84件中 71 - 80件表示
  • サッカーカメルーン代表

    サッカーカメルーン代表から見たサミュエル・エトーサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトーが同大会の全参加選手中最年少となる17歳3か月で代表に選ばれ注目されたが、初戦のオーストリア戦、3戦目のチリ戦にいずれも1-1で引き分けたものの、2戦目のイタリア戦で0-3で敗れたことが響き前回大会に続いて1分2敗で最下位となりグループリーグ敗退となった。サッカーカメルーン代表 フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2007-08シーズンは、ジュリがローマに移籍したものの、プレミアリーグのアーセナルからフランス代表のエースストライカー、ティエリ・アンリがチームに加入。サミュエル・エトオ、ロナウジーニョにメッシ自身と4人のワールドクラスのFWを揃えた陣容は「ファンタスティック4」と呼ばれその圧倒的な攻撃力が期待されたが、アンリがチームのスタイルに合うまでに時間を擁し、エトオが負傷、ロナウジーニョが不調と、思うように攻撃陣が機能しない序盤戦、単独での突破から貴重なゴールを幾度となく決めチームを支え、欧州最優秀選手を選出するバロンドールではカカ、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選出された。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • ヤウンデの悲劇

    ヤウンデの悲劇から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    その後のインタビューでサミュエル・エトオは「PKは自分が蹴ろうとしたが、ウォメが蹴らせてほしいと言ってきたので彼に譲ったんだ」とコメント。しかし後日行なわれたウォメの会見(ピエール・ウォメの項参照)などによりエトオの発言が嘘だという事実が分かり、エトオへ批判が集中した。ヤウンデの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2007年7月にはライバルのレアル・マドリードが移籍金として6000万ユーロの予算で彼の獲得を狙っていると噂されたが、「引退するまでFCバルセロナでプレーしたい」と述べて噂を一蹴した。同年夏にはASローマに移籍したFWリュドヴィク・ジュリが着けていた背番号8番を譲り受けた。2008年のFIFA最優秀選手賞の投票では37ポイントを獲得し、9位にランクインした。FCバルセロナの選手はFWリオネル・メッシ、FWサミュエル・エトオ、シャビの3人も10位以内に入った。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ナザリト

    クリスティアン・ナザリトから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2008年にインデペンディエンテ・サンタフェへ移籍。2010年、30試合で11得点を挙げる活躍を見せ、チェルシーFCやレアル・マドリードから興味を示された。スピードと身体能力を活かしたプレーは、「コロンビアのサミュエル・エトオ」とも評された。クリスティアン・ナザリト フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    3月10日 - サミュエル・エトオ、サッカー選手1981年 フレッシュアイペディアより)

  • 16区 (パリ)

    16区 (パリ)から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオ(サッカー選手、カメルーン代表)16区 (パリ) フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2003年、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍金500万ユーロで移籍した。FCバルセロナではかつてFWがプレーしており、クラブ史上2人目のメキシコ人選手となった。2003-04シーズンはリーグ戦21試合に出場し、リーグ戦は2位で終えた。2004-05シーズン途中にはティアゴ・モッタ、エジミウソン、ジェラール・ロペスなど中盤の底を務めていた選手が相次いで離脱したため、本来のポジションであるセンターバックではなく守備的ミッドフィールダーとして起用されたが、チームは17度目のリーグタイトルを獲得した。レバンテUD戦ではリーグ優勝を決めるサミュエル・エトオの得点をアシストしている。2005-06シーズン終盤には左膝を負傷して1ヶ月の間チームを離脱したが、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ACミラン戦ファーストレグで復帰した。2006年5月17日に行われたアーセナルFCとの決勝にも出場して2-1で勝利し、メキシコ人として初めて同大会優勝を果たした。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2010年に開催された南アフリカワールドカップでは、全4試合に左サイドバックでフル出場を果たした。グループリーグ第1戦のカメルーン戦では後にチームメイトとなるサミュエル・エトオを徹底マークし完封、第2戦のオランダ戦においては途中出場したエルイェロ・エリアのポジションに合わせて右サイドバックにポジションチェンジするなどエースキラーとして活躍し、日本代表の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。同大会から国際サッカー連盟(FIFA)が導入したレーザー計測によると、長友のトップスピードは第1戦(カメルーン)では時速30.13キロメートル(km)、第2戦(オランダ)では同26.70kmと、両試合共に対戦相手を含めて最速を記録した。また、この活躍により地元の愛媛県から愛媛県文化・スポーツ賞を授与された。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • ズラタン・イブラヒモビッチ

    ズラタン・イブラヒモビッチから見たサミュエル・エトオサミュエル・エトオ

    2008-2009シーズン終了後、「セリエAでやることはもうない」という発言から移籍が噂されたが、クラブや自身も残留を明言。新シーズンの背番号が10に決定するなどインテルに残留すると思われたが、2009年7月27日、サミュエル・エトオ+移籍金4600万ユーロとのトレードでFCバルセロナへ移籍。5年契約で、背番号はエトオが付けていた9。ズラタン・イブラヒモビッチ フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード