303件中 61 - 70件表示
  • 長崎サラダ

    長崎サラダから見たサラダサラダ

    長崎サラダ(ながさきサラダ)は、長崎県長崎市の一部の飲食店でメニューとなっているB級グルメ料理で、皿うどんを使ったサラダ、もしくは麺料理。長崎サラダ フレッシュアイペディアより)

  • ツブ

    ツブから見たサラダサラダ

    肉はアワビやサザエに比べるとずっと柔らかいものの適度な歯応えがあり、ほのかな旨みと甘みのあるやや淡白な味のものが多く、様々な料理に使うことができる。本場とも言える北海道での代表的な調理法の一つは「焼き螺(やきつぶ)」で、中身を引き出して内臓を除き、エゾバイ科のものであれば唾液腺を取り除いてから殻に戻し、網の上で焼きながら醤油など調味料を垂らし食べるものであるが、その香ばしい匂いで客を誘うツブ焼き屋台などは当地の風物の一つである。そのほか串焼き・付け焼き・ぬた・塩茹で・和え物(あるいはサラダ)や、寒い時期にはおでんなども旨い。刺身や寿司などにもよく使われ、回転寿司などに用いられるのは冷凍の剥き身で輸入されたヨーロッパエゾバイなどが多い。エゾバイ属 Buccinum の種は比較的肉が柔らかく刺身や寿司ネタで美味、エゾボラ属 Neptunea の種はやや歯応えがある。ツブ フレッシュアイペディアより)

  • 先割れスプーン

    先割れスプーンから見たサラダサラダ

    先割れスプーンは、プラスチックや金属、あるいは木で作られる。プラスチックの先割れスプーンはしばしば使い捨てだが、金属と木の先割れスプーンは洗って何度も利用することを意図している。木の先割れスプーンでも大きなものは、家庭の食卓でサラダやマッシュポテトなど椀に盛られた料理を、各々の皿に取り分ける際にトングと共に使われる場合もある。先割れスプーン フレッシュアイペディアより)

  • ザッショクノボリフジ

    ザッショクノボリフジから見たサラダサラダ

    乳白色の種子は40%以上のタンパク質と20%の脂肪を含んでおり、古代からアンデスの人々によって特にスープ、シチュー、サラダあるいは茹でたトウモロコシと混ぜて食料として利用されてきた。その他の豆類と同様に、必須アミノ酸のリジンが豊富である。種皮は柔いため調理が容易である。ザッショクノボリフジ フレッシュアイペディアより)

  • ローマの料理

    ローマの料理から見たサラダサラダ

    食事のこの部分は、gustatio またはpromulsis と呼ばれ、軽く食欲をそそる料理からなる。通常の飲み物は、ワインと蜂蜜を混ぜたmulsum である。卵(ほとんどのは鶏卵であるが、鴨やガチョウ、特別な場合クジャクの卵)が重要な役割を果たす。他の主な前菜はサラダと野菜である。大規模な祝宴では、複数の前菜が次々と出される。ローマの料理 フレッシュアイペディアより)

  • テーブルビート

    テーブルビートから見たサラダサラダ

    テーブルビートの根は、皮をむかずに茹でるかアルミホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにすると美味である。少し冷ましてから指でしごくと皮は簡単にむける。火を通したテーブルビートはスライスしてバターを添えて食べたり、甘酢につけてピクルスにしたりすることが多い。生の根は皮をむいてから粗くおろし金でおろし、サラダに入れることもできる。若い葉と茎はくせがなく食べやすく、ややホウレンソウと似ている。テーブルビート フレッシュアイペディアより)

  • 昼食

    昼食から見たサラダサラダ

    高校生・大学生や社会人における昼食は、家庭で作った弁当、購買部の利用、学生食堂又は社員食堂の利用、食堂又は喫茶店での外食、ファーストフード店の利用、コンビニエンスストアのおにぎりや弁当などがある。食堂によっては、「ランチタイムサービス」と称して、昼食時のみスープ、ミニサラダやコーヒーなどをサービスとして付けたり、価格も夜の料金よりも低く設定したりしていることもある。昼食 フレッシュアイペディアより)

  • コランダー

    コランダーから見たサラダサラダ

    コランダー(Colander)は、調理器具のひとつ。水切り用のボウルで、周囲に穴が開いている。水洗いしたサラダ野菜や茹でたパスタの水切りに使用する。そのまま置いてあってもいいように、高台がついていたり、流しにかけられるように両端に取っ手が付いているようなデザインのものも出ている。材質は、ステンレス、ホーロー、プラスチックなどがある。コランダー フレッシュアイペディアより)

  • 加工卵

    加工卵から見たサラダサラダ

    金太郎飴のような、長い円筒形のゆで卵。ロングエッグとも呼ばれる。黄身と白身の割合を均一にできるため、北ヨーロッパなどでは1970年代から製造されてきた。二重の金属チューブの内側と外側の間に卵白液を充填して加熱・凝固させる。次いで内側のチューブを引き抜いて筒状の卵白の中に卵黄を充填、再び加熱・凝固し、真空包装・加熱殺菌ののち冷却する。卵白・卵黄の比率は62%:38%で、全卵中の卵白・卵黄の比率とほぼ同じである。主に、輪切りにしてコンビニエンスストアなどで販売されるサラダやチルド麺類などに用いられる。加工卵 フレッシュアイペディアより)

  • エンダイブ

    エンダイブから見たサラダサラダ

    エンダイブ( 、学名:Cichorium endivia)は、ヨーロッパ原産のキク科の一年草で、野菜である。和名はキクヂシャ(「菊」+レタスの和名「チシャ」による)。同じキクニガナ属の多年生野菜チコリーと同様に独特の苦みがあるが、見かけはチコリーと違い非結球レタスに似ている。緑の葉または軟白栽培した黄白色の葉を、生(サラダ)または加熱調理して食べる。生産量はフランスとベルギーで多い。エンダイブ フレッシュアイペディアより)

303件中 61 - 70件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード