前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たピアース・ブロスナン

    2000年にデビュー。2004年公開のオーストラリア映画『Somersault』でオーストラリア映画協会賞主演男優賞を受賞。2002年公開の『ジャスティス』以降、ハリウッドでも活躍するようになる。ピアース・ブロスナンの後任となるジェームズ・ボンド役の最終候補のひとりにダニエル・クレイグやヘンリー・カヴィルと共に挙げられていた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たマット・デイモン

    キャメロン監督との出会いは突然のものだった。当時のことを彼は「無名のオーストラリア俳優だった私を起用しようなんて一瞬、監督は気が狂ってるのではないかと思いました」と語っている。キャメロン監督は、スタジオにワーシントンの起用を実現するために半年かけてスタジオを説得にあたった。スタジオ側は当時、集客力のある俳優を求めていたため、他の主役候補としてキャメロン監督はマット・デイモン、ジェイク・ギレンホールに話を持ちかけた。だが、キャメロンはどうも二人の出演交渉に身が入らなかったようで結局主役はワーシントンとなった。『アバター』の撮影中、キャメロン監督はワーシントンを徹底的にサポートした。これにはワーシントンも感謝の意を示している。撮影終了後、キャメロン監督は「これはワーシントン君のキャリアの終わりではなく、始まりだ。いつまでも私は君と一緒には居られないから今後の人生は君が開いていくんだよ」という温かい言葉をかけたとのこと。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たジェイク・ギレンホール

    キャメロン監督との出会いは突然のものだった。当時のことを彼は「無名のオーストラリア俳優だった私を起用しようなんて一瞬、監督は気が狂ってるのではないかと思いました」と語っている。キャメロン監督は、スタジオにワーシントンの起用を実現するために半年かけてスタジオを説得にあたった。スタジオ側は当時、集客力のある俳優を求めていたため、他の主役候補としてキャメロン監督はマット・デイモン、ジェイク・ギレンホールに話を持ちかけた。だが、キャメロンはどうも二人の出演交渉に身が入らなかったようで結局主役はワーシントンとなった。『アバター』の撮影中、キャメロン監督はワーシントンを徹底的にサポートした。これにはワーシントンも感謝の意を示している。撮影終了後、キャメロン監督は「これはワーシントン君のキャリアの終わりではなく、始まりだ。いつまでも私は君と一緒には居られないから今後の人生は君が開いていくんだよ」という温かい言葉をかけたとのこと。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たダニエル・クレイグ

    2000年にデビュー。2004年公開のオーストラリア映画『Somersault』でオーストラリア映画協会賞主演男優賞を受賞。2002年公開の『ジャスティス』以降、ハリウッドでも活躍するようになる。ピアース・ブロスナンの後任となるジェームズ・ボンド役の最終候補のひとりにダニエル・クレイグやヘンリー・カヴィルと共に挙げられていた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たマックG

    2009年公開のマックG監督作品の『ターミネーター4』で準主役を演じ注目を集め、同年公開のジェームズ・キャメロン監督作品の『アバター』主人公ジェイク・サリーを演じた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たジェームズ・キャメロン

    2009年公開のマックG監督作品の『ターミネーター4』で準主役を演じ注目を集め、同年公開のジェームズ・キャメロン監督作品の『アバター』主人公ジェイク・サリーを演じた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たジェームズ・ボンド

    2000年にデビュー。2004年公開のオーストラリア映画『Somersault』でオーストラリア映画協会賞主演男優賞を受賞。2002年公開の『ジャスティス』以降、ハリウッドでも活躍するようになる。ピアース・ブロスナンの後任となるジェームズ・ボンド役の最終候補のひとりにダニエル・クレイグやヘンリー・カヴィルと共に挙げられていた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たアバター (映画)

    2009年公開のマックG監督作品の『ターミネーター4』で準主役を演じ注目を集め、同年公開のジェームズ・キャメロン監督作品の『アバター』主人公ジェイク・サリーを演じた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たヘンリー・カヴィル

    2000年にデビュー。2004年公開のオーストラリア映画『Somersault』でオーストラリア映画協会賞主演男優賞を受賞。2002年公開の『ジャスティス』以降、ハリウッドでも活躍するようになる。ピアース・ブロスナンの後任となるジェームズ・ボンド役の最終候補のひとりにダニエル・クレイグやヘンリー・カヴィルと共に挙げられていた。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワーシントン

    サム・ワーシントンから見たイギリス

    サム・ワーシントン(Sam Worthington, 本名: サミュエル・ヘンリー・J・ワーシントン、Samuel Henry J. Worthington, 1976年8月2日 - )は、イギリス出身のオーストラリアの俳優。サム・ワーシントン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「サム・ワーシントン」のニューストピックワード