408件中 61 - 70件表示
  • 東京うど

    東京うどから見たサラダサラダ

    江戸時代の1805年(文化2年)に刊行された『素人庖丁二編』という料理書には「うどの葛だまりがけ」(だし汁で煮込んだうどに葛粉を使ったあんをかけたもの)、「うどの焚き出し」(適度な長さに切ったうどの皮を剥いて酒と醤油で煮たもの)が紹介されていた。酢水にさらしたうどを酢味噌和えや天ぷらなどとして食すほかに、サラダや炒め物など、洋風や中華風の料理の食材にもよく合う。東京うど フレッシュアイペディアより)

  • 豊富ホッキチャウダー

    豊富ホッキチャウダーから見たサラダサラダ

    豊富町が開発し、2010年10月6日に販売を開始した新しいご当地グルメで、2010年10月現在町内の4店舗で提供している。和風だしをベースに、豊富産ホッキ貝と牛乳、道内産の野菜を使ったチャウダーとホッキをのせたオープンサンド、サロベツはまなす牛乳、チーズ入り野菜サラダのセットで販売されている。豊富ホッキチャウダー フレッシュアイペディアより)

  • クローシュカ・カルトーシュカ

    クローシュカ・カルトーシュカから見たサラダサラダ

    1998年、Andrey KononchukとVitaliy Naumenkoがモスクワでジャガイモを使用したファーストフードを移動販売車で売り始めたのが始まり。店名は『クローシュカ・カルトーシュカ』。十分に焼いたジャガイモにサラダなどの生鮮品やバター等をトッピングしたものをアルミホイルで包んで客に販売していた。2003年より『クローシュカ・カルトーシュカ』はショッピング・モールなどの商業施設に定位置の店舗として売店を構えるようになった。クローシュカ・カルトーシュカ フレッシュアイペディアより)

  • 南弥右衛門

    南弥右衛門から見たサラダサラダ

    大正6年(1917年)に1200エーカーの農地を入手し独立。サラダやサンドイッチの具材などアメリカ人の食生活に欠かせないレタス、カリフラワー、セロリなどを栽培・出荷。アメリカ全土の作物の流通・価格の状況、作柄、天候など広範な情報を収集し、また投機をしない慎重かつ堅実な経営によって事業規模を拡大した。昭和4年(1929年)、南父子農業商会を設立。このころには作物の販路は東部のシカゴやニューヨークといった都市にまで及び、弥右衛門は「サンタマリアのレタス王」と呼ばれるまでの日系人社会での有力者に成長していた。翌昭和5年(1930年)には南山田貿易商会を設立、増加する日本人移民の需要を満たすため日本から肥料、食料品、雑貨等の輸入も開始した。その後、南加中央産業組合長に就任、日系人の経済活動の発展に努め、また米国中央日本人会会長として新規に渡米した移民の指導、故郷の小学校への寄付など社会事業にも貢献した。南弥右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • モルタデッラ

    モルタデッラから見たサラダサラダ

    精選した豚肉を肌理の細かいひき肉にし、これにさいの目に切った豚の喉の部分の脂身を加え、蒸してつくったもの。円筒形または楕円形で綺麗なうすピンク色をしている。塩味は濃すぎず、生臭さもあまりなく、やわらかい舌触りと優しい味がする。製造会社によっても異なるが、ラードのかたまりのほかにピスタチオや黒こしょうが粒のまま加えてある。大きさは様々であるが、ボローニャ市内では直径20cm前後のものをよく見かけることができる。食べ方としては、薄切りにしたり、さいの目に切ったものをサラダに加えて食べたり、生クリーム又はトマトベースのソースなどに加えてパスタとあえて食べることが多い。モルタデッラ フレッシュアイペディアより)

  • タマリロ

    タマリロから見たサラダサラダ

    熟した果実はそのまま、もしくは砂糖を加えて生食される。また、サラダや煮込み料理に加えられたり、オランデーズソース、チャツネ、ピューレ等に加工される。コンポート、シュトゥルーデル、ババロアなどにも使用されている。タマリロ フレッシュアイペディアより)

  • グンバイナズナ

    グンバイナズナから見たサラダサラダ

    サラダの材料やサンドイッチの具などとして食用にされることがある。ただし生では苦いため、油通ししてから食されることもある。またバイオディーゼル燃料の原料にされることもある。グンバイナズナ フレッシュアイペディアより)

  • ブリャーク

    ブリャークから見たサラダサラダ

    ブリャーク(ブリャーク)は、ウクライナ語で根菜のビート(テーブルビート、スヴョークラ)を指す語である。ビートは日本では野菜としては普及しておらず、砂糖用品種のテンサイの方の知名度が高い。ボルシチやサラダなどにしばしば用いられる、大根に似て内部まで鮮紅色に染まった肥大根を発達させる野菜である。赤かぶなどとも翻訳されて大根やカブの仲間と誤認されがちだが、ホウレンソウと同じアカザ科の植物である。ウクライナでは各家庭の田舎で自家栽培されていることが多いが、スーパーマーケットや市場でも流通する。日本では、まれに缶詰加工されたものが販売されている。ブリャーク フレッシュアイペディアより)

  • 大和まな

    大和まなから見たサラダサラダ

    種をまいてから2週間前後で収穫する間引き菜は、サラダに利用できる。また、越冬株は3月頃からとう立ちするので、蕾菜として利用できる。大和まな フレッシュアイペディアより)

  • 千筋みずな

    千筋みずなから見たサラダサラダ

    さっと湯通ししてごま醤油や辛子味噌と和え物にしたり、お浸し、煮物、炒め物、漬物などにも工夫次第で幅広く使える。近年は、生のままサラダで食べることも多い。千筋みずな フレッシュアイペディアより)

408件中 61 - 70件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード