84件中 51 - 60件表示
  • クルブ・ネカクサ

    クルブ・ネカクサから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2000年には、ブラジルで開催された第1回FIFAクラブ世界選手権に出場した。グループリーグではマンチェスター・ユナイテッドFC(ヨーロッパ代表、イングランド)などを抑えて4クラブ中2位となった。グループA・Bの2位が対戦した3位決定戦ではレアル・マドリード(ヨーロッパ代表、スペイン)と対戦し、ラウル・ゴンサレス、サミュエル・エトオ、フェルナンド・モリエンテスなどを擁するチーム相手にPK戦の末に勝利した。2006年大会ではクラブ・アメリカが準決勝に進出(4位)しているが、ネカクサの3位はメキシコのクラブとしては過去最高位である。クルブ・ネカクサ フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ウォメ

    ピエール・ウォメから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    それから数日後の記者会見で、"あの場面で会話はなかったが、サミュエル・エトオや主将のリゴベール・ソングですら、あのPKを蹴りたがらなかった。だが、自分はPKキッカーのリストに名を連ねていたから、あそこに向かった"と語り、またサポーターから身の危険を感じていることも明かした。ピエール・ウォメ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ブランカ

    マルコ・ブランカから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2002年、古巣のインテルにスカウトとして復帰。その後TDに就任し、ガブリオレ・オリアリSDと共にルシオ、ディエゴ・ミリート、ティアゴ・モッタ、ヴェスレイ・スナイデル、サミュエル・エトオなどの獲得を成功させ、2010年の三冠達成に貢献した。マルコ・ブランカ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・モウリーニョ

    ジョゼ・モウリーニョから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2013年6月3日、4年契約でチェルシーに復帰が発表された。マーク・シュワルツァー、アンドレ・シュールレ、インテル時代の教え子サミュエル・エトオらを獲得した。2013-14シーズンのプレミアリーグでは上位チーム相手には勝負強さを見せつけたものの、下位チーム相手の取りこぼしが祟り、3位に終わった。モウリーニョ自身がそれまで持っていたホームスタンフォード・ブリッジでの無敗記録も、2014年4月20日のサンダーランド戦に敗れたことで77試合で止まった。リーグカップでは準々決勝でそのサンダーランドに、FAカップでは5回戦で2月1日にチェルシーにホーム全勝記録を止められたマンチェスター・シティにリベンジされる様にして敗れた。UEFAヨーロッパリーグ王者として臨んだUEFAスーパーカップでは、ジョゼップ・グアルディオラ率いるUEFAチャンピオンズリーグ王者のバイエルン・ミュンヘンと対戦し、延長戦の末敗れた。UEFAチャンピオンズリーグでは、準決勝で前年レアル時代に国王杯決勝で敗れたディエゴ・シメオネ率いるアトレティコ・マドリードと対戦したが、2戦合計1-3で敗れ、リベンジを果たせなかった。FAコミュニティ・シールドにはチェルシーは出場していないので、2001-02シーズンのウニオン・レイリア時代以来12シーズンぶり、ポルトやチェルシーの様なビッグクラブを率いるようになった2003年以来では初めての無冠に終わった。ジョゼ・モウリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • モハマドゥ・イドリス

    モハマドゥ・イドリスから見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    ユース時代に1999 FIFAワールドユース選手権に出場。A代表としては2003年にデビューを果たし、同年のFIFAコンフェデレーションズカップ2003に出場。コンフェデレーションズカップでは全5試合に出場し、チームは準優勝するも得点を挙げることは出来なかった。それから程なくして代表から遠ざかり、2006年に呼び戻されるなど定着は出来ずにいたが、ポール・ル・グエン監督の下ではレギュラーとしてサミュエル・エトーとコンビを組むまでになり、2010 FIFAワールドカップのメンバー入りを果たしたが、グループリーグ最下位で敗退した。また、エトーとのコンビにはピエール・ウェボやエリック・マキシム・シュポ=モティングが選ばれ、イドリスは全3試合途中出場だった。モハマドゥ・イドリス フレッシュアイペディアより)

  • オディル・アフメドフ

    オディル・アフメドフから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    ロベルト・カルロスやサミュエル・エトオといったスター選手が所属するチームでレギュラーを務める。2011年12月下旬、2011年度のチーム最優秀選手に選ばれ、ウズベキスタンサッカー連盟からは2度目となるウズベキスタン年間最優秀選手賞に選出された。オディル・アフメドフ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ベニテス

    ラファエル・ベニテスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2001年、エクトル・クーペルの後任としてバレンシアCF監督に就任した。バレンシアCFはハビエル・イルレタ、マネ、ルイス・アラゴネスを指揮官候補に考えていたが、3人ともに断られていた。ベニテスはより攻撃的なスタイルを導入し、ミスタは2003-04シーズンに19ゴールを決める活躍を見せ、クーロ・トーレスはスペイン代表に選出されるまでになった。2001-02シーズンには2位のデポルティーボ・ラ・コルーニャに勝ち点7差をつけ、クラブにとって31年ぶりとなるリーグタイトルを就任1年目で獲得した。2002-03シーズンはレアル・マドリードに勝ち点18も離されてリーグ戦5位に終わる悔しいシーズンとなったが、UEFAチャンピオンズリーグでは準々決勝まで到達した。2003-04シーズンは前年とは異なる展開を見せた。3試合を残して2シーズンぶりのリーグ制覇を果たし、UEFAカップでは決勝でオリンピック・マルセイユに2-0で勝利して優勝した。それらの成功にもかかわらず、希望する選手の獲得が果たされないことや新契約などの面でスポーツディレクターのヘスス・ガルシア・ピタルチと対立し、2004年6月にバレンシアCFの監督を辞任した。サミュエル・エトオを希望したのにもかかわらずフロントが獲得したのはファビアン・カノッビオだったことを、「ソファを頼むとランプスタンドが送られてくる」と皮肉をこめて語った。ラファエル・ベニテス フレッシュアイペディアより)

  • テオフィロ・グティエレス

    テオフィロ・グティエレスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2009前期リーグでは傑出した活躍を見せ、16得点を挙げて得点王に輝いた。プレーオフではククタ・デポルティーボFC戦でプロ初のハットトリックを達成し、戦でもハットトリックを達成した。2009後期リーグでも好調さは続き、前期リーグ王者のオンセ・カルダス相手にハットトリックを決め、8日のボヤカ・チコFC戦で再びハットトリックを達成と計14得点を挙げ、18得点のジャクソン・マルティネスに次ぐ得点ランキング2位となった。2009年シーズンは前後期合わせて30得点を挙げ、IFFHSによってマルク・ヤンコ(レッドブル・ザルツブルク)、ディエゴ・フォルラン(アトレティコ・マドリード)、サミュエル・エトオ(FCバルセロナ / インテル)に次ぐ世界第4位の得点数と認められた。アトレティコ・ジュニオールではリーグ戦計79試合に出場して42得点を挙げた。テオフィロ・グティエレス フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・クレメンテ

    ハビエル・クレメンテから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2005-06シーズン途中からアスレティック・ビルバオの指揮を執った。2006年1月、対戦相手のエトオの唾吐き行為に対して「つばを吐くのは木から降りてきた人たちだ」とコメントし、人種差別的だとして物議を醸した。同年夏には、直前のドイツW杯で惨敗したセルビア代表監督に就任した。2007年9月、自転車を自宅のガレージに入れようとした際に肋骨4本の骨折と肺の損傷という大怪我を負った。UEFA欧州選手権2008の本戦出場を逃したため、2007年に解任された。2008年にはイラン代表監督に就くことが報道されたが、直前で話は流れた。ハビエル・クレメンテ フレッシュアイペディアより)

  • FCアンジ・マハチカラ

    FCアンジ・マハチカラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    シーズンオフはトルコで合宿をした。ロシア・カップ2010-11ではベスト16に進出し、3月1日にベスト8進出を掛けた試合が行われた。相手は昨年のロシア・カップ王者であるゼニト・サンクトペテルブルクで大型補強後、初の公式戦であったが2-3で敗れた。2011年3月12日、ロシア・プレミアリーグ2011/12が開幕した。最初の数試合は躓いたものの12試合を終えた時点で2位につけた。6月12日、リーグ戦優勝とUEFAチャンピオンズリーグ出場を狙うアンジはPSVアイントホーフェンで主力として活躍したジュジャーク・バラージュを獲得。8月6日には現役のロシア代表選手であるユーリ・ジルコフを、8月23日にはインテルナツィオナーレ・ミラノからサミュエル・エトオを獲得した。しかし、リーグ戦で伸び悩み監督のガジ・ガジエフを解任、暫定監督はアンドレイ・ゴルデーエフが務めた。2011-12シーズンは秋春制への移行の為に、試合数が例年の30試合から44試合に増え、2011年11月6日の30試合終了時点で全16チームが、上位8チーム、下位8チームに分かれて残りの14試合を戦う方式が採られていた。アンジは8位というギリギリの順位であったが9位には勝ち点10離していたことから容易に上位陣に滑り込み、2試合を消化して7位という順位で数ヶ月間のウィンターブレイクに突入した。FCアンジ・マハチカラ フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード