84件中 41 - 50件表示
  • クリントン・エンジ

    クリントン・エンジから見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    スピードを生かしたドリブル突破、高い得点力を兼備し、故郷カメルーンのレジェンド、サミュエル・エトーに準えてNEXTエトーとも言われている。クリントン・エンジ フレッシュアイペディアより)

  • クリントン・エンジ

    クリントン・エンジから見たエトーサミュエル・エトオ

    スピードを生かしたドリブル突破、高い得点力を兼備し、故郷カメルーンのレジェンド、サミュエル・エトーに準えてNEXTエトーとも言われている。クリントン・エンジ フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2007年3月6日のUEFAチャンピオンズリーグ2nd Leg。アンフィールドで行われたリヴァプールFC相手に唯一ゴールを決め1-0で勝利したが、アウェーゴールのため敗退した。移籍初年度は全大会で12ゴールを記録するも3人の巨星であるロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、そしてリオネル・メッシはさらに多くのゴールを決めていた。しかし、CLではたった3ゴールだったが、クラブ内得点王になった。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ホレンダ

    ヤン・ホレンダから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    1985年、現・チェコの首都プラハにて生まれ、6歳の時にサッカーを始めた。2003年ごろにサッカー選手としてのキャリアを始め、チェコ時代は多数のクラブにレンタル移籍などを繰り返すなど安定的ではなかったが各年代には招集され出場していた。2010年1月31日、ロシアのFCアンジ・マハチカラへ3年契約で移籍をした。2011年にはアンジが富豪のスレイマン・ケリモフに渡り大型補強されるがFWの補強はなかったため、試合にはレギュラーとして出場した。しかし、夏移籍において世界的なスターのサミュエル・エトオが加入した事から出場機会が激減。2012年7月3日、FCロストフに3年契約で移籍した。ヤン・ホレンダ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリク・ラーション

    ヘンリク・ラーションから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2005年12月28日に、2005-06シーズンいっぱいでバルセロナを退団し、母国スウェーデンへ戻ることを発表した。2006年7月から古巣ヘルシンボリIFに復帰。ハビエル・サビオラ、サミュエル・エトオ、リオネル・メッシの3名のフォワードを欠くバルセロナが再獲得を目指すとの報道がなされたが、2006年12月にマンチェスター・ユナイテッドが3ヶ月間の期限付きで獲得することが発表された。これはスウェーデン国内リーグの開催期間が4月?10月と短い点を突いた「裏ワザ」的な獲得であり、前線の駒不足に悩んでいたマンチェスター・ユナイテッドの補強となった。デビュー戦となったFAカップ、3rdラウンドのアストンビラ戦でゴールを決めた 。1月31日のワットホード戦でプレミアリーグでの唯一のゴールを決めた。チームやファーガソン監督からは直接残るように要請を受けたが、退団後はヘルシンボリでプレーした。ヘンリク・ラーション フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2004年には所属選手をバスク人に限定するチーム哲学で知られるアスレティック・ビルバオへの移籍に興味を示したが、移籍金などの問題もあって実現しなかった。2004年8月21日、フォルランはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFに新天地を求めた。移籍初年度の2004-05シーズンはリーグ戦38試合で25ゴールをあげ、アルゼンチン代表フアン・ロマン・リケルメらと共にクラブをUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得る3位に導いた。また、FCバルセロナのサミュエル・エトオらを抑えて得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、アーセナルFCのFWティエリ・アンリと並んでヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。得点の内訳は右足で14得点、左足で10得点、頭で1得点であり、両足を同等に扱えることを証明した。翌2005-06シーズンは調子を落とし、10ゴールに終わったが、3シーズン目の2006-07シーズンは19ゴールを決めてUEFAカップ出場権獲得に貢献した。ビジャレアル在籍時はフォワードの選手ながら守備的な選手が付けることが多い背番号5を付けていた。これは空いていた背番号をもらったとのことであるが、現役を引退した兄と同じ番号でもある。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • アサモア・ギャン

    アサモア・ギャンから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2010 FIFAワールドカップ本大会グループリーグ初戦のセルビア戦(1-0)では85分にPKを決め、さらに92分にはゴールポストを叩くシュートを放った。試合終了間際に途中交代したが、その活躍にスタンディング・オベーションが贈られた。2戦目のオーストラリア戦(1-1)でも26分にPKを決めた。決勝トーナメント1回戦のアメリカ戦では延長前半に決勝点を決め、2-1で勝利して準々決勝進出を決めた。アフリカ勢でベスト8に進出したのはカメルーンとセネガルに次いで3番目の快挙である。準々決勝のウルグアイ戦では相手FWルイス・スアレスが延長終了間際にペナルティエリア内でハンドの反則を犯したため、ガーナ代表がPKを得たが、ギャンはこのPKをクロスバーに当てて外した。PK戦でギャンは1人目のキッカーとしてゴールを決めたが、最終的にガーナ代表はPK戦で敗れた。BBCが選出する2010年のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞し、アフリカサッカー連盟(CAF)が選出するアフリカ年間最優秀選手賞にノミネートされたが、受賞はサミュエル・エトオに譲った。アサモア・ギャン フレッシュアイペディアより)

  • ステファーヌ・エムビア

    ステファーヌ・エムビアから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    母国のドゥアラにてサミュエル・エトオ、イドリス・カメニ、エリック・ジェンバ=ジェンバらを輩出したでキャリアを始め、2003年7月1日にフランス1部のスタッド・レンヌに入団した。ステファーヌ・エムビア フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・エムボマ

    パトリック・エムボマから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    1998-99シーズンからは再びヨーロッパに舞台を移し、イタリア・セリエAのカリアリやパルマ、イングランド・プレミアリーグのサンダーランドでもプレイするが、個人能力の高さがあだとなったか、イタリアでは戦術になじめず、その影響からかイングランドでもついに本領を発揮することはできなかった。しかし、カメルーン代表としては着々とキャリアを積み、2000年にはシドニーオリンピックにオーバーエイジで出場し金メダルに導き、またアフリカ年間最優秀選手賞も受賞。代表の兄貴分として、サミュエル・エトオをはじめ選手にも慕われた。パトリック・エムボマ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ミリート

    ディエゴ・ミリートから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    常にFWとして安定した結果を残し高い評価を得ながらも、優勝を狙えるクラブでプレーをしないまま30歳を迎えたが、2009年6月29日にインテル・ミラノへ移籍した。2日後に移籍を決めたジェノア時代の同僚であるティアゴ・モッタとは再びチームメイトとなった。2009-10シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督から絶大な信頼を受け、ほぼ全試合にスターティングメンバーとして出場。サミュエル・エトオ、ゴラン・パンデフと3トップを組み、インテルのエースストライカーとして活躍。また圧倒的な勝負強さを誇り、チェルシーFCやACミラン、FCバルセロナ等のビッグクラブ相手にゴールを決めた。コッパ・イタリア決勝戦のASローマ戦でも決勝ゴールを挙げたミリートは、セリエA優勝がかかった2010年5月16日のACシエーナ戦でも決勝点を挙げ、「間違いなくキャリアでもっとも重要なゴールだ」と語った。このシーズンはチームトップ、リーグ2位の22得点を挙げた。2010年5月22日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝ではバイエルン・ミュンヘンから2ゴールを挙げ、チームを優勝に導き、UEFA年間最優秀選手賞を受賞した。2011年1月、オスカル・デル・カルチョの最優秀選手賞と最優秀外国人選手賞をW受賞した。ディエゴ・ミリート フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード