKKコンビを始め、立浪和義、松井稼頭央、サブロー(大村三郎)、福留孝介らを代表とする、数々の超高校級の選手を育てあげた名将。監督就任後は、1981年度卒業生の吉村禎章、若井基安、西川佳明から、1998年度卒業生の大西宏明、平石洋介、2000年度卒業生加藤領健、中尾敏浩に至るまで、すべての年度の卒業生の少なくとも一人以上を最終的にプロ入りさせている。中村順司 フレッシュアイペディアより)

  • フリーエージェント (日本プロ野球)

    フリーエージェント (日本プロ野球)から見たサブローサブロー

    また、上記の類型に必ずしも該当しない事例も存在する。(例:小笠原道大[2006年:北海道日本ハム → 読売]、サブロー[2011年:読売 → 千葉ロッテ]等。)フリーエージェント (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 千葉マリンスタジアム

    千葉マリンスタジアムから見たサブローサブロー

    谷保恵美 - 当球場のウグイス嬢(場内アナウンサー)。サブローの呼び出し声で有名。千葉マリンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県営大宮公園野球場

    埼玉県営大宮公園野球場から見たサブローサブロー

    2009年までのスコアボードの仕様では、選手名表示部は文字数が3文字に限られており、先述の西武対ロッテの試合では、西武は「ブラゼ(ル)」「ボカチ(カ)」「G・G(佐藤)」「グラマ(ン)」、ロッテは「サブロ(ー)」「ズレー(タ)」「オーテ(ィズ)」「シコー(スキー)」と表示。2008年クライマックスシリーズ、2009年8月4日の日本ハム戦では「スレ(ッ)ジ」と表示。2009年の交流戦においても、中日は「ブラン(コ)」「デラロ(サ)」など中途半端な状態で表示された。また審判員も外野の線審を表示する欄がなく、先述のクライマックスシリーズでは、線審の名前が表示されなかった(スコアボード改修後も線審名の表示はしていない)。埼玉県営大宮公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 中野真博

    中野真博から見た大村三郎サブロー

    走り込みによる下半身強化で球速とスライダーの威力が増し、3年春には第66回選抜高等学校野球大会に出場。江の川との1回戦で、第50回大会の松本稔以来16年ぶり、センバツ史上2人目の完全試合を達成した。投球数は99球でスコアは3対0、捕手のリードに任せて投げて8回までは記録を意識しなかったという。試合後のインタビューではもっと大げさに喜んでも良かったかな、と答えている。PL学園との2回戦では先頭打者の大村三郎にヒットを打たれ、12奪三振を記録するも打線が抑えられて0対4で敗れた。3年夏の県大会では決勝戦で星稜に敗れ、4季連続の全国大会出場はならなかった。中野真博 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たサブローサブロー

    は右肩痛からの回復を目指し二軍でリハビリを続けていたが一軍での登板がなく、9月29日に今季限りでの現役引退を発表した。10月6日の本拠地最終戦となった対オリックス戦の試合後に、同じく今季限りでの現役引退を表明した小野晋吾と共に引退セレモニーを行い、マウンドに立ち打席に立ったサブローに対し三球三振に打ち取り、ファンへの挨拶の後ナインに胴上げされ、グラウンドを1周した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見たサブローサブロー

    他には、元南海の広瀬叔功(遊撃手→中堅手)、元阪神の真弓明信(遊撃手→二塁手→外野手)、元ロッテの西村徳文(二塁手→三塁手→外野手)、サブロー(遊撃手→外野手)、元横浜の波留敏夫(遊撃手→外野手)、金城龍彦、(三塁手→外野手)、元巨人の鈴木尚広(遊撃手→二塁手→外野手)、元ヤクルトの福地寿樹(二塁手→外野手)、元日本ハムの赤田将吾(二塁手→外野手)、元楽天の森山周(遊撃手・二塁手→外野手)、元オリックスの鉄平(遊撃手→外野手)など。現役選手では、DeNAの梶谷隆幸(遊撃手→外野手)、桑原将志(二塁手→外野手)、日本ハムの西川遥輝(二塁手→外野手)、大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)、ソフトバンクの吉村裕基(三塁手→一塁手→外野手)、福田秀平(遊撃手→外野手)、巨人の堂上剛裕(一塁手→外野手)、立岡宗一郎(三塁手→外野手)、陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、広島の鈴木誠也(遊撃手→外野手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示