82件中 21 - 30件表示
  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たUDアルメリア

    2008-09シーズン、監督に就任したジョゼップ・グアルディオラの意向により一度戦力外通告を受けるが、最終的に残留する形で踏み止まると、10月25日の第8節UDアルメリア戦でバルサ史上最短の23分間でのハットトリックを達成し(この時点で8試合9得点を記録、バルサ在籍中の得点率が1.34試合となり、バルサ歴代2位につく)、ひとたびリオネル・メッシ、アンリとともに世界最強ともいわれる3トップを組むと、開幕からシーズン終了までゴールを量産。3人でリーガで計72ゴール、さらに国内のカップ戦、UEFAチャンピオンズリーグなどを含めると計100ゴールを挙げ、その圧倒的な攻撃力をヨーロッパ中に知らしめた。自身も自己最多、リーガ2位の30ゴールを記録し、3シーズンぶりのリーガ制覇とチャンピオンズリーグ、さらにはコパ・デル・レイをも制し、スペイン勢史上初の3冠獲得に大きく貢献。チャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では決勝点を挙げた。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たASバーリ

    2009年7月、ズラタン・イブラヒモビッチとのトレード(エトオ+移籍金4600万ユーロ)により、5年契約でインテルへ移籍。2008-09シーズンセリエA24得点(得点ランキング2位タイ)のディエゴ・ミリートと2トップを組むことになった。8月8日のスーパーカップ・ラツィオ戦で移籍後公式戦初出場、初得点を記録すると、セリエAデビューとなった2週間後のバーリ戦でPKによりセリエA初得点を挙げた。2010年3月16日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのチェルシー戦では、チームを4シーズンぶりのベスト8へと導く決勝ゴールを挙げた。その後インテルはセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグを制し、エトオは史上初めて2シーズン連続で三冠を獲得した選手となった。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たサッカーコートジボワール代表

    2006年のアフリカネイションズカップ・エジプト大会では、準々決勝で2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会の最終予選で最後まで出場を争ったコートジボワールとPK戦までもつれたが全員成功し2巡目の最初の番でエトオはクロスバーを越えるミスキックをしてしまい、チームはベスト8で敗れた。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たサッカー日本代表

    FIFAワールドカップ・南アフリカ大会ではグループリーグ初戦の日本戦では、チーム事情から本来のポジションとは異なる右サイドでのプレイを余儀なくされ無得点だったが、デンマーク戦とオランダ戦ではゴールを記録した。9月5日のアフリカネイションズカップ2012予選のモーリシャス戦で2得点を挙げ、代表通算100試合出場と50得点を達成した。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たサッカーカメルーン代表

    サミュエル・エトオ・フィス(Samuel Eto'o Fils, 1981年3月10日 - )は、カメルーン出身で同国代表のサッカー選手。ロシア・プレミアリーグ・FCアンジ・マハチカラ所属。サミュエル・エトーとも表記される。別名黒い宝石。なお、フィスは英語の Jr. (ジュニア)に相当する仏語の添え名である。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たロシアサッカー・プレミアリーグ

    2011年8月24日、ロシア・ダゲスタン共和国に本拠地を置くFCアンジ・マハチカラに3年契約で移籍した。移籍金は非公表であるが、移籍金2700万ユーロ、年俸は2000万ユーロと伝えられている。その3日後に行われたロシア・プレミアリーグ第22節のFCロストフ戦(2-2)では後半58分から出場して80分に同点ゴールを挙げ、第23節のFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド戦では2試合連続となる得点を挙げた。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たレアル・マドリード

    16歳でレアル・マドリードへ移籍する際、イングランドやイタリアからもアプローチがあったようだが、本人がスペインサッカーに最も惹かれていたこともありスペイン行きとなった。フランスのスタイルも気に入っているらしい。ちなみに初めて欧州へ移籍してきたとき間違えてスペインではなくフランスの空港に降りてしまった。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たフアン・カルロス1世 (スペイン王)

    レアル・マドリード時代トヨタカップ優勝を経験しているため、カメルーンに凱旋したときカルロス国王から賞賛されている。その写真はカジ・スポーツアカデミーの食堂に飾ってある模様。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たサッカーアルジェリア代表

    2011年11月15日、代表戦出場ボーナスの支払いがないことから、アルジェリア代表との親善試合をボイコットして試合は中止された。これを重く見たカメルーンサッカー連盟は、16日に代表戦15試合の出場停止処分を下したが、エトオは処分が不服であるとして規律委員会に訴え、4試合の出場停止に軽減された。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たSSラツィオ

    2009年7月、ズラタン・イブラヒモビッチとのトレード(エトオ+移籍金4600万ユーロ)により、5年契約でインテルへ移籍。2008-09シーズンセリエA24得点(得点ランキング2位タイ)のディエゴ・ミリートと2トップを組むことになった。8月8日のスーパーカップ・ラツィオ戦で移籍後公式戦初出場、初得点を記録すると、セリエAデビューとなった2週間後のバーリ戦でPKによりセリエA初得点を挙げた。2010年3月16日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのチェルシー戦では、チームを4シーズンぶりのベスト8へと導く決勝ゴールを挙げた。その後インテルはセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグを制し、エトオは史上初めて2シーズン連続で三冠を獲得した選手となった。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード