130件中 41 - 50件表示
  • サラダ

    サラダから見たオリーブ油

    14世紀末には、英国のリチャード2世の料理長が、パセリやセージ、ネギ、ニンニクなどにオリーブ油、酢、塩をふりかけて食べるレシピを記しており、今日のサラダに近いものを食していたことが分かるが、現在のサラダはアメリカで17世紀に完成したものである。野菜以外のサラダが登場したのは17世紀後半のことで、鶏肉、魚、エビなどが用いられ、18世紀の終わりにはフルーツサラダもみられるようになった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た

    サラダ(、)とは、野菜などに、酢、油、香辛料などの調味料をふりかけるか、和えて盛りつけた料理の総称。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たオリーブ

    ニソワーズ(salade Niçoise、ニース風) - オリーブやマグロの缶詰を用いる。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たフランス語

    幕末から明治時代になり、欧米諸国との外交が始まると、外国人向けにサラダが提供され、主にフランス語や英語に近いサラドやサラデという言い方が用いられた。ただし、トマト、ダイコン類か、カリフラワーやアスパラガスなどのいったん茹でた野菜が主である。1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』にはトマトのサラダなどの作り方が掲載されている。また、1875年(明治8年)8月27日に宮中で前アメリカ合衆国大蔵卿らを招いた際のフランス語のメニューにsaladeが記載されている。キャベツなどの外国人向けの栽培もこの頃に始まった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たマヨネーズ

    生のままの野菜や、ポテト、ブロッコリー、豆類などの煮たものを冷ましてから盛り合わせ、マヨネーズ、ドレッシング、塩等をかけて食べるものが一般的だが、野菜以外の材料を多く含む「卵サラダ」、「ツナサラダ」、「ハムサラダ」、「マカロニサラダ」などもサラダと称される。素材の選び方によってはビタミンC・食物繊維などを多く含む。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た下肥

    現在のような、単品料理としてのサラダの歴史は、太平洋戦争以後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)の宿舎として接収された帝国ホテルで、1949年(昭和24年)12月24日のクリスマスイブパーティーにシーザーサラダが提供されたのが始まりである。当時日本では下肥の利用が一般的であり、回虫、ギョウチュウなど寄生虫が蔓延していた。これに対しGHQは化学肥料、堆肥の使用徹底を推し進めた。その後も、厚生省から1955年(昭和30年)に清浄野菜の普及について指導されるなど衛生面の改善が徐々に進み、安心して生で食べられる食環境の整備・浸透が図られたが、各家庭の食卓にまでサラダが普及するには、1970年代中期頃までの年月経過を待たねばならなかった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たソムタム

    ソムタム - 酸味のあるパパイヤのサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たモッツァレッラ

    インサラータ・カプレーゼ(Insalata Caprese) - 「カプリ風サラダ」。南部カンパニア州のモッツァレッラとトマト、バジリコを盛り合わせたサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たラテン語

    古代ギリシャ、ローマの時代にはすでに生野菜(主にキュウリやカボチャ)を食す習慣があり、「サラダ」の語源は調味料の「塩」を意味するラテン語の「サル」(sal)または「塩を加える」を意味する動詞「サラーレ」(salare)にあり、当時のサラダの原形が塩を振りかけて生野菜を食することにあったことをうかがわせる。当時の人びとにとって、生野菜は、腸の働きを整える「薬効」を持つ食材と捉えられていた。ローマの初代皇帝アウグストゥスは、病気にかかった際、レタスを食べて一命をとりとめた、という逸話も残されている。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たカプレーゼ

    インサラータ・カプレーゼ(Insalata Caprese) - 「カプリ風サラダ」。南部カンパニア州のモッツァレッラとトマト、バジリコを盛り合わせたサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

130件中 41 - 50件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード