84件中 61 - 70件表示
  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2008年5月8日、フランク・ライカールトに代わって2008-09シーズンからFCバルセロナのトップチームの監督に就任することが発表された。前日のエル・クラシコで1-4と屈辱的な敗戦を喫してからすぐの就任発表だった。契約期間は2年で、年俸は欧州のトップクラブの指揮官としてはかなりの低額の150万ユーロと言われている。就任会見でそれまでの中核であったロナウジーニョ、デコ、サミュエル・エトオの構想外を宣言し(エトオは後に残留)、遅刻1分につき500ユーロ(約6万5000円)の罰金を徴収するなど、2006-07シーズンから2シーズン連続で無冠と不振のクラブに改革を施した。クラブの下部組織出身の選手を重用し、レアル・マドリードとのエル・クラシコで2連勝するなど、リーグの最多勝ち点記録を上回るペースで勝ち点を積み重ね、36節終了後に優勝を決めた。決勝でアスレティック・ビルバオを倒したコパ・デル・レイ、マンチェスター・ユナイテッドを倒したUEFAチャンピオンズリーグと合わせ、就任1年目にしてスペインサッカー史上初となる3冠達成を果たした。3冠達成後には「このチームがクラブ史上最強だとは思わないが、最高の成績は残せた」と語った。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル

    サミュエルから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオ - カメルーンのサッカー選手。サミュエル フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    しかし、オランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエA・ACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコ、アドリアーノ・レイテ・リベイロ、サミュエル・エトオとロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • エル・クラシコ

    エル・クラシコから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    また、両クラブ間の直接の移籍はタブー(禁断の移籍といわれている)とされており、移籍した場合ファンからの反発は激しい。過去にはベルント・シュスター、ミカエル・ラウドルップなどがバルセロナからレアル・マドリードへ、ルイス・エンリケなどがレアル・マドリードからバルセロナへと移籍し、相手チームのファンから大きな反発を受けた。なお、サミュエル・エトオ、ハビエル・サビオラの移籍の場合はそれぞれのチームで戦力外であったため、それほど反発は起こらなかったケースもある。エル・クラシコ フレッシュアイペディアより)

  • ヤヤ・トゥーレ

    ヤヤ・トゥーレから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2015年1月9日、アフリカ年間最優秀選手を4年連続で受賞した。これは、サミュエル・エトオ(カメルーン)と並んで歴代トップタイとなっている。ヤヤ・トゥーレ フレッシュアイペディアより)

  • マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェス

    マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェスから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2006年にアンゴラ代表デビューし、アフリカネイションズカップ2008予選を突破して本選出場権を獲得した。2008年1月にガーナで開催された本選グループリーグ初戦の南アフリカ戦では先制点を挙げ、2戦目のセネガル戦(3-1)では2得点を追加した。準々決勝のエジプト戦(1-2)では、25ヤードの距離から「大会史上最高のゴール」と称される得点を挙げたが、優勝したエジプトに敗れてベスト8に終わった。しかしマヌーショ自身は3試合4得点の活躍で、ディディエ・ドログバやサミュエル・エトオといったスター選手をおさえ大会ベストイレブンに選出された。マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェス フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・リエラ

    アルベルト・リエラから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2001年2月25日のラシン・サンタンデール戦でルイス・アラゴネス監督に抜擢されてデビューを果たし、リーグ戦をクラブ史上最高の3位で終えたチームで3試合に出場して1得点した。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグに初出場した。デビュー後の1シーズン半で11試合しか出場することができなかったが、2002-03シーズンはグレゴリオ・マンサーノ監督の下でレギュラーポジションを確固たるものとし、リーグ戦では35試合に出場して4得点した。このシーズン、レオ・フランコ、アリエル・イバガサ、ワルテル・パンディアーニ、サミュエル・エトオなど質の高い選手が揃ったクラブはコパ・デル・レイで優勝した。アルベルト・リエラ フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・イカルディ

    マウロ・イカルディから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2013年7月9日、インテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。完全移籍を視野に入れた共同保有での加入となった。背番号はロナウドやサミュエル・エトオといった名手が着けた9番であり、歴代の選手の中でも最年少で9番を背負うことになった。7月27日のハンブルガーSVとのプレシーズンマッチで移籍後初ゴールとなる先制点を挙げ、8月18日のコッパ・イタリア3回戦チッタデッラ戦で先発出場しインテルでの公式戦デビュー果たした。9月14日のセリエA・ユヴェントス戦(イタリアダービー)では後半23分から途中出場し、同28分には自身の移籍後公式戦初ゴールとなる先制点を挙げた。マウロ・イカルディ フレッシュアイペディアより)

  • ティエリ・アンリ

    ティエリ・アンリから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    リーガ・エスパニョーラ2007-08シーズン、当時3トップを形成していたロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、リオネル・メッシと自身を合わせた組み合わせは“ファンタスティック4”と呼ばれ注目されたが、スペインサッカーのスペースの少ないゆったりしたスタイルに戸惑い、また左ウイングのような役割に徹することで終始低調なプレーが続き30試合12得点でシーズンを終える。ティエリ・アンリ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ライカールト

    フランク・ライカールトから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2004-05シーズンではポルトガルのデコやカメルーンのサミュエル・エトオが新たに加わり、リーグ戦では第6節で首位に立つとその座を維持し続け、最終節を待たずして2005年5月14日のレバンテUD戦で5シーズンぶりの優勝を決めた。同年7月には契約期間を更に2年延長し2009年6月までとすることに合意した。フランク・ライカールト フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード