144件中 71 - 80件表示
  • サラダ

    サラダから見たフランス

    15世紀のミラノの宴会料理にサラダ(zelada)という名の野菜料理があった。たっぷりの塩(salè)、ジャム、マスタード、レモンで味付けされた煮込み汁を酢漬けや塩漬けの緑野菜にかける料理だった。やがてローマ人に倣って温野菜や生の緑野菜に汁をかけるように変化し、汁も油と酢をかける方法に変化していった。15世紀の中頃にはフランスでサラダに適した野菜のリストが作られた。16世紀の野菜好きな詩人ピエール・ド・ロンサールはサラダの料理法をそのまま詩に表した"ジャスミンに捧げる頌歌"を残している。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たマチェドニア

    マチェドニア(Macedonia) - フルーツサラダの一種サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たインゲン

    ピヤズ(Piyaz) - 白インゲン豆のサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たカンパニア州

    インサラータ・カプレーゼ(Insalata Caprese) - 「カプリ風サラダ」。南部カンパニア州のモッツァレッラとトマト、バジリコを盛り合わせたサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たミネラル

    2010年代にあっては、パワーサラダと名付けられたサラダが脚光を浴びている。これはビタミンやミネラルを摂れる野菜や果物に、魚や畜肉といった蛋白質を含む食材を交え、豆や雑穀、ナッツといったトッピングを加えることで、一日に摂取すべき栄養素を一皿で容易に摂ることのできるサラダである。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たイギリス

    14世紀末には、英国のリチャード2世の料理長が、パセリやセージ、ネギ、ニンニクなどにオリーブ油、酢、塩をふりかけて食べるレシピを記しており、今日のサラダに近いものを食していたことが分かる。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たオリーブ・オイル

    ホリアティキサラタ(χωριάτικη σαλάτα) - フェタチーズ、トマト、キュウリ、オリーブなどをオリーブ・オイルで和えたサラダ。別名グリークサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た缶詰

    定着初期のサラダは必ずしも生野菜主体ではなく、一旦ボイル調理したカリフラワーや、あるいは千切りしたリンゴやミカンの缶詰、さらにはマカロニなどを加え、マヨネーズで全体的に味付けといったどちらかというとやや甘口のものが多かった。薄くスライスした生キュウリや生トマト、マッシュポテトも徐々に組み合わせ具材に加わる様になり、いよいよ生レタスや生キャベツといった葉物野菜の生食に対する食の信頼も定着、全国大手のドレッシング・メーカーが幾種類ものドレッシング・ソースを商品開発し全国販売、TVCMも啓蒙に一役買い、今日普及しているサラダとして食卓に並ぶまでに至った。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たオリーブ

    ホリアティキサラタ(χωριάτικη σαλάτα) - フェタチーズ、トマト、キュウリ、オリーブなどをオリーブ・オイルで和えたサラダ。別名グリークサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た種実類

    ジェローサラダ(Jello salad) - インスタントゼリーの素「ジェロー(Jell-O)」を使ったサラダ。野菜、果物、ナッツなどをジェローでよせたもの。フランス料理のアスピックに似ている。サラダ フレッシュアイペディアより)

144件中 71 - 80件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード