157件中 91 - 100件表示
  • セサル・ゴンサレス・ナバス

    セサル・ゴンサレス・ナバスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2003年夏、マラガCFに移籍。2004-05シーズンにはプリメーラデビューを果たしている。2007年1月、このシーズンよりセグンダに降格していたマラガを離れ、プリメーラのジムナスティック・タラゴナにレンタル移籍した。しかし、ジムナスティックでもセグンダ降格を経験した。2006-07シーズン終了後、イギリス・チャンピオンシップのイプスウィッチ・タウンFCと交渉したものの、中足骨の負傷により契約には至らず。その後、プリメーラのラシン・サンタンデールと契約した。セサル・ゴンサレス・ナバス フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・アルカラス

    ルーカス・アルカラスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    グラナダCFにて監督業をスタート。2001-2002シーズン、レクレアティーボ・ウェルバをプリメーラ・ディビシオンへ昇格させ、翌シーズンは降格となったが、コパ・デル・レイ準優勝を果たした。2003-2004シーズンにラシン・サンタンデール監督に就任、2005年2月に解任されるまで務めた。ルーカス・アルカラス フレッシュアイペディアより)

  • サルバ・バジェスタ

    サルバ・バジェスタから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    アラゴン州・サラゴサに生まれ、セビージャFCからデビューした。1998年にラシン・サンタンデールに移籍し、1999-2000シーズンには27得点を挙げてプリメーラ・ディビシオンのリーグ得点王(ピチーチ賞)に輝くと、2000年夏にはセグンダ・ディビシオンに降格したばかりのアトレティコ・マドリードに移籍し、21得点を挙げて得点王となった。サルバ・バジェスタ フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・ラフィタ

    アンヘル・ラフィタから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2009年7月、サラゴサがいくらかの買い戻し金を支払ってラフィタを買い戻そうとしたが、デポルティーボは買い戻し金は350万ユーロに上るとしてサラゴサの金額を拒否した。8月29日のレアル・マドリード戦にはデポルティーボの選手として出場したが、移籍期間が終了した9月1日にはサラゴサ、デポルティーボともにラフィタを支配下登録選手として主張し、9月22日には裁判が行われた。9月17日にラフィタはサラゴサに到着してチームと合流し。10月18日のラシン・サンタンデール戦で移籍後初出場した。アンヘル・ラフィタ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2010-11シーズン開幕戦のエスタディオ・エル・サルディネーロでのラシン・サンタンデール戦で30mの距離からロビングシュートを決めた。ラシン・サンタンデール戦とエスタディオ・ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリード戦では、2010 FIFAワールドカップ決勝で優勝を決める得点をイニエスタが挙げたことに敬意を表し、アウェーファンから観客総立ちでの拍手を受けた。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ロマン・アラルコン

    フランシスコ・ロマン・アラルコンから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2011年7月11日、マラガCFと5年契約を結んで移籍した。移籍金は600万ユーロ。11月21日のラシン・サンタンデール戦(3-1)で移籍後初得点を挙げ、翌週のビジャレアルCF戦(2-1)でも得点した。2011-12シーズンは32試合に出場して5得点し、4位に入ったマラガはクラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2012年9月18日、FCゼニト・サンクトペテルブルク戦でUEFAチャンピオンズリーグ初出場を果たすと、この試合で2得点を挙げてチームを3-0の勝利に導き、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。フランシスコ・ロマン・アラルコン フレッシュアイペディアより)

  • 李鎬鎮

    李鎬鎮から見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    李 鎬鎮(イ・ホジン、1983年3月9日 - )は、韓国出身のサッカー選手。大学卒業後、Kリーグのクラブに入団することなく単身スペインに渡り、ラシン・サンタンデールでプロサッカー選手のキャリアをスタートさせた。ラシンとの契約終了後、韓国に帰国するが再び欧州の舞台へ戻った。ユース代表時代は代表の常連であったが、韓国A代表には招集されたことがない。李鎬鎮 フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2008-09シーズンはリーグ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成する歴史的なシーズンであったが、マルケスはピッチの外から優勝を喜んだ。2009年夏にはセリエAのフィオレンティーナからオファーを受け取ったが、FCバルセロナで選手生活を終えたいと主張して残留した。2009年11月にはクラブとの契約を2012年まで延長した。2010年2月20日、ラシン・サンタンデール戦で復帰後初得点を決めた。7月31日、クラブとの契約を解除してフリーの身になった。FCバルセロナで最も成功を収めた外国人選手のひとりであり、7シーズンの在籍期間中に12個のトロフィーを獲得している。242試合に出場して14得点したが、この試合数は外国人選手としてはクラブ史上8位、非欧州国籍選手としてはクラブ史上最多の記録だった。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ロペス・アルバレス

    アドリアン・ロペス・アルバレスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2011年7月19日、アトレティコ・マドリードと4年契約を結んだ。フリーエージェントのため移籍金は発生していない。7月28日、UEFAヨーロッパリーグ予選3回戦のストロムスゴッセIF戦ファーストレグ(2-1)でデビューし、ホセ・アントニオ・レジェスの2得点の両方をアシストした。セカンドレグ(2-0)では先制点を決めた。8月25日、同大会本選出場プレーオフのヴィトリア・ギマランイス戦(4-0)ではグループリーグ進出を確実にする2得点を挙げた。9月18日のラシン・サンタンデール戦(4-0)で、アルダ・トゥランのクロスをヘディングしてリーグ戦での初得点を挙げた。気性の激しいレジェスは控えという立場に不満を抱き、アドリアンがレギュラーの地位を確立した。10月30日のレアル・サラゴサ戦(3-1)と11月3日のウディネーゼ・カルチョ戦(UEFAヨーロッパリーグ、4-0)ではともに2得点し、わずか5日間で計4得点を挙げた。アドリアン・ロペス・アルバレス フレッシュアイペディアより)

  • アドリアーノ

    アドリアーノから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    エンリケ・アドリアーノ・ブス - 2009年からスペインのラシン・デ・サンタンデール所属のサッカー選手。通称は「エンリケ」。アドリアーノ フレッシュアイペディアより)

157件中 91 - 100件表示

「ラシン・サンタンデール」のニューストピックワード