82件中 51 - 60件表示
  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たFIFAクラブワールドカップ2010

    2010-11シーズンも好調が続き、UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ6戦で1位の7得点を記録。セリエAでも得点ランクトップを走ったが、11月21日のキエーヴォ戦では相手選手に頭突きをしてしまい、3試合の出場停止処分を受けた。FIFAクラブワールドカップ2010では決勝のマゼンベ戦で1ゴール1アシストを記録するなど活躍し、ゴールデンボール(MVP)を獲得した。12月21日にはクラブでの活躍が評価され、4度目のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。その後はセリエ、チャンピオンズリーグともに得点王こそ逃したものの攻撃の中心として活躍。2011年5月9日のコッパ・イタリア決勝のパレルモ戦では2得点を挙げ、インテルの2連覇に貢献。またこの2得点でシーズンの総得点を37とし、バルセロナ時代の2008-09シーズンに記録した自己記録を更新した。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たシドニーオリンピック

    1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会にはカメルーン代表史上最年少となる17歳3ヶ月で出場した。同年のトヨタカップ、2000年のアフリカネイションズカップ、シドニー五輪を制した。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たインターコンチネンタルカップ (サッカー)

    1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会にはカメルーン代表史上最年少となる17歳3ヶ月で出場した。同年のトヨタカップ、2000年のアフリカネイションズカップ、シドニー五輪を制した。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たUEFAチャンピオンズリーグ 2005-06

    2006年9月のUEFAチャンピオンズリーグ1次リーグ、ブレーメン戦で右ひざ半月板を痛め、全治5ヶ月と診断された。自身が「第二の故郷」としているマジョルカ島で療養していたが、2007年2月に復帰し、ゴールも決めている。なお、復帰後の起用法を巡って出場を拒否するなど、トラブルメーカーぶりもまた、健在である。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たマジョルカ島

    2006年9月のUEFAチャンピオンズリーグ1次リーグ、ブレーメン戦で右ひざ半月板を痛め、全治5ヶ月と診断された。自身が「第二の故郷」としているマジョルカ島で療養していたが、2007年2月に復帰し、ゴールも決めている。なお、復帰後の起用法を巡って出場を拒否するなど、トラブルメーカーぶりもまた、健在である。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見た2006 FIFAワールドカップ

    2006年 FIFAワールドカップ ドイツ大会 - アフリカ地区予選敗退サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見た英語

    サミュエル・エトオ・フィス(Samuel Eto'o Fils, 1981年3月10日 - )は、カメルーン出身で同国代表のサッカー選手。ロシア・プレミアリーグ・FCアンジ・マハチカラ所属。サミュエル・エトーとも表記される。別名黒い宝石。なお、フィスは英語の Jr. (ジュニア)に相当する仏語の添え名である。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たACキエーヴォ・ヴェローナ

    2010-11シーズンも好調が続き、UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ6戦で1位の7得点を記録。セリエAでも得点ランクトップを走ったが、11月21日のキエーヴォ戦では相手選手に頭突きをしてしまい、3試合の出場停止処分を受けた。FIFAクラブワールドカップ2010では決勝のマゼンベ戦で1ゴール1アシストを記録するなど活躍し、ゴールデンボール(MVP)を獲得した。12月21日にはクラブでの活躍が評価され、4度目のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。その後はセリエ、チャンピオンズリーグともに得点王こそ逃したものの攻撃の中心として活躍。2011年5月9日のコッパ・イタリア決勝のパレルモ戦では2得点を挙げ、インテルの2連覇に貢献。またこの2得点でシーズンの総得点を37とし、バルセロナ時代の2008-09シーズンに記録した自己記録を更新した。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たリーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラ (3): 2004-2005, 2005-2006, 2008-2009サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・エトオ

    サミュエル・エトオから見たセリエA (サッカー)

    2009年7月、ズラタン・イブラヒモビッチとのトレード(エトオ+移籍金4600万ユーロ)により、5年契約でインテルへ移籍。2008-09シーズンセリエA24得点(得点ランキング2位タイ)のディエゴ・ミリートと2トップを組むことになった。8月8日のスーパーカップ・ラツィオ戦で移籍後公式戦初出場、初得点を記録すると、セリエAデビューとなった2週間後のバーリ戦でPKによりセリエA初得点を挙げた。2010年3月16日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのチェルシー戦では、チームを4シーズンぶりのベスト8へと導く決勝ゴールを挙げた。その後インテルはセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグを制し、エトオは史上初めて2シーズン連続で三冠を獲得した選手となった。サミュエル・エトオ フレッシュアイペディアより)

82件中 51 - 60件表示

「サミュエル・エトー」のニューストピックワード