303件中 11 - 20件表示
  • ビリヤニ

    ビリヤニから見たサラダサラダ

    ビリヤニに一般的に使用されるスパイスや調味料はギー、ナツメグ、メース、クミン、 コショウ、クローブ、 カルダモン、シナモン、ローリエ、コリアンダー、ミント、ショウガ、タマネギ、そしてニンニクなどである。また高級スパイスであるサフランも使用されることがある。ノンベジビリヤニの場合にはこれらのスパイスと共に、牛肉や鶏肉、ヤギ、羊肉などの肉や魚もしくはエビなどの魚介類が用いられる。またビリヤニはそれ単独ではなく、ダヒチャツネやライタ、コルマ、酸味のある茄子カレーを初めとするカレー類、ゆで卵やサラダなどと一緒に供されることもある。ビリヤニ フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル料理

    ポルトガル料理から見たサラダサラダ

    ポルトガルのステーキ、ビフェ(bife)は油で焼いた牛肉または豚肉の薄いスライスに、フライドポテト、炒め飯またはサラダを添えたものである。栄養価を高めるために目玉焼きを肉の上に載せて供する場合には、「騎乗した卵添えビフェ」(bife com um ovo a cavalo)という名称で呼ばれる。イスカス(Iscas、レバー炒め)は、リスボンの古い居酒屋でよく注文されるが、ジャガイモのソテーがつくとイスカス・コン・エラス(Iscas com elas、「彼女たち」添えイスカス)と呼ばれる(「彼女たち」(elas)とはジャガイモのソテーを指している)。小さな牛肉または豚肉のステーキを巻いたものは牛肉ならプレゴス(pregos)、豚肉ならビファナス(bifanas)と呼ばれる一般的な軽食であり、しばしばビヤホールでは大ジョッキのビールとともに供されるが、しかしながら時間と経済に制約のある現代では、ホワイトカラーの労働者たちがプレゴまたはビファナ一つだけを昼食として軽食堂のカウンターで食べることもある。マデイラ諸島では、エスペターダというケバブ風の肉の串焼きが非常に一般的である。ポルトガル料理 フレッシュアイペディアより)

  • スパゲッティ

    スパゲッティから見たサラダサラダ

    スパゲッティの上にシーザーサラダなどを敷き、ドレッシングをかけて食べるスパゲッティサラダや、キュウリ・タマネギ・ハムなどと一緒にマヨネーズで和えてサラダ風にするものもある。両者とも、コンビニエンスストアやデパートの地下食料品売場、食料品店に並ぶことが多い。主食としてより、サイドディッシュとしての意味合いが強い。定食や弁当の付け合わせとして、マヨネーズなどで簡単な味付けがなされたスパゲッティが用いられることもある。スパゲッティ フレッシュアイペディアより)

  • 広東語

    広東語から見たサラダサラダ

    沙律 saa1leot6(変調:saa1leot2) : salad (サラダ)広東語 フレッシュアイペディアより)

  • マヨネーズ

    マヨネーズから見たサラダサラダ

    当初はフランス料理の肉用のソースの一種であったが、サラダをはじめ調味料として様々な料理に広範に利用されている。マヨネーズ フレッシュアイペディアより)

  • レンコン

    レンコンから見たサラダサラダ

    下準備として、皮を剥き、大抵の場合は水や酢水に入れて黒くならないように色止めを行う。特に変色を防ぎたいとき(サラダなど)には酢水の方が適しているとされる。色止めをしたものはシャキシャキとした歯ごたえになるが、しなかったものはモチモチとした食感になる。下準備の済んだものは、輪切りなど適当な大きさに切り分けられ、冷凍または水につけられた状態で販売されている。レンコン フレッシュアイペディアより)

  • タイ料理

    タイ料理から見たサラダサラダ

    果物の種類は非常に豊富で、スイカ、バナナ、ドリアン、マンゴスチン、ミカン、パイナップル、ランブータン、パパイヤ、ブンタン、リュウガンなどさまざまである。これらは生のままで食べるだけでなく、ジュースにして飲むことも多い。また、熟す前の青いパパイヤは野菜として扱われ、ソムタムなどのサラダに利用される。タイ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ソース (調味料)

    ソース (調味料)から見たサラダサラダ

    ソースには、醤油のように調理のため購入する加工製品と、ベシャメルソースのように、通常調理時に作るものがある。前者はガラス瓶もしくはプラスチック製のボトルやパック(弁当用などの個包装)に入れて販売される。サラダ向けソースはドレッシングと呼ばれる。他に、肉を調理した肉汁(フォン)が残されたソースパン(片手鍋)に香味(エシャロット微塵切りなど)を加えて作ったパンソースがある。香味がなじんだ後、液体(煮出し汁、ワイン、または水)を加えて鍋底のフォンを溶かす(デグラッセと呼ばれる工程)。更にバターを加えて即席ソースを作ることもできる。ソース (調味料) フレッシュアイペディアより)

  • 給食

    給食から見たサラダサラダ

    1996年7月、大阪府堺市で、学校給食を食べた児童ら約9500人がO157集団食中毒に感染し、3人が死亡した。これを受け当時の文部省、厚生省から新たに調理方法(大量調理マニュアル)が示された。施設が不十分でそれに対応できない学校給食施設では、生の野菜や果物を献立に使用することができなくなり、これらの施設で調理される学校給食の献立から、生野菜であるサラダや切った果物が姿を消した。現在、多くの学校の学校給食では、例えばトンカツのつけあわせに茹でたキャベツ(→温野菜)を使うなど、生野菜やサラダを使わない献立になっているが、安全な地場産の野菜を使うなどの工夫から生野菜を復活させている地方もある。また従来では、児童らに特別な思い入れが出ることから持ち帰りを大目に見ていたゼリーやプリン等も、持ち帰りも原則として禁止している。児童・生徒側の防止策として学校によっては食べる前に手を消毒液に浸けて殺菌させているケースもある。給食 フレッシュアイペディアより)

  • バルサミコ酢

    バルサミコ酢から見たサラダサラダ

    色は茶色を濃くした黒色で、その名の通り独特の芳香があり、オリーブ・オイルとともにサラダにかけるなどイタリア料理の味つけや香り付け、隠し味に使われる。ほかの食酢にはない甘味があるため、デザートの味付けやトッピングに使われることもある。バルサミコ酢 フレッシュアイペディアより)

303件中 11 - 20件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード