144件中 81 - 90件表示
  • サラダ

    サラダから見たギョウチュウ

    第二次世界大戦後の日本では下肥の利用が一般的であり、回虫、ギョウチュウなど寄生虫が蔓延していた。これに対しGHQは化学肥料、堆肥の使用徹底を推し進めた。その後も、厚生省から1955年(昭和30年)に清浄野菜の普及について指導されるなど衛生面の改善が徐々に進み、安心して生で食べられる食環境の整備・浸透が図られたが、各家庭の食卓にまでサラダが普及するには、1970年代中期頃までの年月経過を待たねばならなかった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た

    野菜以外のサラダが登場したのは17世紀後半のことで、鶏肉、、エビなどが用いられ、18世紀の終わりにはフルーツサラダもみられるようになった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たミント

    タブーリ (Tabouli)- 水でもどしたブルグール、刻みトマト、刻み玉葱、刻み葱、刻みミント、たっぷりの刻みパセリをオリーブ油とレモン汁のドレッシングで和えたサラダ。タブーレ、タッブーリ、タッブーレとも発音される。キャベツやレタスの葉で包んで食べる。元々東地中海地方(マシュリク)に伝わるサラダであるが、パセリがたっぷり入った今日のタブーリが生まれたのは避暑地として有名なレバノンのベカーア県ザハレである。フランスの「タブール」の原型。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たマセドワーヌ

    マセドワーヌ(Macédoine)- 1cm角に切った野菜または果物のサラダ。野菜のマセドワーヌ(マセドワーヌ・ド・レギュム Macédoine de légumes)は温菜、冷菜どちらとしてもよい。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たグアバ

    ロジャック - マンゴー、グアバ、パイナップル、パパイヤなどをシュリンプペーストなどで作る塩辛いソースで和えたフルーツサラダ。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たワカメ

    海藻サラダ(主にワカメサラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たマカロニ

    定着初期のサラダは必ずしも生野菜主体ではなく、一旦ボイル調理したカリフラワーや、あるいは千切りしたリンゴやミカンの缶詰、さらにはマカロニなどを加え、マヨネーズで全体的に味付けといったどちらかというとやや甘口のものが多かった。薄くスライスした生キュウリや生トマト、マッシュポテトも徐々に組み合わせ具材に加わる様になり、いよいよ生レタスや生キャベツといった葉物野菜の生食に対する食の信頼も定着、全国大手のドレッシング・メーカーが幾種類ものドレッシング・ソースを商品開発し全国販売、TVCMも啓蒙に一役買い、今日普及しているサラダとして食卓に並ぶまでに至った。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たケバブ

    皮辣紅(ピーラーホン pílàhóng) ?新疆ウイグル自治区の郷土料理。トウガラシ、タマネギ、トマトのサラダ。ケバブなどの肉を食べる時の副菜として好まれる。「皮」はウイグル語でタマネギを意味する「ピーヤーズ ?????」の略。なお、北インド、中央アジア一帯にもよく似たサラダがある。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見た下肥

    第二次世界大戦後の日本では下肥の利用が一般的であり、回虫、ギョウチュウなど寄生虫が蔓延していた。これに対しGHQは化学肥料、堆肥の使用徹底を推し進めた。その後も、厚生省から1955年(昭和30年)に清浄野菜の普及について指導されるなど衛生面の改善が徐々に進み、安心して生で食べられる食環境の整備・浸透が図られたが、各家庭の食卓にまでサラダが普及するには、1970年代中期頃までの年月経過を待たねばならなかった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たソムタム

    ソムタム - 酸味のあるパパイヤのサラダサラダ フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「サラダのレシピ」のニューストピックワード