前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • サブロー

    サブローから見た松本輝

    5月18日、対福岡ダイエーホークス戦にて、2回裏に松本輝からプロ入り初本塁打となる左越3ランを放った。同年はこの本塁打含む5本塁打を記録するなど打撃面で成長を見せ、後半戦は右翼手のレギュラーを獲得した。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た木田優夫

    100本塁打:2010年7月20日、対北海道日本ハムファイターズ14回戦(札幌ドーム)、5回表に木田優夫から中越ソロ ※史上261人目サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た杉内俊哉

    1000三振:2012年6月11日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、2回表に杉内俊哉から ※史上54人目サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見たイチロー

    同1994年のドラフトで千葉ロッテマリーンズから1位指名を受け入団。入団に際し、同姓の大村巌が在籍していたことと、同年に史上初のシーズン200本安打を達成したイチローにあやかり、登録名を「サブロー」とした。背番号も語呂合わせで36番をもらった。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た長嶋茂雄

    1番右翼手で開幕先発出場、故障で80試合の出場にとどまるが、初の2桁本塁打を記録した。読売ジャイアンツ(以下、「巨人」)終身名誉監督でもあるアテネ五輪野球日本代表監督長嶋茂雄に「これほど上半身を上手く使う打者は見たことがない」と評された。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た清田育宏

    開幕当初は主に7番を打っていたが、金泰均の故障により4月末から4番を打っていた。守備面では当初は右翼手を務めていたが、清田育宏・伊志嶺翔大らがスタメン出場するようになったことで、以降は左翼手に回っている。5月4日、西武戦で死球を受けて右手薬指を打撲。自身は軽傷をアピールするが直後に登録を抹消され、そのまま一軍復帰はなく6月29日に工藤隆人プラス金銭との交換トレードで巨人へ移籍。トレードの理由は経費削減のためにチームの若返りを図ることだったが、フロントとの対立も原因の一つであった。同年は、4月18日から和牛メンチカツをパティにした「サブローバーガー」がQVCマリンフィールドで売り出されたが、巨人移籍により販売終了となっている。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見たボビー・バレンタイン

    9シーズンぶりにロッテの監督に復帰したボビー・バレンタインが背番号2を希望し、球団側がそれを了承したため背番号を3に変更した。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た下柳剛

    初打席:同上、2回表に下柳剛から四球サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た伊志嶺翔大

    開幕当初は主に7番を打っていたが、金泰均の故障により4月末から4番を打っていた。守備面では当初は右翼手を務めていたが、清田育宏・伊志嶺翔大らがスタメン出場するようになったことで、以降は左翼手に回っている。5月4日、西武戦で死球を受けて右手薬指を打撲。自身は軽傷をアピールするが直後に登録を抹消され、そのまま一軍復帰はなく6月29日に工藤隆人プラス金銭との交換トレードで巨人へ移籍。トレードの理由は経費削減のためにチームの若返りを図ることだったが、フロントとの対立も原因の一つであった。同年は、4月18日から和牛メンチカツをパティにした「サブローバーガー」がQVCマリンフィールドで売り出されたが、巨人移籍により販売終了となっている。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た金子千尋

    1000本安打:2010年4月17日、対オリックス・バファローズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、5回裏に金子千尋から左中間へ2ラン ※史上257人目サブロー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「サブロー」のニューストピックワード