109件中 81 - 90件表示
  • サブロー

    サブローから見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (最多二・三塁打賞:2002年8月)サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た第66回選抜高等学校野球大会

    岡山市立岡輝中学校(岡山リトルシニア)を卒業後、PL学園高校へ進学。1994年の第66回選抜高等学校野球大会に出場し、1番センターとしてベスト4進出に貢献する。この時のセンバツでは金沢高校の中野真博投手が完全試合を達成しているが、その次の試合の先頭打者としてセンター前に安打を放って2試合連続完全試合をいきなり阻止した打者としても知られる。子供のころは、阪神タイガースのファンであったことを、ブログで述べている。少年野球では、「黒い霧事件」でプロ球界を永久追放された森安敏明の指導を受けていた。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見たイタリア

    (移籍に伴い2011年6月で更新終了)ブログでのニックネームは『サブティーニ』。本人がイタリアが好きで、知人にイタリアンネームをつけてもらったとのこと。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た二塁手

    大塚明の成長とデリック・メイ の獲得によって外野手層が若干厚くなったため、キャンプから内野手にコンバートされる。3月24日西武ドームでの開幕戦を「9番二塁手」で先発出場を果たす。しかし、自身の不振と同じ二塁の酒井忠晴の好調が重なって、5月下旬からは再び外野で出場するようになった。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た1994年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    同1994年のドラフトで千葉ロッテマリーンズから1位指名を受け入団。ロッテにおける打者の1位指名は袴田英利(捕手)以来17年ぶり。背番号は本名の「三郎」にちなみ、語呂合わせで36に決まった。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た黒い霧事件 (日本プロ野球)

    岡山市立岡輝中学校(岡山リトルシニア)を卒業後、PL学園高校へ進学。1994年の第66回選抜高等学校野球大会に出場し、1番センターとしてベスト4進出に貢献する。この時のセンバツでは金沢高校の中野真博投手が完全試合を達成しているが、その次の試合の先頭打者としてセンター前に安打を放って2試合連続完全試合をいきなり阻止した打者としても知られる。子供のころは、阪神タイガースのファンであったことを、ブログで述べている。少年野球では、「黒い霧事件」でプロ球界を永久追放された森安敏明の指導を受けていた。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た打率

    この年から登録上が外野手に戻った。シーズンを通して2番中堅手のレギュラーとして活躍し、オールスターゲームに初出場。自身初の規定打席に到達し、自己最多の131試合に出場。打率.286、9本塁打、13盗塁を記録した。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見たPL学園中学校・高等学校

    岡山市立岡輝中学校(岡山リトルシニア)を卒業後、PL学園高校へ進学。1994年の第66回選抜高等学校野球大会に出場し、1番センターとしてベスト4進出に貢献する。この時のセンバツでは金沢高校の中野真博投手が完全試合を達成しているが、その次の試合の先頭打者としてセンター前に安打を放って2試合連続完全試合をいきなり阻止した打者としても知られる。子供のころは、阪神タイガースのファンであったことを、ブログで述べている。少年野球では、「黒い霧事件」でプロ球界を永久追放された森安敏明の指導を受けていた。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た北区 (岡山市)

    サブロー(本名: 大村 三郎〈おおむら さぶろう〉、1976年6月1日 - )は、岡山県岡山市北区出身の元プロ野球選手(外野手)。右投右打。現役時代は主に千葉ロッテマリーンズで活躍した。妻はタレントの中嶋ミチヨで、2000年8月に結婚。現在は3人(2男1女)の子の父でもある。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た出場選手登録

    2011年6月30日に支配下選手登録され、巨人への入団会見を行った。球団側の方針により登録名は本名の「大村三郎」、背番号は交換相手の工藤が着用していた0に決まった。翌7月1日に一軍合流、即出場選手登録され、同日の対中日戦(東京ドーム)の8回裏に代打で出場、吉見一起から左翼席にソロ本塁打を放った。7月2日に東京ドームで移籍後初のスタメンで6番で試合に出場した。その後は、対戦チームの先発投手に左投手が見込まれる際の先発出場があった以外は代打としての出場が主で調子が上がらず、一時期は2軍落ちになるなど、48試合の出場に終わった。クライマックスシリーズファーストステージ第1戦では代打で出場し本塁打を放ったが、チームはファーストステージで敗れ、シーズンを終えた。日本シリーズ終了後、出場機会を求めてフリーエージェント権を行使した。巨人在籍はわずか154日だった。サブロー フレッシュアイペディアより)

109件中 81 - 90件表示