60件中 41 - 50件表示
  • ファブリス・オリンガ

    ファブリス・オリンガから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    カメルーンではサミュエル・エトオ財団の支援を受けており、2009年、スペインのRCDマヨルカの下部組織に加入した。スペイン到着後すぐに、マラガCFの下部組織のマヌエル・カサノバ監督に注目され、2011年にマラガに加わった。マラガでは下部組織の躍進の立役者となり、2012年のコパ・デル・レイ・フベニール(18歳以下)では決勝に進出したが、0-1で敗れたRCDエスパニョールフベニ―ルとの決勝は出場停止処分のために出場していない。2012年8月18日、2012-13シーズン開幕戦のセルタ・デ・ビーゴ戦(1-0)でトップチームデビューし、その試合ではディエゴ・ブオナノッテのアシストから決勝点となる初得点を挙げた。オリンガは16歳98日であり、イケル・ムニアインが持っていたプリメーラ・ディビシオン最年少得点記録(16歳289日)を191日も更新した。ファブリス・オリンガ フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード・カスティージャ

    レアル・マドリード・カスティージャから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオはレアル・マドリードと契約した1996-97シーズン、まだ15歳だったためレアル・マドリードBではプレー出来なかった。しかしBチームと共に練習はしていた。翌1997-98シーズンはレアル・マドリードBがセグンダ・ディビシオンBに降格しており、レギュレーションでEU外選手は登録出来ないと決まっていたため、またもプレーすることが出来なかった。そのため、レアル・マドリードはエトオの成長を止めさせないよう他のクラブにレンタル移籍させていた。レアル・マドリード・カスティージャ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・マリー・ドンゴウ

    ジャン・マリー・ドンゴウから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2008年に、サミュエル・エトオ財団を通して13歳でFCバルセロナに入団。ジャン・マリー・ドンゴウ フレッシュアイペディアより)

  • FCブニョドコル

    FCブニョドコルから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2008年7月17日、FCバルセロナのFWサミュエル・エトオがクルフチと年俸4000万ユーロ(約68億円)で移籍に合意したと報じられたが、後にエトオはバルセロナに残留している。FCブニョドコル フレッシュアイペディアより)

  • エル・クラシコ

    エル・クラシコから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    また、両クラブ間の直接の移籍はタブー(禁断の移籍といわれている)とされており、移籍した場合ファンからの反発は激しい。過去にはベルント・シュスター、ミカエル・ラウドルップなどがバルセロナからレアル・マドリードへ、ルイス・エンリケなどがレアル・マドリードからバルセロナへと移籍している。但し、サミュエル・エトオ、ハビエル・サビオラの移籍の場合はそれぞれのチームで戦力外であったため、それほど反発は起こらなかった。エル・クラシコ フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2010年6月に開催された2010 FIFAワールドカップでは、全4試合に左サイドバックでフル出場を果たした。グループリーグ第1戦のカメルーン戦ではサミュエル・エトオを徹底マークし完封、第2戦のオランダ戦においては途中出場したエルイェロ・エリアのポジションに合わせて右サイドバックにポジションチェンジするなどエースキラーとして活躍し、日本代表の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。同大会から国際サッカー連盟(FIFA)が導入したレーザー計測によると、長友のトップスピードは第1戦(カメルーン)では時速30.13キロ、第2戦(オランダ)では同26.70キロと、両試合共に対戦相手を含めて最速を記録した。また、この活躍により地元の愛媛県から愛媛県文化・スポーツ賞を授与された 。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・エムボマ

    パトリック・エムボマから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    1998-99シーズンからは再びヨーロッパに舞台を移し、イタリア・セリエAのカリアリやパルマ、イングランド・プレミアリーグのサンダーランドでもプレイするが、個人能力の高さがあだとなったか、イタリアでは戦術になじめず、その影響からかイングランドでもついに本領を発揮することはできなかった。しかし、カメルーン代表としては着々とキャリアを積み、2000年にはシドニーオリンピックにオーバーエイジで出場し金メダルに導き、またアフリカ年間最優秀選手賞も受賞。代表の兄貴分として、サミュエル・エトオをはじめ選手にも慕われた。パトリック・エムボマ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリク・ラーション

    ヘンリク・ラーションから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2005年12月28日に、2005-06シーズンいっぱいでバルセロナを退団し、母国スウェーデンへ戻ることを発表した。2006年7月から古巣ヘルシンボリIFに復帰。ハビエル・サビオラ、サミュエル・エトオ、リオネル・メッシの三名のフォワードを欠くバルセロナが再獲得を目指すとの報道がなされたが、2006年12月にマンチェスター・ユナイテッドが3ヶ月間の期限付きで獲得することが発表された。これはスウェーデン国内リーグの開催期間が4月?10月と短い点を突いた「裏ワザ」的な獲得であり、前線の駒不足に悩んでいたマンチェスター・ユナイテッドの救世主となった。ファーガソン監督からは直接残るように要請を受け、サポーターからも残留を希望する声が聞こえていたが、退団後はヘルシンボリでプレーした。ヘンリク・ラーション フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    母親はサミュエル・エトオのファンである。彼自身も仲がよく、FWとGKであることからいいライバル関係を築いている。また、エトオがズラタン・イブラヒモビッチとのトレードでインテルへ移籍した際、エトオのことを「悪夢だった」と語り、その能力を称賛している。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • FCバルセロナ

    FCバルセロナから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2004年夏の移籍市場ではサミュエル・エトオ、ヘンリク・ラーション、デコらを獲得し、パトリック・クライファート、フィリップ・コクー、ハビエル・サビオラらを放出した。2004-05シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を果たした。2005-06シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ、リーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグにて優勝を達成する。2006年夏の移籍市場ではジャンルカ・ザンブロッタ、リリアン・テュラム、エイドゥル・グジョンセンらを獲得。2006-07シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ2連覇を達成した。2007年夏の移籍市場ではティエリ・アンリ、ガブリエル・ミリート、トゥーレ・ヤヤ、エリック・アビダルを獲得するも、2007-08シーズンは4季ぶりの無冠に終わり、シーズン終了後にライカールトは監督を退任した。FCバルセロナ フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード