82件中 41 - 50件表示
  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たコパ・デル・レイ

    カメルーンのドゥアラ市にあるカジ・スポーツアカデミーの一期生。1年半程度在籍した後、16歳でレアル・マドリード・カスティージャと契約。しかし、外国人であった為セグンダ・ディビシオンBでは試合に出場できず、成長を妨げないようレンタルされ、レガネス、エスパニョール、マジョルカで過ごした後、2000年のシーズン終了後に6億6000万円でマジョルカに完全移籍した。マジョルカでは2002年にコパ・デル・レイ優勝に導くなど活躍している。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たカメルーン

    サミュエル・エトオ・フィス(Samuel Eto'o Fils, 1981年3月10日 - )は、カメルーン出身で同国代表のサッカー選手。ロシア・プレミアリーグ・FCアンジ・マハチカラ所属。サミュエル・エトーとも表記される。別名黒い宝石。なお、フィスは英語の Jr. (ジュニア)に相当する仏語の添え名である。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たアフリカ年間最優秀選手賞

    カメルーン代表の最多得点記録保持者であり、史上最多の4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞、2度のアフリカネイションズカップ優勝、3度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝など数々の栄誉を手にしている。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たサルデーニャ島

    夫人との間に3人の子供がいるが、サルデーニャ島に住む愛人との間に一子を設けている。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド

    2011年8月24日、ロシア・ダゲスタン共和国に本拠地を置くFCアンジ・マハチカラに3年契約で移籍した。移籍金は非公表であるが、移籍金2700万ユーロ、年俸は2000万ユーロと伝えられている。その3日後に行われたロシア・プレミアリーグ第22節のFCロストフ戦(2-2)では後半58分から出場して80分に同点ゴールを挙げ、第23節のFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド戦では2試合連続となる得点を挙げた。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たサッカー

    サミュエル・エトオ・フィス(Samuel Eto'o Fils, 1981年3月10日 - )は、カメルーン出身で同国代表のサッカー選手。ロシア・プレミアリーグ・FCアンジ・マハチカラ所属。サミュエル・エトーとも表記される。別名黒い宝石。なお、フィスは英語の Jr. (ジュニア)に相当する仏語の添え名である。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たハットトリック

    2008-09シーズン、監督に就任したジョゼップ・グアルディオラの意向により一度戦力外通告を受けるが、最終的に残留する形で踏み止まると、10月25日の第8節UDアルメリア戦でバルサ史上最短の23分間でのハットトリックを達成し(この時点で8試合9得点を記録、バルサ在籍中の得点率が1.34試合となり、バルサ歴代2位につく)、ひとたびリオネル・メッシ、アンリとともに世界最強ともいわれる3トップを組むと、開幕からシーズン終了までゴールを量産。3人でリーガで計72ゴール、さらに国内のカップ戦、UEFAチャンピオンズリーグなどを含めると計100ゴールを挙げ、その圧倒的な攻撃力をヨーロッパ中に知らしめた。自身も自己最多、リーガ2位の30ゴールを記録し、3シーズンぶりのリーガ制覇とチャンピオンズリーグ、さらにはコパ・デル・レイをも制し、スペイン勢史上初の3冠獲得に大きく貢献。チャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では決勝点を挙げた。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たTPマゼンベ

    2010-11シーズンも好調が続き、UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ6戦で1位の7得点を記録。セリエAでも得点ランクトップを走ったが、11月21日のキエーヴォ戦では相手選手に頭突きをしてしまい、3試合の出場停止処分を受けた。FIFAクラブワールドカップ2010では決勝のマゼンベ戦で1ゴール1アシストを記録するなど活躍し、ゴールデンボール(MVP)を獲得した。12月21日にはクラブでの活躍が評価され、4度目のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。その後はセリエ、チャンピオンズリーグともに得点王こそ逃したものの攻撃の中心として活躍。2011年5月9日のコッパ・イタリア決勝のパレルモ戦では2得点を挙げ、インテルの2連覇に貢献。またこの2得点でシーズンの総得点を37とし、バルセロナ時代の2008-09シーズンに記録した自己記録を更新した。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たピチーチ賞

    リーガ・エスパニョーラ得点王 : 2005-06(26得点)サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たFIFAコンフェデレーションズカップ2001

    2001年 FIFAコンフェデレーションズカップ 日韓大会 - グループリーグ敗退サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード