60件中 11 - 20件表示
  • エトー

    エトーから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    エトー フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヘニンク・エブレベ

    トム・ヘニンク・エブレベから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    エブレベは2008?09年シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでも主審を務めることになった。2009年5月6日に開催された大会の準決勝、チェルシー対バルセロナ戦における彼のレフェリングに対して、試合後に強い批判が巻き起こった。試合中彼はバルセロナのDFエリック・アビダルに対してレッドカードで退場を命じたこと、さらにチェルシーの主張によれば合計4回のペナルティー・キックに相当するファールが見逃されたことが強く批判された。バルセロナに同点に追いつかれた後、試合終了間際のチェルシーのMFミヒャエル・バラックがシュートしたボールがバルセロナのサミュエル・エトオの上腕にあたったもののハンドの判定とならなかった際にはバラックがエブレベを追いかけまわし両手を振り回して抗議した。試合が終了した後には数名のチェルシーの選手がエブレベに激しく抗議を行なった。中でも途中交代したFWディディエ・ドログバはロッカールームに引き上げる際にTVカメラに向かいエブレベのレフェリングに関して「クソッタレな恥辱だぞ」"a fucking disgrace"と叫んでいる。中継中の英国TV局のアナウンサーは不適切な言葉が放送されたとして直ちに謝罪を行った。チェルシーの監督フース・ヒディンクは「いままで経験した中で最悪のパフォーマンスだ」と述べた。チェルシーのDFジョゼ・ボシングワはエブレベについて「審判なのか盗人なのかわからない」と述べている。後に不適切な言葉遣いだったと撤回している。エブレベは彼に対する暴行の危険があるとして警察の庇護下でイギリスを出国したと報道されている。彼のノルウェーにおける家の住所が特定されネット上に晒されており、さらにチェルシーファンと思われる人物から複数の殺害予告も行われた。ノルウェーの警察当局はしばらくの間エブレベの自宅の警護を行うと発表している。トム・ヘニンク・エブレベ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年12月

    スポーツ 最近の出来事 2010年12月から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    (サッカー)アフリカサッカー連盟(CAP)は、2010年のアフリカ年間最優秀選手にカメルーンのサミュエル・エトオが、最優秀代表チームにはガーナが、最優秀監督は、そのチームのミロバン・ラエバツ前監督が、最優秀クラブにはTPマゼンベ(コンゴ民主共和国)が選ばれた。時事通信社スポーツ 最近の出来事 2010年12月 フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル

    サミュエルから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオ - カメルーンのサッカー選手サミュエル フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ガルシア・フェルナンデス

    ルイス・ガルシア・フェルナンデスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    少年時代に4度もクラブを転々とした後、レアル・マドリードの下部組織に加入した。2001年にBチームであるレアル・マドリード・カスティージャに昇格し、コパ・デル・レイの試合でトップチームデビューを果たしたが、プリメーラ・ディビシオン(1部)の試合には出場していない。2003年夏にレアル・ムルシアに完全移籍し、8月31日のセルタ・デ・ビーゴ戦(1-1)でトップリーグデビューを飾った。その試合で初得点となるPKを決めると、2004年5月16日の古巣レアル・マドリード戦(2-1)では2得点を挙げた。2003-04シーズンは全試合に出場して11得点を挙げたが、彼の活躍の甲斐もなく、チームはセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。2004年夏、サミュエル・エトオを放出したRCDマジョルカに移籍した。2004-05シーズンは常に降格圏内に位置したが、ルイス・ガルシアは前シーズンと同じ11得点を挙げ、チームは最終節で17位に浮上して降格を回避した。ルイス・ガルシア・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ホレンダ

    ヤン・ホレンダから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    1985年、現・チェコの首都プラハにて生まれ、6歳の時にサッカーを始めた。2003年ごろにサッカー選手としてのキャリアを始め、チェコ時代は多数のクラブにレンタル移籍などを繰り返すなど安定的ではなかったが各年代には招集され出場していた。2010年1月31日、ロシアのFCアンジ・マハチカラへ3年契約で移籍をした。2011年にはアンジが富豪のスレイマン・ケリモフに渡り大型補強されるがFWの補強はなかったため、試合にはレギュラーとして出場した。しかし、夏移籍において世界的なスターのサミュエル・エトオが加入した事から出場機会が激減。2012年7月3日、FCロストフに3年契約で移籍した。ヤン・ホレンダ フレッシュアイペディアより)

  • 直川公俊

    直川公俊から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2004年12月23日に行われた前年6月のコンフェデレーションズカップ試合中に心臓発作で急逝した元カメルーン代表MFフォエの追悼試合に招待され、サミュエル・エトオやリゴベール・ソングなどのカメルーン代表選手とプレー。これをきっかけに、同国1部リーグのキャノン・ヤウンデに興味を持たれ、2006年に、翌年2007年1月からの9ヶ月間の契約で入団する事が決まった。直川公俊 フレッシュアイペディアより)

  • リュドヴィク・シルヴェストル

    リュドヴィク・シルヴェストルから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    EAギャンガン、RCストラスブールに所属していたがトップデビューには至らず、2004/2005シーズンよりFCバルセロナBに移籍。その後2005/2006シーズンの第34節セビージャFC戦にてトップデビューを飾り、最終節ではサミュエル・エトオの単独得点王を決定づけるゴールを演出する活躍を見せた。リュドヴィク・シルヴェストル フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・リエラ

    アルベルト・リエラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2001年2月25日のラシン・サンタンデール戦でルイス・アラゴネス監督に抜擢されてデビューを果たし、リーグ戦をクラブ史上最高の3位で終えたチームで3試合に出場して1得点した。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグに初出場した。デビュー後の1シーズン半で11試合しか出場することができなかったが、2002-03シーズンはグレゴリオ・マンサーノ監督の下でレギュラーポジションを確固たるものとし、リーグ戦では35試合に出場して4得点した。このシーズン、レオ・フランコ、アリエル・イバガサ、ワルテル・パンディアーニ、サミュエル・エトオなど質の高い選手が揃ったマジョルカはコパ・デルレイで優勝した。アルベルト・リエラ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝から見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    一方のインテルはジョゼ・モウリーニョを監督として招へいしてから2年目のシーズンであり、シーズン前にディエゴ・ミリートやサミュエル・エトー、ヴェスレイ・スナイデルを獲得するなどして大型補強を敢行。だがグループリーグでは3節まで勝ち星は無く、4節のディナモ・キエフ戦ではかろうじて逆転勝利をしたものの、最終節でなんとか勝ち上がるという苦しい状況であった。しかし決勝トーナメントでは1回戦でモウリーニョ監督の古巣チェルシーFCを相手にホーム・アウェイ共に勝利し、準々決勝でもCSKAモスクワを下して準決勝に進出。準決勝ではグループリーグでも同居した前年度王者FCバルセロナとの対戦になった。第1戦のホームで3-1と勝利し、第2戦のアウェイでは相手の猛攻を1点で凌ぎ切ってトータルスコア3-2で勝ち上がりを決め、38年ぶりの決勝進出を果たした。UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード