144件中 41 - 50件表示
  • サラダ

    サラダから見たサラダ油

    なお、サラダのドレッシングに適した油のことを日本ではサラダ油という。また、サラダ油を使った煎餅やスナック菓子などで塩味のものを「サラダ味」と称することがある。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た調味料

    サラダ( 、 、 )とは、野菜などに塩、酢、油、香辛料などの調味料をふりかけるか、和えて盛りつけた料理の総称。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たパパイヤ

    ロジャック - マンゴー、グアバ、パイナップル、パパイヤなどをシュリンプペーストなどで作る塩辛いソースで和えたフルーツサラダ。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たオリーブ油

    14世紀末には、英国のリチャード2世の料理長が、パセリやセージ、ネギ、ニンニクなどにオリーブ油、酢、塩をふりかけて食べるレシピを記しており、今日のサラダに近いものを食していたことが分かる。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た

    サラダ( 、 、 )とは、野菜などに、酢、油、香辛料などの調味料をふりかけるか、和えて盛りつけた料理の総称。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たビタミン

    江戸時代以前の日本では、瓜、スイカなどを果物として食べ、ネギなどを薬味にする以外に、野菜をそのままで生食する習慣はなかった。付け合せやビタミン源としての野菜は漬物、おひたし、煮物、汁物がその役割を果たしていた。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たラテン語

    古代ギリシャ、ローマの時代にはすでに生野菜(主にキュウリやカボチャ)を食す習慣があり、「サラダ」の語源は調味料の「塩」を意味するラテン語の「サル」(sal)または「塩を加える」を意味する動詞「サラーレ」(salare)にあり、当時のサラダの原形が塩を振りかけて生野菜を食することにあったことをうかがわせる。当時の人びとにとって、生野菜は、腸の働きを整える「薬効」を持つ食材と捉えられていた。ローマの初代皇帝アウグストゥスは、病気にかかった際、レタスを食べて一命をとりとめた、という逸話も残されている。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たカプレーゼ

    インサラータ・カプレーゼ(Insalata Caprese) - 「カプリ風サラダ」。南部カンパニア州のモッツァレッラとトマト、バジリコを盛り合わせたサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たアラブ人

    アラブ人のサラダには一般的にヴィネグレットに似たサラダドレッシングが用いられるが、ヨーロッパのヴィネグレットよりも油に対する酢やレモン汁の比率が高い。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たザジキ

    ザジキ(τζατζίκι)- トルコのジャジュックとほぼ同じサラダ フレッシュアイペディアより)

144件中 41 - 50件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード