88件中 71 - 80件表示
  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見たサブローサブロー

    '、開幕から26打席無安打と打撃不振に陥り、5月まで打率は1割台だったが、6月7日の対横浜戦ではプロ初の1試合4安打、同じく初の2試合連続本塁打を記録するなど調子を上げ、6月は月間62打数18安打の打率.290、3本塁打、11打点を残した。8月17日の対千葉ロッテ戦の2点リード二死一二塁守備の場面では井口資仁の右翼への打球方向を見て立っていた所、一塁から本塁を狙った今江敏晃の体当たりのようなスライディングにより転倒させられて激高し、あわや乱闘の騒ぎとなった。翌日の同カードでは5回に二度のブロックでピンチを救った。8月19日の同カードでは新人・中村勝を5回まで無失点とリードしたが6回にサブローに満塁本塁打を浴びてチームの自力優勝を消滅させた。9月21日の対オリックス戦では9回2点リード二死二三塁の場面で北川博敏にタイムリー打を打たれたが本塁を狙ったアーロム・バルディリスの体当たりを受けながらもボールを死守して勝利し、眼下にいたオリックスの自力CS進出を消滅させた。最終的に83試合で先発マスクを被り、フル出場した48試合では37勝10敗1分け、7完封勝利だった。ダルビッシュ有、新外国人のボビー・ケッペルとのコンビで各12勝を上げたが、他の先発投手ではあまり結果が出ず、同年最多勝の武田勝と組んだ大野の台頭を許した。盗塁阻止率はリーグ2位タイの.333だった。オフの11月20日に来季の背番号が22'へ変更されることが発表された。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • ペンネーム

    ペンネームから見たサブローサブロー

    主にプロスポーツ選手が、競技団体への登録に用いる。日本のプロ野球などでは長らく本名が使われていた(在日コリアンなどは通名・外国人では発音しやすいように短縮形を用いる例もあった)が、近年ではイチローを筆頭とし、本名の下の名前だけや愛称が由来のもの(例・山本昌)など、さまざまな形式での登録名が目に付くようになった。なお、国際試合では認められない(サブローは本名の「大村三郎」で北京五輪に出場した)。ペンネーム フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋ミチヨ

    中嶋ミチヨから見たサブローサブロー

    夫はプロ野球・千葉ロッテマリーンズ外野手のサブロー(本名:大村三郎)で、2000年8月に結婚。現在は3人(2男1女)の子を持つ母でもある。中嶋ミチヨ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見たサブローサブロー

    1年を通してみると、序盤には先発投手陣の不調、野手では主力の井端がシーズン中盤から故障による長期離脱などがあり、一時は首位巨人に最大8ゲーム差をつけられたが、浅尾や高橋ら中継ぎ投手陣の活躍、和田や森野らがチームを牽引する一方で井端に代わってレギュラーに定着した堂上直倫ら若手の台頭、などもあり、後半戦から追い上げを見せた。優勝マジックを1とした10月1日、チームは試合がなかったものの、マジック対象の阪神が広島に敗れたことから4年ぶり8度目のリーグ優勝となり、巨人のリーグ4連覇を阻止した。なお、この年はJリーグ・名古屋グランパスエイトもJ1リーグ初制覇を果たしており、プロ野球・Jリーグの双方で名古屋市に本拠地を置くチームが優勝に沸くこととなった。自己最多の37本塁打を放った和田一浩がMVPに輝いた。クライマックスシリーズでは、3位の巨人と第2ステージを戦い4勝1敗として、3年ぶりに日本シリーズ出場。千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは、大車輪の活躍だった浅尾が第6戦以降は大ブレーキ。8回2死2塁の状況でに2ストライクと追い込みながらサブローに同点タイムリーを打たれて好投していたチェンの勝ちを消滅させてしまい延長戦。その後10回裏から14回裏まで5イニング連続で得点圏に走者を進めながらその全てで得点を奪えずしかも9回から小池、荒木、当時代打の岩崎達郎と3イニング続けてその前のバッターが出塁しながら送りバントを失敗したのも祟り延長15回まで、シリーズ歴代最長時間試合となる5時間43分の末、2対2で引き分け。第7戦は2試合連続の延長戦となったが、慣れない4イニング目の浅尾が今江にフォアボールを与え岡田幸文に決勝のタイムリースリーベースヒットを打たれて自滅しロッテに7対8で逆転負けで敗れ、2勝4敗1分で敗退。第6戦に記録したチームの16残塁は日本シリーズ史上最多という不名誉なおまけもついてしまった。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 高畠導宏

    高畠導宏から見たサブローサブロー

    引退後は南海・ダイエー(1973年二軍打撃コーチ, 1974年 - 1977年・1991年 - 1994年一軍打撃コーチ)、ロッテ(1978年 - 1979年二軍打撃コーチ, 1980年 - 1983年・1986年・1988年・2002年一軍打撃コーチ, 1984年 - 1985年・1987年一軍打撃兼外野守備コーチ, 1989年スカウト)、ヤクルト(1990年一軍ヘッド兼打撃コーチ)、中日(1995年二軍打撃コーチ, 1996年 - 1997年一軍打撃コーチ, 1998年調査役)、オリックス(1999年二軍打撃コーチ, 2000年 - 2001年一軍打撃コーチ)でコーチ・フロントを歴任。南海コーチ時代は藤原満に対して、グリッブが太く1キロ以上の重量があるタイ・カッブ式バットを特注で制作し、バットを振るのではなく、ボールにバットをぶつけてゴロやライナーを出やすくし、アベレージヒッターに育て上げた。オールスターで野村が捕手に専念する年(かつ前年にチームがAクラスだった場合)は、野村に代わってパ・リーグのコーチを務めた。1977年、野村監督解任に伴い江夏豊、柏原純一と共に球団に反旗を翻す。1978年からは選手専任となった野村と共にロッテへ移籍。野村はわずか1年でロッテを退団するが、高畠はその後も残った。在任中は落合博満に対して、落合の性格を踏まえた上で「グリッブの高さを10cmほど高くしたらどうだ」とアドバイス。右打者だった西村徳文にはスイッチヒッターへの転向を勧め、1年目の秋季キャンプから2ヶ月あまり、川崎球場そばにあったビジネスホテルのシングルルームに泊まり込み、朝・昼・晩つきっきりで指導。水上善雄にはストレート・変化球での打撃の統計をとり、変化球に強いことを実証、認識させた上で、全打席変化球が来るというヤマを張るよう指示。高畠は投手の癖盗みにも長けていた為、ベンチから声を出すことで、次に投げてくる球種を打席に入っている水上に伝えていた。あまりにしつこく、癖がバレてしまう為、西武戦で東尾修がマウンド上からベンチの高畠を睨み付けた。ヤクルトコーチ時代には飯田哲也を育てたが、野村との確執が生じる。大学の後輩となる相手チームの選手、コーチが試合前に高畠に挨拶に来るのを気に入らなかったり、ホームランを打った選手が、ベンチで高畠に感謝の礼を言うと、野村からは「アホ!!、タカに教えてもらってどうするんや!?、自分で打て!!」と怒鳴ったり等、南海時代から非常に僻みっぽくなってしまい性格が変わってしまったという。ダイエーには恩師・鶴岡の誘いで復帰し、吉永幸一郎・浜名千広・小久保裕紀を育てた。中日コーチ時代に指導した山崎武司は著書の中で「バッティングの面では高畠康真さんに感謝しています。指導は分かりやすく、人の意見を聞き入れない自分に対して懇切丁寧に多くの事を教えてくださいました。長距離ヒッターとして長くやってこられた背景には、やっぱり高畠さんの存在も影響していたと思っています。」と記している。オリックスコーチ時代には田口壮に対して、自身の精巣を揺らすような感じでいれば、リラックスして打席に立てるという一風変わったアドバイスをし、「ちんぶら打法」と命名。ロッテコーチ時代(2期目)にはサブローにも同様のアドバイスしているが、その時は「自分の一物が足に当たるくらい腰を早く回せ」というものだった。1998年に日本大学の通信課程に入学し、教員免許を取得。2003年春より筑紫台高等学校(福岡県太宰府市)の教員になり高校野球監督を目指していたが、2004年7月1日、膵臓癌のため東京都新宿区の病院で死去。。高校球児を率い、監督として甲子園球場のグラウンドに立つ夢は叶わなかった。高畠導宏 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た大村三郎サブロー

    、慢性的な腰痛や、金泰均の加入などを考慮して指名打者に転向する。ここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス・バファローズ戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録。3月22日の対埼玉西武ライオンズ戦では通算100号本塁打を達成。史上258人目だが、1539試合での到達は6番目に遅い記録であった。また、代打率.364と代打の切り札としても結果を残した。クライマックスシリーズファーストステージの対埼玉西武ライオンズ戦では、延長11回に土肥義弘から勝ち越しソロ本塁打を放ち、勝利に貢献。チームはファイナルステージも突破し、日本シリーズでも中日ドラゴンズを破り、シーズン3位から5年ぶりの日本一を達成。1年を通した活躍で、指名打者部門で初のベストナインを受賞した。5月13日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)にて6回表一死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され「代打逆転満塁ビデオ判定弾」となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初の事例である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見たサブローサブロー

    ロッテでプレーする地元出身選手を輩出することを目標に、サブローと共同でオーナーとなり、中学硬式野球チーム「千葉幕張ボーイズ」を設立した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本篤志

    岡本篤志から見たサブローサブロー

    初奪三振:同上、4回表にサブローから空振り三振岡本篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見たサブローサブロー

    なお読売ジャイアンツは、河野博文の登録名をあだ名の「ゲンチャン」(北京原人に似ているため)で申請したが、1997年1月にセントラルリーグの理事会で却下された。同理事会は、「ゲン」なら受け付けるとしていたが、巨人は応じず、一転して現在では登録名自体を球団として認めない方針をとるようになった。そのため、カツノリやサブローは巨人への移籍にあたって登録名を本名に戻している。なお、認めない方針が一般的に認知されるようになってからも、「GG」となったジェレミー・ゴンザレスや、「MICHEAL」が認められたマイケル中村の例もある(前者については、当時他に「ジェレミー」名・「ゴンザレス」姓の選手がそれぞれ別にいたという要因もある)。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤伸一

    加藤伸一から見たサブローサブロー

    1500投球回:2001年5月5日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(千葉マリンスタジアム)、4回裏3死目にサブローを遊撃ゴロで達成 ※史上147人目加藤伸一 フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示