408件中 11 - 20件表示
  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見たサラダサラダ

    ポーランド人はゆで卵を食事に多用し、スープ(ズッパ zupa)やサラダ(サワトカ sałatka)の具などとして、またその他のメニューにも付け合わせとして頻繁に登場する。ゆで卵は復活祭の正餐には絶対に欠かせない。またポーランドの人々は伝統的に乳製品を非常に好み、独特の製法でさまざまなチーズを作るが、古くは7500年前の「世界最古のチーズ」製造の痕跡が現在のポーランドで発見されている。ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル料理

    モンゴル料理から見たサラダサラダ

    野菜は内モンゴル自治区およびモンゴル国北部を中心に栽培され、現在のモンゴル料理では一般的な食材になっている。じゃがいも、 タマネギ、人参、カブ(マンジン )、キャベツなどの寒冷地に適した野菜の他に、キュウリ、トマトなどの夏野菜や、チャチャルガン()などの果実も栽培されている。地方によっては、野生のニラやタマネギ、ニンニク、キノコ、松の実、ベリー類などを採取し食用とする。煮物にする以外に、一部はロシア料理の影響からサラダ()にもされる。モンゴル料理 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ風中華料理

    アメリカ風中華料理から見たサラダサラダ

    寿司や刺し身を含む日本料理とは対照的に、生もしくは調理していない材料を用いたサラダは伝統的な中国料理ではまれであった。しかし、アメリカ風中華料店でも高級店を中心に客の要望に答えてこれらの食材を用いた料理を提供するようになっている。アメリカ風中華料理 フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア料理

    インドネシア料理から見たサラダサラダ

    ルジャッ(rujak、フルーツサラダ):青いマンゴー、青いパパイヤ、パイナップル、スターフルーツ、紅サツマイモなどを黒砂糖のサンバルで和えたもの。インドネシア料理 フレッシュアイペディアより)

  • コスタリカ料理

    コスタリカ料理から見たサラダサラダ

    コスタリカではヤシの芽(成長点)もポピュラーな食材の一つであり、缶詰や瓶詰で売られている。サラダや米のグラタン、パイの具などに用いる。コスタリカ料理 フレッシュアイペディアより)

  • マヨネーズ

    マヨネーズから見たサラダサラダ

    当初はフランス料理の肉用のソースの一種であったが、サラダなどの料理における調味料として利用されている。マヨネーズ フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク料理

    デンマーク料理から見たサラダサラダ

    大都市および商業地域には、マクドナルドやバーガーキングのようなファストフードレストランを含め、値ごろな飲食店が数多くある。最も一般的なファストフードレストランは『バーガーバー』または『グリルバー』で、一般的にハンバーガー、ピザ、ホットドッグや様々な種類のファストフードの食事を主に提供する。これらは、デンマークの大小あらゆる都市に存在する。他の普及しているファストフードにはトルコおよび中東の名物、ファラフェル、ケバブ、回転焙り焼きした肉(多くの場合シャワルマ)などがあり、サラダと共にピタで挟んだりデュラム粉のフラットブレッドで包んだりして供される。デンマーク料理 フレッシュアイペディアより)

  • びっくりドンキー

    びっくりドンキーから見たサラダサラダ

    1968年12月、「ハンバーガーとサラダの店・ベル」を「カウベル・カンパニー」が岩手県盛岡市大通に開業し、びっくりドンキーの前身となる。びっくりドンキー フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリー料理

    ハンガリー料理から見たサラダサラダ

    ハンガリー料理は、マジャル人の歴史に影響されてきた。ハンガリーの食における肉の重要性は家畜の重要性とマジャール人の遊牧民的な生活習慣により明らかであり、グヤーシュのような、火で調理する伝統的な肉料理に反映されている(マジャル語で「gulyás」は「牧夫の(食事)」を意味する)。煮込み料理や辛い川魚のスープ、ハラースレーは、伝統的に屋外で火にかけてボグラーチ(釜)で調理する。15世紀に、マーチャーシュ1世とナポリ出身の妃ベアトリクスはイタリアで興隆していたルネサンス文化に影響され、ニンニク、ショウガ、メース、サフランおよびナツメグやタマネギのような新しい調味料や香辛料や、果物を詰め物に用いたり肉と一緒に調理する料理法をハンガリーにもたらした。これらの香辛料のうち、ショウガやサフランは現在のハンガリー料理ではもはや使われていない。これ以降、非常に多数のサクソン人(ドイツ系民族)、アルメニア人、イタリア人、ユダヤ人、セルビア人がパンノニア平原とトランシルヴァニアに移住した。オスマン帝国領ハンガリーの時代には、様々な古典的トルコ料理の要素が取り込まれた。テレクメーズ (törökméz) と呼ばれる白いヌガー、マルメロの菓子、ロクムやハルヴァ、トルココーヒー、ベイグリと呼ばれるケーキ、トランシルヴァニアに見られるピラフのような米料理、パドリジャーンシャラータ(padlizsánsaláta, ナスのサラダ)、ドルマに影響されたテルテット・パプリカ (Töltött paprika) やテルテット・カーポスタ(Töltött káposzta, 具詰めキャベツ)のような肉と野菜の料理などがこれに当たる。また、トウガラシはオスマン帝国時代に伝来した。そしてハンガリー料理はオーストリア=ハンガリー帝国の下、オーストリア料理の影響を受けた。料理および調理手法がオーストリア料理から取り入れられ、またグヤーシュのようにハンガリー料理が逆にオーストリア料理に影響を与えた例もある。ハンガリーのケーキと菓子には、ドイツ・オーストリアの強い影響が見られる。現在のハンガリー料理は、古代アジアの要素にドイツ、イタリア、スラヴの要素を統合したものと言われている。ハンガリーの食文化は、ユーラシア大陸の食文化のるつぼであると考えることができる。ハンガリー料理 フレッシュアイペディアより)

  • ビリヤニ

    ビリヤニから見たサラダサラダ

    ビリヤニに一般的に使用されるスパイスや調味料はギー、ナツメグ、メース、クミン、 コショウ、クローブ、 カルダモン、シナモン、ローリエ、コリアンダー、ミント、ショウガ、タマネギ、そしてニンニクなどである。また高級スパイスであるサフランも使用されることがある。ノンベジビリヤニの場合にはこれらのスパイスと共に、牛肉や鶏肉、ヤギ、羊肉などの肉や魚もしくはエビなどの魚介類が用いられる。またビリヤニはそれ単独ではなく、ダヒチャツネやライタ、コルマ、酸味のある茄子カレーを初めとするカレー類、ゆで卵やサラダなどと一緒に供されることもある。ビリヤニ フレッシュアイペディアより)

408件中 11 - 20件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード