60件中 21 - 30件表示
  • シャビ

    シャビから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2000年にはシドニーオリンピックに出場し、銀メダルを獲得した。決勝ではFWサミュエル・エトオを擁するカメルーン代表と対戦し、シャビがフリーキックで先制点を決め、DFガブリが追加点を挙げたが、最終的にPK戦で敗れた。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • オディル・アフメドフ

    オディル・アフメドフから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    ロベルト・カルロスやサミュエル・エトオといったスター選手が所属するチームでレギュラーを務める。2011年12月下旬、2011年度のチーム最優秀選手に選ばれ、ウズベキスタンサッカー連盟からは2度目となるウズベキスタン年間最優秀選手賞に選出された。オディル・アフメドフ フレッシュアイペディアより)

  • ガジ・ガジエフ

    ガジ・ガジエフから見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    2010年、7年ぶりにアンジの監督に復帰する。翌2011年1月、チームは大富豪がオーナーとなり、ロベルト・カルロスやサミュエル・エトーらビッグネームを獲得、同年9月にチーム成績が平凡なことから監督にもビックネームを招集することが決定しガジエフは解雇された。ガジ・ガジエフ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカネイションズカップ2008

    アフリカネイションズカップ2008から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    得点王(5点):20pxサミュエル・エトオアフリカネイションズカップ2008 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    3月10日 - サミュエル・エトオ(カメルーン、サッカー)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・クレメンテ

    ハビエル・クレメンテから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2005-06シーズン途中からアスレティック・ビルバオの指揮を執った。2006年1月、対戦相手のエトオの唾吐き行為に対して「つばを吐くのは木から降りてきた人たちだ」とコメントし、人種差別的だとして物議を醸した。同年夏には、直前のドイツW杯で惨敗したセルビア代表監督に就任した。2007年9月、自転車を自宅のガレージに入れようとした際に肋骨4本の骨折と肺の損傷という大怪我を負った。UEFA欧州選手権2008の本戦出場を逃したため、2007年に解任された。2008年にはイラン代表監督に就くことが報道されたが、直前で話は流れた。ハビエル・クレメンテ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2008年5月8日、フランク・ライカールトに代わって2008-09シーズンからFCバルセロナのトップチームの監督に就任することが発表された。前日のエル・クラシコで1-4と屈辱的な敗戦を喫してからすぐの就任発表だった。契約期間は2年で、年俸は欧州のトップクラブの指揮官としてはかなりの低額の150万ユーロと言われている。就任会見でそれまでの中核であったロナウジーニョ、デコ、サミュエル・エトオの構想外を宣言し(エトオは後に残留)、遅刻1分につき500ユーロ(約6万5000円)の罰金を徴収するなど、2006-07シーズンから2シーズン連続で無冠と不振のクラブに改革を施した。クラブの下部組織出身の選手を重用し、レアル・マドリードとのエル・クラシコで2連勝するなど、リーグの最多勝ち点記録を上回るペースで勝ち点を積み重ね、36節終了後に優勝を決めた。決勝でアスレティック・ビルバオを倒したコパ・デル・レイ、マンチェスター・ユナイテッドを倒したUEFAチャンピオンズリーグと合わせ、就任1年目にして3冠達成を果たした。3冠達成後には「このチームがクラブ史上最強だとは思わないが、最高の成績は残せた」と語った。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • ヤウンデの悲劇

    ヤウンデの悲劇から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    その後のインタビューでサミュエル・エトオは「PKは自分が蹴ろうとしたが、ウォメが蹴らせてほしいと言ってきたので彼に譲った。」とコメント。しかし後にウォメのコメントによりエトオの発言が嘘だという事実が分かり、エトオへ批判が集中した。ヤウンデの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2007年7月にはライバルのレアル・マドリードが移籍金として6000万ユーロの予算で彼の獲得を狙っていると噂されたが、「引退するまでFCバルセロナでプレーしたい」と述べて噂を一蹴した。同年夏にはASローマに移籍したFWリュドヴィク・ジュリが着けていた背番号8番を譲り受けた。2008年のFIFA最優秀選手賞の投票では37ポイントを獲得し、9位にランクインした。FCバルセロナの選手はFWリオネル・メッシ、FWサミュエル・エトオ、シャビの3人も10位以内に入った。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ミリート

    ディエゴ・ミリートから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2009-10シーズンはモウリーニョ監督から絶大な信頼を受け、ほぼ全試合にスターティングメンバーとして出場。サミュエル・エトオ、ゴラン・パンデフと3トップを組み、インテルのエースストライカーとして活躍。また圧倒的な勝負強さを誇り、チェルシーやACミラン、FCバルセロナ等のビッグクラブ相手にゴールを決めた。コッパ・イタリア決勝戦のASローマ戦でも決勝ゴールを挙げたミリートは、セリエA優勝がかかった2010年5月16日のシエナ戦でも決勝点を挙げ、「間違いなくキャリアでもっとも重要なゴールだ」と語った。このシーズンはチームトップ、リーグ2位の22得点を挙げた。ディエゴ・ミリート フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード