前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示
  • ケバブ

    ケバブから見たサラダサラダ

    トルコでは羊肉、鶏肉が主に使われ、レストランでは皿に盛って供されるが、屋台ではパンにサラダと一緒に挟む食べ方でテイクアウトメニューになっている。ケバブ フレッシュアイペディアより)

  • 惣菜

    惣菜から見たサラダサラダ

    煮物、揚げ物、漬物、豆料理、佃煮、サラダなどのデパート、スーパーの食品売り場で購入してくるものから、弁当のおかずに手ごろな一口分の冷凍食品までいろいろある。惣菜 フレッシュアイペディアより)

  • サラダ油

    サラダ油から見たサラダサラダ

    油脂は多くの種類の脂肪酸を含み、その中で飽和脂肪酸がグリセリンの1、3位に付いたものは低温で固化しやすい。すなわち対称性が良い物は結晶化しやすい。サラダは比較的低温で供されるので、もしこのような分子を含む油脂であればザラツキ感を与える。したがって精製した油を長期間冷蔵(ウィンタリング (wintering) という)し、固化した成分を分離し(この工程を脱蝋工程という)、出荷される。この現象は天ぷら油を一週間冷蔵庫に入れるだけでも簡単に観察できる。サラダ油 フレッシュアイペディアより)

  • メゼ

    メゼから見たサラダサラダ

    メイハネと呼ばれる料理店で供される。トルコのメゼには、ベヤズ・ペイニル(beyaz peynir、フェタチーズに似た白いチーズ)、カヴン(kavun、メロン薄切り)、アジュル・エズメ(acili ezme 、クルミ入りトウガラシペースト)、ハイダリ(haydari、レバントのラブネに似た濃い水切りヨーグルト)、パトゥルジャン・サラタス(patlıcan salatası、冷たいナスのペースト状のサラダ)、カラマル(kalamar )、エンギナル(enginar、アーティチョークの料理)、ジャジュク(cacık、ザジキに似たキュウリとニンニクのヨーグルト和え)、ピラキ(pilaki、豆や野菜をオリーブ油で炒め煮にした料理)、ドルマやサルマ(ブドウの葉やピーマンなどの野菜に肉や米を詰めた料理)、キョフテ(、ミートボール)がある。メゼ フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル料理

    モンゴル料理から見たサラダサラダ

    野菜は内モンゴル自治区およびモンゴル国北部を中心に栽培され、現在のモンゴル料理では一般的な食材になっている。じゃがいも、 タマネギ、人参、カブ(マンジン )、キャベツなどの寒冷地に適した野菜の他に、キュウリ、トマトなどの夏野菜や、チャチャルガン()などの果実も栽培されている。地方によっては、野生のニラやタマネギ、ニンニク、キノコ、マツの実、ベリー類などを採取し食用とする。煮物にする以外に、一部はロシア料理の影響を受けてサラダ()にもされる。モンゴル料理 フレッシュアイペディアより)

  • 大使閣下の料理人

    大使閣下の料理人から見たサラダサラダ

    "ご飯の海鮮サラダ仕立て"大使閣下の料理人 フレッシュアイペディアより)

  • Cafe吉祥寺で

    Cafe吉祥寺でから見たサラダサラダ

    産直トマトのサラダ(M2参照)Cafe吉祥寺で フレッシュアイペディアより)

  • 海軍カレー

    海軍カレーから見たサラダサラダ

    海軍カレー(かいぐんカレー)は、大日本帝国海軍に由来を持つカレーおよびカレーライスのことである。特徴はカレーに小麦粉を炒めて作ったルーを使うことであり、一般的に日本風カレーと言う場合にはこの海軍カレーに類するものを指す場合が多い。その流れを汲む海上自衛隊のカレーライスは、副食として、サラダ、牛乳、ゆで卵等が付けられ、艦内での乗組員の栄養に配慮している。海軍カレー フレッシュアイペディアより)

  • ミズナ

    ミズナから見たサラダサラダ

    臭みの無い淡白な味わいと歯ざわりが特徴で、和え物、鍋物、サラダ、汁物、煮物などにひろく用いられる。浅漬けにすると特にしゃきしゃきした歯ごたえが出て美味い。近畿地方を中心とする地域で、古くから常用されてきた葉野菜であるが、近年では関東地方以北など、全国的に普及してきている。ミズナ フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリー料理

    ハンガリー料理から見たサラダサラダ

    とナポリ出身の妃ベアトリクスはイタリアで興隆していたルネサンス文化に影響され、ニンニク、ショウガ、メース、サフランおよびナツメグやタマネギのような新しい調味料や香辛料や、果物を詰め物に用いたり肉と一緒に調理する料理法をハンガリーにもたらした。これらの香辛料のうち、ショウガやサフランは現在のハンガリー料理ではもはや使われていない。これ以降、非常に多数のサクソン人(ドイツ系民族)、アルメニア人、イタリア人、ユダヤ人、セルビア人がパンノニア平原とトランシルヴァニアに移住した。オスマン帝国領ハンガリーの時代には、様々な古典的トルコ料理の要素が取り込まれた。トゥルクメーズ(törökméz)と呼ばれる白いヌガー、マルメロの菓子、ロクムやハルヴァ、トルココーヒー、ベイグリと呼ばれるケーキ、トランシルヴァニアに見られるピラフのような米料理、パドリジャーンシャラータ(padlizsánsaláta、ナスのサラダ)、ドルマに影響されたトゥルトゥット・パプリカ(Töltött paprika)やトゥルトゥット・カーポスタ(Töltött káposzta、具詰めキャベツ)のような肉と野菜の料理などがこれにあたる。また、トウガラシはオスマン帝国時代に伝来した。ハンガリー料理はオーストリア=ハンガリー帝国のもと、オーストリア料理の影響を受けた。料理および調理手法がオーストリア料理から取り入れられ、またグヤーシュのようにハンガリー料理が逆にオーストリア料理に影響を与えた例もある。ハンガリーのケーキと菓子には、ドイツ/オーストリアの強い影響が見られる。現在のハンガリー料理は、古代アジアの要素にドイツ、イタリア、スラヴの要素を統合したものと言われている。ハンガリーの食文化は、ユーラシア大陸の食文化のるつぼであると考えることができる。ハンガリー料理 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード