408件中 111 - 120件表示
  • クラコット

    クラコットから見た生野菜サラダ

    クラコット(Cracotte)はフランスに由来する堅パンの一種である。非常食としてのほか、クラッカーのように日常の軽食としてそのまま食したり、カッテージチーズなどのナチュラルチーズや生野菜をはさんでオードブルなどに供せられる。クラコット フレッシュアイペディアより)

  • リーキ

    リーキから見たサラダサラダ

    春まきの品種と秋まき(越冬型)の品種とがある。一般的に越冬型の方が香りが強い。根深ネギと同様に軟白化した部分を煮込み、スープ、サラダなどに利用する。緑色の部分も若く柔らかい物はニラの様に利用される。リーキ フレッシュアイペディアより)

  • ミゾコブシボラ

    ミゾコブシボラから見たサラダサラダ

    北米で主にイタリア料理や中華料理の素材として用いられ、特にイタリア系アメリカ人の間では近縁種とともに "Scungilli"(つぶ貝の意) の名でパスタ料理やサラダに利用される。また、市場では時に“Pear conch”(“洋ナシ型のつぶ貝”)の名で売られることもある。ミゾコブシボラ フレッシュアイペディアより)

  • 角切り

    角切りから見たサラダサラダ

    賽の目切りにした野菜のサラダ。フランス料理では小さめの賽の目切りのことも「マセドワーヌ」という。果物のマセドワーヌは、日本ではマチェドニア()と呼ばれることが多い。角切り フレッシュアイペディアより)

  • ビーデンコプフ

    ビーデンコプフから見たサラダサラダ

    地元で「デア・ブロット」と呼ばれるカルトッフェルブラーテン(ジャガイモ焼き)は典型的なビーデンコプフの習慣である。この習慣は、秋のジャガイモの収穫から派生した。初秋には数多くの森の広場で伝統的にブナの熾き炭で生のジャガイモが焼かれる。新たに伐採されたブナの木材で焚き火が行われ、熾き炭が作られる。十分な量の熾き炭が用意できたらすぐに、炭を炎から出して平らに広げる。そしてジャガイモは初め熾き炭の上でまず「汗をかくまで」熱せられる。これによって余分な水分がジャガイモから蒸発する。その後ジャガイモは熾き炭で完全に覆われ、十分に焼けた状態にする。焼き上がった後、適切な器具でジャガイモを火から取り出す。理想的には柄の長い目のつんだフォークのようなものである。焼き上がり、皮をむいていないジャガイモはバターと塩で味付けされ、レバーソーセージやサラダを添えて食される。ビーデンコプフでは、伝統的に付け合わせのサラダは3種類である: ダイコンのサラダ、タマネギのサラダ、ニシンのサラダである。火は、ブラートマイスター(焼き責任者)によって午前中に点火され、昼にはジャガイモを焼くのに十分な量の熾き炭が得られるようにしておく。ジャガイモを焼いた後の火と薪は引き続き手を入れてその日のうちは十分な炭を確保する。午後から夕方にかけて、メットヴルスト(脂肪分の少ない挽肉で作られたソーセージ)や小さく切り分てベーコンを巻いたミートローフなどがその炭で焼かれる。さらに生ビール(ピルスナービール)や(主にキャラウェイの)リキュールを飲む。ビーデンコプフ フレッシュアイペディアより)

  • パパイア

    パパイアから見たサラダサラダ

    タイでは、同じく未完熟で青いパパイアの皮をむき、果肉を千切りにしてニンニク、唐辛子、パクチー、ナンプラー、うま味調味料などと和えたソムタムというサラダにする。タイでは乾燥させたものをかんぴょうの代用にし、日本向けの輸出食品に用いることがある。パパイア フレッシュアイペディアより)

  • 温野菜

    温野菜から見たサラダサラダ

    日本では一般にトマトというと生食用のもの(サラダなどに使われる)が一般的であるが、その生食用トマトでも内部の水っぽい部分を取り除いた肉質の部分を使った料理も可能である。またイタリア料理では加熱調理したトマトが多用されるが、特にこれは加熱調理に向いた品種が利用される。焼きトマトと呼ばれる味付けし炒め焼くレシピもよく知られている。温野菜 フレッシュアイペディアより)

  • Porphyra umbilicalis

    Porphyra umbilicalisから見たサラダサラダ

    Laverは、ラムやマトンと共にサラダとして冷やして食べてもいい。簡単な調理としては、Laverを温めたり、バターとレモンやダイダイの果汁を加えたりするものがある。Laverは温めても、茹でたベーコンと共に供してもいい。laverbreadとして知られるウェールズ料理を作るために使うことがある。Porphyra umbilicalis フレッシュアイペディアより)

  • カット野菜

    カット野菜から見たサラダサラダ

    カット野菜の代表的な形態は量販店等で袋に入れられた状態で販売されているサラダやカップサラダである。また外食や内食向けに野菜を千切りや角切り、たんざく切り、乱切り等に加工した商品もカット野菜と呼ばれる。ただしカット野菜には公的な定義がなく、統計調査では、剥きタマネギや芯抜きキャベツなど野菜に付加価値を付ける目的で加工した商品はカット野菜とし、量販店等が仕入れた野菜の価格低減や数量調整を目的に野菜をカットして販売する場合はカット野菜から除外するなど一定の基準を設けて調査が行われる。カット野菜 フレッシュアイペディアより)

  • オリヴィエ・サラダ

    オリヴィエ・サラダから見たサラダサラダ

    オリヴィエ・サラダ()、サラート・オリヴィエ()とは、ロシア料理のサラダの一つである。サラート・ストリーチヌィ(、「首都サラダ」)の名称でも知られる。モスクワのホテル・レストラン「エルミタージュ」(Hermitage)でシェフを務めたベルギー人によって考案された。オリヴィエ・サラダ フレッシュアイペディアより)

408件中 111 - 120件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード