408件中 51 - 60件表示
  • マカダミア油

    マカダミア油から見たサラダサラダ

    マカダミア油(Macadamia oil)は、オーストラリア原産のマカダミアの殻果から抽出される不揮発性油である。揚げ物やサラダの調理に用いられる他、柔軟化粧水や芳香定着剤として化粧品の調剤に用いられる。マカダミア油 フレッシュアイペディアより)

  • チョロギ

    チョロギから見たサラダサラダ

    チョロギは中国からヨーロッパにも伝わり、フランスでも食用とされる。フランスではクリーム煮やサラダとして食べることがある。フランスでjaponaise(ジャポネーズ、日本風)と名前に付く料理には、なぜか必ず付け合せにチョロギを盛り付ける。チョロギ フレッシュアイペディアより)

  • ノヂシャ

    ノヂシャから見たサラダサラダ

    ノヂシャ(野萵苣、学名: )は、スイカズラ科(またはオミナエシ科)ノヂシャ属の1年草〜2年草。おもにサラダ用として生食する。ノヂシャ フレッシュアイペディアより)

  • 異型担子菌綱

    異型担子菌綱から見たサラダサラダ

    幾つかのものは生で食べられる。また、毒をもったキクラゲ類は少ない。しかしながら、多くの種では特別にうまいものではない。シロキクラゲのように幾つかの種はスープやサラダなどに使われており、中国では不老長寿の霊薬としても求められていた。栽培されているものもある。異型担子菌綱 フレッシュアイペディアより)

  • サラド

    サラドから見たサラダサラダ

    サラド フレッシュアイペディアより)

  • ニース風サラダ

    ニース風サラダから見たサラダサラダ

    ニース風サラダ フレッシュアイペディアより)

  • カルローズ

    カルローズから見たサラダサラダ

    特徴としては中粒種であるため、短粒種と比べると水分値が低く、ねばり気も少ない。逆にタイ米などの長粒種と比べるとしっとりしている。また、香りや味を吸収しやく、冷えた状態でも比較的味が落ちにくい。世界各地において地中海料理、西欧料理、アジア料理の中でパエリア・リゾット・スープ・カレー・ドリア・サラダなどに使われている。カルローズ フレッシュアイペディアより)

  • ペペロンチーニ

    ペペロンチーニから見たサラダサラダ

    ペペロンチーニは、主にサンドイッチやサラダの具材や料理の付け合わせとして用いられる。また、ケバブにもしばしば用いられる。酢漬けの味が移るのを防ぐため、使う前には冷水ですすぐ。酢漬けにしたペペロンチーニは、明るい黄色から明るい黄緑色に変色する。ペペロンチーニ フレッシュアイペディアより)

  • ウォルドーフサラダ

    ウォルドーフサラダから見たサラダサラダ

    ウォルドーフサラダ()は、リンゴやナッツ(特に胡桃)、セロリ、マヨネーズ及びマヨネーズをベースに作られたドレッシングを用いて作られるサラダウォルドーフサラダ フレッシュアイペディアより)

  • イーサーン料理

    イーサーン料理から見たサラダサラダ

    未熟なパパイヤの果肉を包丁で千切りにし、香辛料で和えたサラダ。塩漬けの川ガニ、トマト、ジュウロクササゲまたはサヤインゲンなどと一緒に臼に入れ、すりこぎでよく叩いて供する。イーサーン料理 フレッシュアイペディアより)

408件中 51 - 60件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード