60件中 31 - 40件表示
  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2003年、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍金500万ユーロで移籍した。FCバルセロナではかつてFWオラシオ・カサリン(:es:Horacio Casarín)がプレーしており、クラブ史上2人目のメキシコ人選手となった。2003-04シーズンはリーグ戦21試合に出場し、リーグ戦は2位で終えた。2004-05シーズン途中にはティアゴ・モッタ、エジミウソン、ジェラール・ロペスなど中盤の底を務めていた選手が相次いで離脱したため、本来のポジションであるセンターバックではなく守備的ミッドフィールダーとして起用された。このシーズンは素晴らしいシーズンとなり、17度目のリーグタイトルを獲得した。レバンテUD戦ではリーグ優勝を決めるサミュエル・エトオの得点をアシストしている。2005-06シーズン終盤には左膝を負傷して1ヶ月の間チームを離脱したが、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ACミラン戦ファーストレグで復帰した。2006年5月17日に行われたアーセナルFCとの決勝にも出場して2-1で勝利し、メキシコ人として初めて同大会優勝を果たした。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • テオフィロ・グティエレス

    テオフィロ・グティエレスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2009前期リーグでは傑出した活躍を見せ、16得点を挙げて得点王に輝いた。プレーオフではククタ・デポルティーボ戦でプロ初のハットトリックを達成し、戦でもハットトリックを達成した。2009後期リーグでも好調さは続き、前期リーグ王者のオンセ・カルダス相手にハットトリックを決め、8日のボヤカ・チコFC戦で再びハットトリックを達成と計14得点を挙げ、18得点のジャクソン・マルティネスに次ぐ得点ランキング2位となった。2009年シーズンは前後期合わせて30得点を挙げ、IFFHSによってマルク・ヤンコ(レッドブル・ザルツブルク), ディエゴ・フォルラン(アトレティコ・マドリード), サミュエル・エトオ(FCバルセロナ / インテル)に次ぐ世界第4位の得点数と認められた。アトレティコ・ジュニオールではリーグ戦計79試合に出場して42得点を挙げた。テオフィロ・グティエレス フレッシュアイペディアより)

  • ラ・リーガ 2007-2008

    ラ・リーガ 2007-2008から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオ (FCバルセロナ) 対レバンテUD (2008年2月24日)ラ・リーガ 2007-2008 フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2007年3月6日のUEFAチャンピオンズリーグ2nd Leg。アンフィールドで行われたリヴァプールFC相手に唯一ゴールを決め1-0で勝利したが、アウェーゴールのため敗退した。移籍初年度は全大会で12ゴールを記録するも3人の巨星であるロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、そしてリオネル・メッシはさらに多くのゴールを決めていた。しかし、CLではたった3ゴールだったが、クラブ内得点王になった。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2004年8月21日、フォルランはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFに新天地を求めた。移籍初年度の2004-05シーズンはリーグ戦38試合で25ゴールをあげ、アルゼンチン代表フアン・ロマン・リケルメらと共にクラブをUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得る3位に導いた。また、FCバルセロナのサミュエル・エトオらを抑えて得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、アーセナルFCのFWティエリ・アンリと並んでヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。得点の内訳は右足で14得点、左足で10得点、頭で1得点であり、両足を同等に扱えることを証明した。翌2005-06シーズンは調子を落とし、10ゴールに終わったが、3シーズン目の2006-07シーズンは19ゴールを決めてUEFAカップ出場権獲得に貢献した。ビジャレアル在籍時はフォワードの選手ながら守備的な選手が付けることが多い背番号5を付けていた。これは空いていた背番号をもらったとのことであるが、現役を引退した兄と同じ番号でもある。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・エブエ

    エマニュエル・エブエから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    アーセナルFCで2005-2006シーズンにブレイクした選手の1人。2004年の夏、練習生としてアーセナルのトライアルを受け、これに合格。ローレンらサイドバック陣の怪我によりレギュラーを掴んだ。チームが準優勝した2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦では、左サイドから攻撃に来るエトーやロナウジーニョを抑え込み、この試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝いている。2011-12シーズンは新加入のジェルヴィーニョが元々背番号は27を好んで着ける傾向があるため、エブエが着けていた27をジェルヴィーニョに奪われ、背番号が未定のまま新シーズンを迎えることになると思われていたが、2011年8月16日、ガラタサライに4年契約で移籍することで合意した。移籍金は350万ユーロ(約3億9000万円)。エマニュエル・エブエ フレッシュアイペディアより)

  • アサモア・ギャン

    アサモア・ギャンから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2010 FIFAワールドカップ本大会グループリーグ初戦のセルビア戦(1-0)では85分にPKを決め、さらに92分にはゴールポストを叩く惜しいシュートを放った。試合終了間際に途中交代したが、その活躍にスタンディング・オベーションが贈られた。2戦目のオーストラリア戦(1-1)でも26分にPKを決めた。決勝トーナメント1回戦のアメリカ戦では延長前半に決勝点を決め、2-1で勝利して準々決勝進出を決めた。アフリカ勢でベスト8に進出したのはカメルーンとセネガルに次いで3番目の快挙である。準々決勝のウルグアイ戦では相手FWルイス・スアレスが延長終了間際にペナルティエリア内でハンドの反則を犯したため、ガーナ代表がPKを得たが、ギャンはこのPKをクロスバーに当てて外した。PK戦でギャンは1人目のキッカーとしてゴールを決めたが、最終的にガーナ代表はPK戦で敗れた。BBCが選出する2010年のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞し、アフリカサッカー連盟(CAF)が選出するアフリカ年間最優秀選手賞にノミネートされたが、受賞はサミュエル・エトオに譲った。アサモア・ギャン フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミ・ヌジタップ

    ジェレミ・ヌジタップから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    カメルーン代表ではサミュエル・エトオと共に中心選手として活躍しているが、チェルシーFCでは定位置確保は出来なかった。しかし多くのポジションをこなせる事から、当時監督のジョゼ・モウリーニョから貴重なユーティリティープレーヤーとして重宝されていた。ジェレミ・ヌジタップ フレッシュアイペディアより)

  • マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェス

    マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2006年にアンゴラ代表デビューし、アフリカネイションズカップ2008予選を突破して本選出場権を獲得した。2008年1月にガーナで開催された本選グループリーグ初戦の南アフリカ戦では先制点を挙げ、2戦目のセネガル戦(3-1)では2得点を追加した。準々決勝のエジプト戦(1-2)では、25ヤードの距離から「大会史上最高のゴール」と称される得点を挙げたが、優勝したエジプトに敗れてベスト8に終わった。しかしマヌーショ自身は3試合4得点の活躍で、ディディエ・ドログバやサミュエル・エトオといったスター選手をおさえ大会ベストイレブンに選出された。マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ステファーヌ・エムビア

    ステファーヌ・エムビアから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    母国のドゥアラにてエトオ、イドリス・カルロス・カメニ、エリック・ジェンバ=ジェンバらが在籍したカジスポーツアカデミーでキャリアを始めた。2003年7月1日にフランスのスタッド・レンヌ入団。ステファーヌ・エムビア フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード