1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • アフリカネイションズカップ

    アフリカネイションズカップから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    アフリカからの出場国がFIFAワールドカップや夏季オリンピックで好成績を収めるようになった1990年代以降、注目度が上がっており、ヨーロッパのクラブのスカウトにとっては絶好の選手発掘の場となっている。アフリカという大陸の気候の特性から、大会は1月から2月にかけて開催されるが、この時期はアフリカ人選手が多く在籍するヨーロッパのクラブにとって、UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントが開始され、国内リーグも佳境に入る重要な時期である。この時期に選手を貸し出すことになるため、アフリカ人選手が在籍するクラブからは大会日程に対する不満の声が少なくない。しかし、マイケル・エッシェンやサミュエル・エトオなどビッグクラブで主力と言われている選手でさえ、「クラブでのプレーを優先する」という理由で大会参加を辞退することはほとんどなく、本大会がアフリカ人選手にとって大きな権威を持つことが伺える。アフリカネイションズカップ フレッシュアイペディアより)

  • ティエリ・アンリ

    ティエリ・アンリから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    リーガ・エスパニョーラ2007-08シーズン、当時3トップを形成していたロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、リオネル・メッシと自身を合わせた組み合わせは“ファンタスティック4”と呼ばれ注目されたが、スペインサッカーのスペースの少ないゆったりしたスタイルに戸惑い、また左ウイングのような役割に徹することで終始低調なプレーが続き30試合12得点でシーズンを終える。ティエリ・アンリ フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2007-08シーズンは、ジュリがローマに移籍したものの、プレミアリーグのアーセナルからフランス代表のエースストライカー、ティエリ・アンリがチームに加入。サミュエル・エトオ、ロナウジーニョにメッシ自身と4人のワールドクラスのFWを揃えた陣容は「ファンタスティック4」と呼ばれその圧倒的な攻撃力が期待されたが、アンリがチームのスタイルに合うまでに時間を擁し、エトオが負傷、ロナウジーニョが不調と、思うように攻撃陣が機能しない序盤戦、単独での突破から貴重なゴールを幾度となく記録しチームを支え、欧州最優秀選手を選出するバロンドールではカカ、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選出された。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    ロナウジーニョは、眼球を自由に操れる。飛び出させるだけでなく、リフティングに使うなどして対戦相手を驚かせる。これまでに、作中ではエトオや中村俊輔も目玉を飛び出させたことがある。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    しかしオランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。2005年のUEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエA・ACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコ、アドリアーノ・レイテ・リベイロ、サミュエル・エトオとロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    3月10日 - サミュエル・エトオ、サッカー選手1981年 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥアラ

    ドゥアラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオ - サッカー選手ドゥアラ フレッシュアイペディアより)

  • FCアンジ・マハチカラ

    FCアンジ・マハチカラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    シーズンオフはトルコで合宿をした。ロシア・カップ2010/11ではベスト16に進出し、3月1日にベスト8進出を掛けた試合が行われた。相手は昨年のロシア・カップ王者であるゼニト・サンクトペテルブルクで大型補強後、初の公式戦であったが2-3と惜しくも敗れた。2011年3月12日、ロシア・プレミアリーグ2011/12が開幕した。最初の数試合は躓いたものの12試合を終えた時点で2位につけた。6月12日、リーグ戦優勝とUEFAチャンピオンズリーグ出場を狙うアンジはPSVアイントホーフェンで主力として活躍したジュジャーク・バラージュを獲得。8月6日には現役のロシア代表選手であるユーリ・ジルコフを、8月23日にはインテルナツィオナーレ・ミラノからサミュエル・エトオを獲得した。しかし、リーグ戦で伸び悩み監督のガジ・ガジエフを解任、暫定監督はアンドレイ・ゴルデーエフが務めた。2011/2012シーズンは秋春制への移行の為に、試合数が例年の30試合から44試合に増え、2011年11月6日の30試合終了時点で全16チームが、上位8チーム、下位8チームに分かれて残りの14試合を戦う方式が採られていた。アンジは8位というギリギリの順位であったが9位には勝ち点10離していた事から容易に上位陣に滑り込み、2試合を消化して7位という順位で数ヶ月間のウィンターブレイクに突入した。FCアンジ・マハチカラ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ベニテス

    ラファエル・ベニテスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2001年、エクトル・クーペルの後任としてバレンシアCF監督に就任した。バレンシアCFはハビエル・イルレタ、マネ、ルイス・アラゴネスを指揮官候補に考えていたが、3人ともに断られていた。ベニテスはより攻撃的なスタイルを導入し、ミスタは2003-04シーズンに19ゴールを決める活躍を見せ、クロ・トーレスはスペイン代表に選出されるまでになった。2001-02シーズンには2位のデポルティーボ・ラ・コルーニャに勝ち点7差をつけ、クラブにとって31年ぶりとなるリーグタイトルを就任1年目で獲得した。2002-03シーズンはレアル・マドリードに勝ち点18も離されてリーグ戦5位に終わる悔しいシーズンとなったが、UEFAチャンピオンズリーグでは準々決勝まで到達した。2003-04シーズンは前年とは異なる展開を見せた。3試合を残して2シーズンぶりのリーグ制覇を果たし、UEFAカップでは決勝でオリンピック・マルセイユに2-0で勝利して優勝した。それらの成功にもかかわらず、希望する選手の獲得が果たされないことや新契約などの面でスポーツディレクターのヘスス・ガルシア・ピタルチと対立し、2004年6月にバレンシアCFの監督を辞任した。サミュエル・エトオを希望したのにもかかわらずフロントが獲得したのはファビアン・カノッビオだったことを、「ソファを頼むとランプスタンドが送られてくる」と皮肉をこめて語った。ラファエル・ベニテス フレッシュアイペディアより)

  • ズラタン・イブラヒモビッチ

    ズラタン・イブラヒモビッチから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2008-2009シーズン終了後、「セリエAでやることはもうない」という発言から移籍が噂されたが、クラブや自身も残留を明言。新シーズンの背番号が10に決定するなどインテルに残留すると思われたが、2009年7月27日、サミュエル・エトオ+移籍金4600万ユーロとのトレードでFCバルセロナへ移籍。5年契約で、背番号はエトオが付けていた9。ズラタン・イブラヒモビッチ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード