前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    試合は激しい雨が降る中で行われた。アーセナルFCはGKイェンス・レーマンを前半途中に退場処分で欠いたが、DFソル・キャンベルの得点で前半を1-0で折り返した。FCバルセロナは10人となった相手に攻めあぐねていたが、MFアンドレス・イニエスタの投入でダイナミズムが生まれ、76分にはFCバルセロナのFWサミュエル・エトオが同点ゴールを決め、81分にはDFジュリアーノ・ベレッチが決勝点を決めてFCバルセロナが2-1で勝利した。FCバルセロナは1991-92シーズン以来14シーズンぶりのヨーロッパ・チャンピオンとなった。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・サビオラ

    ハビエル・サビオラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2004-05シーズン、ライカールト監督は昨シーズンの終盤での手応えにチームの方針を固め、更に昨シーズンから会長職に就任したジョアン・ラポルタがジョアン・ガスパール前会長時代に獲得した選手からの脱却を図り、大幅にメンバーが入れ替わった。サミュエル・エトオ、ヘンリク・ラーションらの加入に伴いサビオラはライカールト監督の構想外となり、バルセロナ復帰を願う形でASモナコへレンタル移籍。2005-06シーズン、モナコとの契約を終えたサビオラはセビージャFCにレンタル移籍。万年中位に甘んじていたセビージャの上位進出に貢献し、UEFAカップを獲得した。ハビエル・サビオラ フレッシュアイペディアより)

  • RCDマヨルカ

    RCDマヨルカから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    1996-97シーズンのセグンダ・ディビシオンを3位で終えてプリメーラ・ディビシオンに昇格すると、1997-98シーズンはコパ・デル・レイで準優勝、リーグ戦で5位と素晴らしい結果を残した。1998年夏にはスーペルコパ・デ・エスパーニャで優勝し、クラブ初となる主要なタイトルを獲得した。エクトル・クーペル監督が率いた1998-99シーズンはGKカルロス・ロアがサモラ賞を獲得するなど堅固な守備でリーグ戦3位となり、UEFAカップウィナーズカップではオランダのKRCヘンクやクロアチアのNKヴァルテクス・ヴァラジュディンやイングランドのチェルシーFCなどを破って決勝に進出したが、決勝でイタリアのSSラツィオに1-2で敗れて優勝はならなかった。以後はプリメーラ・ディビシオンの中位に定着し、2000-01シーズンは61得点でリーグ戦3位となった。グレゴリオ・マンサーノ監督が率いた2002-03シーズンのコパ・デル・レイでは5シーズンぶりに決勝に進出して、エルチェで行われた決勝でレクレアティーボ・ウェルバに3-0で勝利し、スーペルコパや下部リーグでの優勝を除けばクラブ初となるタイトルを獲得した。2004年夏にエースFWサミュエル・エトオをFCバルセロナに売却したため、2004-05シーズンは序盤から低迷し、セグンダ・ディビシオン降格の危機に瀕していた。ベニート・フローロ監督を解任し、クーペル監督にバトンタッチしたが、終盤戦まで降格圏内をさまよい続けた。しかし、シーズン最終盤に驚異的なペースで勝ち点を積み上げ、最終節でプリメーラ残留を決めた。この快挙をマヨルカ地元新聞紙は「マヨルカの奇跡」として称えた。2005-06シーズンは序盤から失点を重ね、4勝7分12敗と降格が濃厚となったところでクーペル監督が辞任した。後任のマンサーノ監督は6勝6分3敗と持ち直し、13位で残留を決めた。2006-07シーズンはMFホナス・グティエレスなどが仕掛けるサイド攻撃がはまり、12位で余裕の残留を果たした。2007-08シーズンはDFダビド・ナバーロ、MFボルハ・バレーロなどの新戦力が活躍したが、特にヘタフェCFからやってきたFWダニエル・グイサは26節からの13試合で16得点と爆発してリーグ得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得。チーム全体ではリーグ4位の69得点を記録し、UEFAヨーロッパリーグ出場権獲得にあと一歩に迫る7位に躍進した。RCDマヨルカ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ヌクル

    ニコラ・ヌクルから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオやイドリス・カルロス・カメニ等を輩出した母国のドゥアラを拠点とするを経て、2007年下旬にリーグ・アンのASモナコ加入し、3年のプロ契約を締結。この2007-08シーズンは4部を戦うリザーブチームでプレーした。2008年7月にトップチームに登録され、プレシーズンマッチ初戦・同1部のトゥールーズFC戦, クロアチアのNKザグレブ戦と2試合に出場し、同年9月13日のFCロリアン戦で先発でプロデビューを果たし、65分までプレーした。翌年からは、ギー・ラコンブ監督の方針でCBにセドリック・モンゴングと新加入のが起用され守備的MFへコンバートされたものの、変わらずレギュラーとしてプレーし、デビュー戦以降の出場試合の殆どが90分フル出場とチームにとって欠かせない選手の1人となった。さらに2010-11シーズンに副主将に任命され、時にはステファヌ・リュフィエに代わりキャプテンマークを着けることもあったが、同シーズンにチームはリーグ・ドゥへ降格した。ニコラ・ヌクル フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サラゴサは現金を必要としており、2005年夏に移籍金1200万ユーロ(約16億8000万円)でバレンシアに移籍した。UEFAインタートトカップのKAAヘント戦でデビューし、初ゴールも決めた。8月27日のベティス戦でリーグ戦デビューし、翌節のサラゴサ戦では途中出場して古巣相手にリーグ戦初ゴールを奪った。9月21日のカンプ・ノウでのFCバルセロナ戦では2得点し、23日のエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリード戦では決勝点を挙げた。2006年2月12日にはFCバルセロナから再びゴールを挙げ、勝ち点3をもぎ取った。2月4日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦ではハーフウェーライン付近からのロングシュートでゴールを決めた。4月23日のビルバオ戦では、80分から85分の間に続けざまに3得点を決め、移籍後初めてハットトリックを達成した。シーズンを通じて25ゴールを決め、26ゴールのサミュエル・エトオには及ばなかったものの、得点ランク2位の好成績を残した。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • イェンス・レーマン

    イェンス・レーマンから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2005-06シーズンはチャンピオンズリーグで出場したグループステージ1試合と準決勝までのノックアウトステージ6試合をいずれも完封し、他にも公式戦10試合連続無失点を記録するなど好調を維持していたが、FCバルセロナとのチャンピオンズリーグ決勝戦では前半18分にサミュエル・エトオの足にペナルティエリア外で手で引っ掻け、レッドカードを貰い退場。たが、エトーが倒れた後のこぼれ玉をリュドビク・ジュリがシュートしてゴールネットを揺らしており、後に主審が「ゴールを認めてイエローカードを提示した方が良かった」との趣旨を発言し、物議を醸した。結果としてはバルセロナの先制ゴールは取り消しになり、逆に前半35分にカルレス・プジョルによって倒されたエマヌエル・エブエに対する微妙な判定によって得られたティエリ・アンリのフリーキックをソル・キャンベルが頭で合わせてアーセナルが先制した。現在でもバルセロナとアーセナル双方がこれらの判定に賛否両論である。その後、アーセナルは後半に2得点を奪われ逆転負けし、準優勝に終わった。イェンス・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • ジェラール・ピケ

    ジェラール・ピケから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    FCバルセロナの下部組織(カンテラ)出身であるが、2004年にマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍し、4年間イングランドでプレーした。2008年にバルセロナに戻り、2008-09シーズンに3冠(リーガ・エスパニョーラ・コパ・デル・レイ・UEFAチャンピオンズリーグ)の快挙を達成した。マンチェスター・ユナイテッドでもUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験しており、異なるクラブで2年連続チャンピオンズリーグ制覇を果たした数少ない選手の1人(2012年6月時点でマルセル・デサイー、パウロ・ソウザ、サミュエル・エトオ、ピケの4人)である。ジェラール・ピケ フレッシュアイペディアより)

  • インテルナツィオナーレ・ミラノ

    インテルナツィオナーレ・ミラノから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2009年夏の移籍市場ではイブラヒモビッチとのトレードでサミュエル・エトオを獲得したほか、ディエゴ・ミリート、ティアゴ・モッタ、ルシオ、ヴェスレイ・スナイデルらを獲得。2010年冬の移籍市場ではゴラン・パンデフ、マクドナルド・マリガを獲得した。インテルナツィオナーレ・ミラノ フレッシュアイペディアより)

  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2013年6月3日、ジョゼ・モウリーニョの監督復帰が発表された。フルハムからマーク・シュウォーツァー、レヴァークーゼンからアンドレ・シュールレ、アンジ・マハチカラからウィリアン、フィテッセからマルコ・ファン・ヒンケル獲得。さらにはモウリーニョにとってはインテル時代の教え子であるサミュエル・エトオをも獲得した。冬の移籍市場ではファン・マタやケヴィン・デ・ブライネを放出したが、リヴァプールFCを出し抜きエジプト代表FWのモハメド・サラーをFCバーゼルから獲得し、セルビア代表MFネマニャ・マティッチをSLベンフィカから獲得した。プレミアリーグでは2014年2月4日にそれまで11戦全勝だったエティハド・スタジアムでマンチェスター・シティを、4月27日にそのマンチェスター・シティとのプレミア頂上決戦を制したリヴァプールを破るなど、上位チーム相手には勝負強さを見せたが、2014年4月20日のサンダーランドにホームで敗れるなど、中盤から終盤にかけてアストン・ヴィラやWBA、ノリッチ・シティといった下位相手に勝ち点を取りこぼし、3位に終わった。2シーズンぶりの覇権奪回を目指したチャンピオンズリーグではアトレティコ・マドリードに2戦合計1-3で敗れ、FAカップでは5回戦でシティに(ベスト16)、キャピタル・ワンカップは準々決勝でサンダーランドに敗れた。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトー

    サミュエル・エトーから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード