84件中 31 - 40件表示
  • エマニュエル・エブエ

    エマニュエル・エブエから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    アーセナルFCで2005-06シーズンにブレイクした選手の1人。2004年の夏、練習生としてアーセナルのトライアルを受け、これに合格。ローレンらサイドバック陣の怪我によりレギュラーを掴んだ。チームが準優勝した2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦では、左サイドから攻撃に来るエトーやロナウジーニョを抑え込み、この試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝いている。2011-12シーズンは新加入のジェルヴィーニョが元々背番号は27を好んで着ける傾向があるため、エブエが着けていた27をジェルヴィーニョに奪われ、背番号が未定のまま新シーズンを迎えることになると思われていたが、2011年8月16日、ガラタサライSKに4年契約で移籍することで合意した。移籍金は350万ユーロ(約3億9000万円)。エマニュエル・エブエ フレッシュアイペディアより)

  • アルベール・メヨン・ゼ

    アルベール・メヨン・ゼから見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    2000年のシドニーオリンピックで金メダルを獲得。2004年にA代表デビュー以降5年に渡りプレーした。その間にアフリカネイションズカップ2006に出場し、アルトゥール・ジョルジェ監督の下でサミュエル・エトーとコンビを組みグループリーグのトーゴ戦, 準々決勝のコートジボワール戦と2得点を挙げた。コートジボワール戦では、試合終了間際に同点弾を決め追いつくもPK戦 (11-12) の末敗退した。アルベール・メヨン・ゼ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・オナナ

    アンドレ・オナナから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオの設立した育成組織でプレーを始め、2010年に13歳でスペインに渡りFCバルセロナのカンテラに入団した。しかしトップチーム昇格は叶わず、2015年1月にアヤックス・アムステルダム移籍内定が発表された。なお移籍は7月の予定だったが、移籍発表の翌月に前倒しされた。2015年2月、エールステ・ディヴィジに所属するリザーブチームの試合で加入後初出場。2017年5月、契約を2021年まで延長。アンドレ・オナナ フレッシュアイペディアより)

  • オビナ

    オビナから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    フラメンゴのサポーターはオビナを「ブラジルのサミュエル・エトオ」と呼び、「オビナはエトオより優れている」というチャント (ôôôô... Obina é melhor que o Eto'o) まで作っている。2006年はチームの核としてコパ・ド・ブラジル制覇に貢献し、同年のプレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロンではフォワード部門で3位に選ばれた。オビナ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    3月10日 - サミュエル・エトオ(カメルーン、サッカー)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • DJ Arafat

    DJ Arafatから見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    カメルーンの選手・サミュエル・エトーはARAFATのファンであり、2009年にはBMWの車をプレゼントしている。ARAFATもエトーをタイトルにした楽曲を作ったほか、多くの曲中でシャウトアウトをしている。DJ Arafat フレッシュアイペディアより)

  • ロシア・プレミアリーグ 2013-14

    ロシア・プレミアリーグ 2013-14から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    夏の移籍市場でエトー、ウィリアンら主力選手を大量放出したアンジ・マハチカラは序盤から深刻な成績不振に陥り、ウィンターブレイク明けの第20節ルビン・カザン戦でシーズン初勝利をあげたが、最下位に終わり、5シーズンぶりのロシア・ナショナル・フットボールリーグ降格が決まった。プレミアリーグでは大低迷したが、UEFAヨーロッパリーグ 2013-14ではベスト16に進出した。UEFAヨーロッパリーグ 2013-14で決勝トーナメントに進出したルビン・カザンもプレミアリーグでは低迷した。2013年12月20日にはルビン・カザンを12年間指揮してきたグルバン・ベルディエフが成績不振を理由に解任された。ルビン・カザンは6シーズンぶりに欧州カップ戦出場権獲得を逃した。ロシア・プレミアリーグ 2013-14 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年12月

    スポーツ 最近の出来事 2010年12月から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    (サッカー)アフリカサッカー連盟(CAP)は、2010年のアフリカ年間最優秀選手にカメルーンのサミュエル・エトオが、最優秀代表チームにはガーナが、最優秀監督は、そのチームのミロバン・ラエバツ前監督が、最優秀クラブにはTPマゼンベ(コンゴ民主共和国)が選ばれた。時事通信社スポーツ 最近の出来事 2010年12月 フレッシュアイペディアより)

  • リュドヴィク・シルヴェストル

    リュドヴィク・シルヴェストルから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    EAギャンガン、RCストラスブールに所属していたがトップデビューには至らず、2004-05シーズンよりFCバルセロナBに移籍。翌2005-06シーズンの第34節セビージャFC戦にてトップデビューを飾り、最終節ではサミュエル・エトオの単独得点王を決定づけるゴールを演出する活躍を見せた。リュドヴィク・シルヴェストル フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝から見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    一方のインテルはジョゼ・モウリーニョを監督として招聘してから2年目のシーズンであり、シーズン前にディエゴ・ミリートやサミュエル・エトー、ヴェスレイ・スナイデルを獲得するなどして大型補強を敢行。だがこちらもグループリーグでは苦戦。3節まで勝ち星は無く、4節のディナモ・キエフ戦での逆転勝利が今大会の初勝利となった。結局最終節でなんとか勝ち上がった。決勝トーナメントでは1回戦でモウリーニョ監督の古巣チェルシーFCを相手にホーム・アウェイ共に勝利し、準々決勝でもCSKAモスクワを下して準決勝へ。準決勝ではグループリーグでも同居した前年度王者FCバルセロナとの対戦になった。第1戦のホームで3-1と勝利し、第2戦のアウェイでは相手の猛攻を1点で凌ぎ切ってトータルスコア3-2で勝ち上がりを決め、38年ぶりの決勝進出を果たした。UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード